白鳥とコウモリ   ( 東野 圭吾   2021年5月14日

本書『白鳥とコウモリ』は、東野圭吾の新たなる最高傑作と銘打たれた、新刊書で522頁というかなりの長さを持つ長編の推理小説です。 自分が犯人だと告白する人物の心の内を解明する心打たれる物語ですが、個人的には東野圭吾の普通に … “白鳥とコウモリ” の続きを読む

花下に舞う   ( あさの あつこ   2021年5月7日

本書『花下に舞う』は『弥勒シリーズ』の第10弾であり、新刊書で319頁の長編の時代小説です。 本書はあい変わらず心に闇を抱えた小暮信次郎が謎解きに活躍する、シリーズの中でもかなり面白いと言える作品だと思われます。 &nb … “花下に舞う” の続きを読む

アクティベイター   ( 冲方 丁   2021年4月30日

本書『アクティベイター』は、新刊書で520頁というかなりの長さの長編の冒険小説です。 時代小説や推理小説など、様々な分野の作品を世に出してきた冲方丁という作者の、今度は謀略の世界を舞台にした冒険小説に挑んだ作品です。 & … “アクティベイター” の続きを読む

泳ぐ者   ( 青山 文平   2021年4月27日

本書『泳ぐ者』は、新刊書で248頁の長編のミステリー時代小説です。 さすが青山文平の小説です。『半席』の続編であり、主人公片岡の“なぜ”を追い求める姿が心に染みわたるホワイダニット小説になっています。   『泳 … “泳ぐ者” の続きを読む