無敵の犬の夜   ( 小泉 綾子   2024年2月18日

『無敵の犬の夜』とは   本書『無敵の犬の夜』は、2023年11月に148頁のハードカバーで河出書房新社から刊行された長編の文芸小説です。 惹句を一覧してエンターテイメント小説と思い読んだ私の思いとは異なり、文 … “無敵の犬の夜” の続きを読む

父がしたこと   ( 青山 文平   2024年2月14日

『父がしたこと』とは 本書『父がしたこと』は、2023年12月に256頁のハードカバーでKADOKAWAから刊行された長編の時代小説です。 青山文平という作家は、新刊が出るたびに前著を越える作品を提供してくれる作家さんで … “父がしたこと” の続きを読む

襷がけの二人   ( 嶋津 輝   2024年1月29日

『襷がけの二人』とは   本書『襷がけの二人』は、2023年9月に368頁のハードカバーで文藝春秋から刊行された長編小説です。 二人の女性の、大正から昭和そして戦後の時代にわたる交流を描いた第170回直木賞候補 … “襷がけの二人” の続きを読む

ともぐい   ( 河﨑 秋子   2024年1月18日

『ともぐい』とは   本書『ともぐい』は、2023年11月に304頁のハードカバーで新潮社から刊行され、第170回直木賞を受賞した長編の動物文学です。 その自然の描写、動物たちの生態の生々しさは尋常ではなく、街 … “ともぐい” の続きを読む

第170回直木三十五賞は河﨑秋子氏の『ともぐい』と万城目学氏の『八月の御所グラウンド』に決定!   ( コラム )   2024年1月18日

第170回直木三十五賞は、氏の『』と氏の『』に決定しました。 上記画像は「楽天Books」にリンクしています。 2024年1月17日 に直木賞の発表が行われ、第170回直木三十五賞は氏の『』と氏の『』に決定しました。 ち … “第170回直木三十五賞は河﨑秋子氏の『ともぐい』と万城目学氏の『八月の御所グラウンド』に決定!” の続きを読む