葉室 麟

イラスト1
Pocket

文庫

祥伝社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 蜩ノ記 (祥伝社文庫) [ 葉室麟 ] へ。


豊後羽根藩の檀野庄三郎は不始末を犯し、家老により、切腹と引き替えに向山村に幽閉中の元郡奉行戸田秋谷の元へ遣わされる。秋谷は七年前、前藩主の側室との密通の廉で家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。編纂補助と監視、密通事件の真相探求が課された庄三郎。だが、秋谷の清廉さに触るうち、無実を信じるようになり…。凛烈たる覚悟と矜持を描く感涙の時代小説!(平成23年度下半期第146回直木賞受賞作)(「BOOK」データベースより)

 

本作品は侍の生きざまを描き出した十分な読み応えを感じる長編の時代小説で、第146回直木賞を受賞した作品です。

 

主人公である戸田秋谷の達観とも言うべき心根や、その息子郁太郎の武士の子としての心、そして本作品の語り手ともいうべき立場の檀野庄三郎の戸田秋谷や秋谷の娘薫への想い等々、登場人物それぞれの調和が読んでいて心地良く感じられました。

全体の構成としても、藩の過去の秘密に迫る家譜をめぐる謎ときの様相もあり、物語として読み手の興味をかきたてます。

 

更には、田舎の情景描写ひとつにしても読み手の心をを穏やかにするものでした。

また、秋谷の家を「家の中に清々しい気が満ちている・・・」という一言で表わし、秋谷やその家族がどのような人柄あるのかまで表現している文章など、魅かれるものが多数あるのです。

特に秋谷の「若かったころの自分をいとおしむ思い・・・」という台詞には心打たれました。このような表現もあるのかと、ただただ感じ入るばかりです。

[投稿日]2014年12月25日  [最終更新日]2018年11月18日
Pocket

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です