津本 陽

イラスト1
Pocket

文庫

双葉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 刀閃の刻 柳生兵庫助 (双葉文庫) [ 津本陽 ] へ。


七歳にして祖父石舟斎より絶対不敗の奥義を叩き込まれ、柳生一族の期待を一身に背負って成長した天才剣士・兵介(後の兵庫助)。二十一歳の時、加藤清正から兵法師範を請われ、伊賀忍者の小猿とくノ一の千世を連れて肥後へと旅立つが、瀬戸内海で海賊に包囲されてしまう。剣あり恋あり忍術あり、傑作長編時代小説第一弾。(「BOOK」データベースより)

 

これまで読んだ剣豪小説では一番の面白さを持っていた、柳生兵庫之介を主人公とする文庫本で十巻にもなる大河剣豪小説です。

 

世に知られた柳生石舟斉、その子である柳生厳勝の次男として生まれ、名は利厳(としとし)、通称を兵庫助と言ったそうです。柳生一族には名人と言われる人が何人かいますが、人によってはこの兵庫兵庫助を一番とする人もいます。

文庫本で全10冊という長編なのですが、兵庫助という実在の人物を、誤解を恐れずに言えば一種の活劇ものとして読むこともできるので、一気に読むことが出来るのではないでしょうか。

 

普通、剣豪小説は主人公が過酷な修練の末に得た剣の腕をもって事件や他の剣士に対します。そこではヒーローの活躍により読み手のカタルシスを誘うのでしょう。しかし、本作品ではそれに加えて兵庫助自身の成長物語も語られますし、他の剣豪との、例えば宮本武蔵との邂逅なども語られるので、更に深みを増していると思われます。

ただ、遊びのある文章では無く淡々とした文章なので、もしかしたら合わないという人があるかもしれないという若干の不安はありますが、それを超えたお面白さがあります。是非一読ください。

 

なお、本書は文春文庫版(全八巻?)、とみ新蔵の画になるコミック版(全七巻)も出ています。

 

[投稿日]2015年04月14日  [最終更新日]2019年1月26日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です