桜の血族   ( 吉川 英梨   2024年5月13日

『桜の血族』とは   本書『桜の血族』は、2023年8月に384頁のソフトカバーで双葉社から刊行された長編の警察小説です。 女性が主人公の警察小説、それもマル暴刑事の話で、読了後には全く異なった印象となるほどの … “桜の血族” の続きを読む

夜露がたり   ( 砂原 浩太朗   2024年5月11日

『夜露がたり』とは   本書『夜露がたり』は、2024年2月に256頁のハードカバーで新潮社から刊行された短編時代小説集です。 “著者初の「江戸市井もの」 過酷にして哀切、いっそ潔く、清々しい”という惹句のとお … “夜露がたり” の続きを読む

半暮刻   ( 月村 了衛   2024年5月7日

『半暮刻』とは   本書『半暮刻』は、2023年10月に464頁のハードカバーで双葉社から刊行された長編の社会派小説です。 半グレや風俗への身売りまでさせるホストの問題、利権に群がる政治家など、時代を写し取った … “半暮刻” の続きを読む

ヨルノヒカリ   ( 畑野 智美   2024年4月27日

『ヨルノヒカリ』とは   本書『ヨルノヒカリ』は、2023年9月に320頁のソフトカバーで中央公論新社から刊行された長編の青春小説です。 たまにはこういう本もいいと思わせられる、心が洗われる、優しさに満ちた作品 … “ヨルノヒカリ” の続きを読む