浅田次郎

イラスト1
Pocket

文庫

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 黒書院の六兵衛 上 (文春文庫) [ 浅田 次郎 ] へ。


江戸城引渡しに備え、官軍入城に先立っての露払いとして尾張徳川家の徒組頭加倉井隼人が選ばれた。早速に江戸城西の丸御殿に行くと、待っていた勝海舟に打ち明けられたのは、未だ一人の侍が立退かずにいる、ということだった。外には官軍がひしめいており、官軍総大将の西郷からは「些細な悶着も起こすな」と言われているため、力を使うこともならず、途方に暮れるのみだった。

 

西の丸御殿に居座っている侍は何者なのか、という謎の解明だけで展開される上下二巻の大作です。

的矢六兵衛という名前は分かっている、しかし、この侍は的矢六兵衛ではない、というところが不思議の発端で、加倉井は勝から紹介された福地源一郎と共に解明に動き出します。

事情を知るものへの聞き取りの度に、その者の一人称の語りが挟まれるという浅田次郎お得意のパターンで物語は進み、少しづつ謎は解き明かされていきます。

と同時に、浅田次郎の思う「武士道とは」という問いに対する答えも少しづつ示されていて、この作品全体として、浅田次郎の思う「武士道」が示されていると感じられます。

 

一方、この作品では江戸城についてのトリビアも示されています。江戸城開け渡しの時には本丸、二の丸は焼け落ちており、仮御殿である西の丸のみが再建されていことや、的矢六兵衛の属する書院番は由緒正しき近侍の騎兵であるとか、お茶坊主が何かと「シィー、シィー」と奇矯な声出すなど、数限りなくと言って良いほどに記されていて、この点でも興味を惹かれました。

 

本書『黒書院の六兵衛』と同じく、江戸城明け渡しの前日に江戸城に居残った人物を描き出すという小説があります。それは 朝井まかてが描く『残り者』という作品です。

ただ、本書『残り者』で居残っているのは五人の女たちです。彼女らが何者かはすぐに明らかになり、何故に江戸城に居残っていたのかがゆっくりと語られることになります。それぞれの行動がユーモラスに、また時には哀しみを漂わせながら描かれているのです。

この作品もかなり読み応えのあるいい作品でした。

 

 

蛇足ながら、私が読んだ新刊書版の『黒書院の六兵衛』では、巻末に江戸城西の丸借り御殿の略図が載っています。この略図がまるで迷路です。この迷路の中で六兵衛はその位置を少しづつ変えていくのです

 

ちなみに、2018年7月22日(日)から、WOWWOWの連続ドラマWで、『黒書院の六兵衛』がドラマ化されます。

主演は吉川晃司で的矢六兵衛を演じ、加倉井隼人役は上地雄輔が演じます。吉川晃司の役者としての魅力もさることながら、おバカタレントとして人気者であった上地雄輔が、役者としてどれだけ成長しているものか、出来れば見たいのですがWOWWOW未加入なので、DVD化されることを期待し、それを待つつもりです。

吉川晃司 主演ドラマ/第1話無料 | 7/22(日)夜10:00~ スタート‎

[投稿日]2015年03月22日  [最終更新日]2018年7月22日
Pocket

おすすめの小説

侍を描いたおすすめの小説

蜩の記 ( 葉室 麟 )
10年後の切腹を受け入れ、そのことを前提に藩譜を記す日々を送る戸田秋谷と若き侍檀野庄三郎の物語で、清冽な文章が、潔い武士の生き様を描き出しています。第146回直木賞を受賞しました。
白樫の樹の下で ( 青山 文平 )
硬質な文章でありながら、濃密な空気感を持った文章で描く、江戸時代も中期、侍が侍たり得ることが困難の時代、なおも侍であろうとした三人の若者の物語です。個人的には今一番好きな作家さんの一人です。
武家用心集 ( 乙川 優三郎 )
武家社会でのしがらみに捉われている侍の、生きることの意味を問うている短編集で、第10回中山義秀文学賞を受賞しています。非常に丁寧な文章で、登場人物の内面を静かに説き起こすような、心に直接語りかけてくるような作品を書かれる作家さんです。
柳生兵庫助 ( 津本 陽 )
エンターテインメント性の強い作品です。文庫本で全6巻という長編ではありますが、尾張柳生家の祖である柳生兵庫助の生涯を描いた作品です。剣豪小説の中では忘れてはならない作品だと思います。
会津執権の栄誉 ( 佐藤 巖太郎 )
奥州の名門芦名家が滅亡するまでの過程を、五人の異なる目線で描き出している連作の短編小説集です。十八代当主が殺され、その跡継ぎも三歳で病没し、芦名家嫡流の男系が絶えます。あとは姫に他家から婿養子を迎えるしかなく、ここに家臣団の対立が生じてしまうのでした。

関連リンク

今の日本人には「武士道」が足りない/浅田次郎『黒書院の六兵衛』
私たち日本人は「武士道」を失ってしまったのかもしれない。武士道とは、簡単にいえば「臆病者」「卑怯者」ではない生き方を貫くことだ。
吉川晃司と上地雄輔が幕末の武士演じる、浅田次郎の小説をWOWOWでドラマ化
吉川晃司と上地雄輔が共演する「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」が、7月よりWOWOWプライムで放送される。あわせて特報がYouTubeにて解禁となった。
吉川晃司、セリフ無しの難役に挑戦!「黒書院の六兵衛」ドラマ化 - 映画.com
巨匠・浅田次郎の小説「黒書院の六兵衛」が、WOWOWで連続ドラマ化されることがわかった。主演の吉川晃司が、全編に渡ってセリフのない難役を演じ、上地雄輔と共演する。
吉川晃司「これは大きな賭けだと思いました」 浅田次郎『黒書院の六兵衛』がドラマ化決定!
浅田次郎の小説『黒書院の六兵衛』が、吉川晃司と上地雄輔の出演でドラマ化されることが決定。特報映像も公開され、「上地君も吉川さんも武士姿が似合う!」「吉川さん喋らないのに存在感がすごい」と話題になっている。
「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」吉川晃司&上地雄輔に続く豪華追加キャスト発表&特報第2弾も公開
7月22日(日)よりスタートする「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」の追加キャストが発表され、特報第2弾も解禁された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です