絞め殺しの樹   ( 河崎 秋子   2022年8月6日

『絞め殺しの樹』とは   本書『絞め殺しの樹』は2021年12月に刊行され、第167回直木三十五賞の候補作となった長編小説です。 ひたすらに虐げられ、理不尽な仕打ちを受けながら生きるしかなかった女性を主人公とし … “絞め殺しの樹” の続きを読む

スタッフロール   ( 深緑 野分   2022年8月2日

『スタッフロール』とは   本書『スタッフロール』は、2022年4月に刊行された映画の特殊効果の世界を題材にした作品で、第167回直木三十五賞候補作となった長編小説です。 特殊効果のアナログとCGそれぞれに主人 … “スタッフロール” の続きを読む

競争の番人   ( 新川 帆立   2022年7月29日

『競争の番人』とは   本書『競争の番人』は2022年5月に刊行された長編のお仕事小説です。 公正取引委員会の職員を主人公とする物語で大変期待して読んだ作品だったのですが、期待が高すぎたためか今一つ乗り切れない … “競争の番人” の続きを読む

石礫 機捜235   ( 今野 敏   2022年7月25日

『石礫 機捜235』とは   本書『石礫 機捜235』は『機捜235シリーズ』の第二弾で、2022年5月に刊行された、バディものの長編の警察小説です。 気楽に読める今野敏の作品そのままに、胸のすく場面を織り交ぜ … “石礫 機捜235” の続きを読む

機捜235シリーズ   ( 今野 敏   2022年7月25日

『機捜235シリーズ』とは   本『機捜235シリーズ』は、第二機動捜査隊に所属のコールサイン「機捜235」の機捜車に乗る隊員を主人公とする警察小説シリーズです。 特捜隊という珍しい部署を舞台としている今野敏ら … “機捜235シリーズ” の続きを読む

女人入眼   ( 永井 紗耶子   2022年7月19日

『女人入眼』とは   本書『女人入眼』は、2022年4月に刊行され第167回直木三十五賞候補作となった307頁の長編の歴史小説です。 タイトルから受ける印象とは異なり、宮中と鎌倉幕府内部での権力争いを描きつつ、 … “女人入眼” の続きを読む