浅田次郎

イラスト1
Pocket

文庫

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 地下鉄に乗って (講談社文庫) [ 浅田次郎 ] へ。


永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため…。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。(「BOOK」データベースより)

 

第16回吉川英治文学新人賞を受賞している、家族の姿を描くファンタジックな長編小説です。

 

父親に対する微妙な想いが読みやすい文章で語ってあり、最後にひねりを効かせてあります。やはり浅田次郎作品だと思わされました。

 

主人公小沼信次には同じ会社の同僚である恋人軽部みち子がいます。同窓会の帰り地下鉄の駅で恩師と出会った日、地上に出るとそこは奇妙な風景の場所でした。

今は死の床にある厳格な父との折り合いが悪く家を出ていた小沼信次は、兄の死の直前の時代の実家近くにタイムスリップをしたのです。その後、その恋人も共に何度も過去に戻り、その度に若かりし頃の父小沼佐吉と出会います。

そして、父の来し方をたどることになり、その生きざまを見ることになるのです。

 

映画を先に見ていたのですが、映画も思いのほかに良い出来だったと思います。原作の雰囲気がよく出ていました。

 

私が読んだ小説は「特別版」と書かれた新刊書なのですが、その最後には「『地下鉄(メトロ)に乗って』縁起」と題されたあとがき風のエッセイがありました。

このあとがきがなかなかに読ませるもので、本作品を書くきっかけや、浅田次郎の父親のこと、本書が私小説的側面もあること、などが書かれています。文庫版にも収納されているものか、確認は出来てませんが、出来ればこの部分まで読んでもらいたいものです。

 

蛇足ですが、恋人恋人軽部みち子のアパートのある中野富士見町は学生時代の私が半年間だけ住んでいた中野新橋の次の駅です。

丸の内線という地下鉄は四谷辺りで地上には出るし、方南町へは中野坂上で乗り換えなければならない、奇妙な地下鉄でした。バイト先のあった新宿までの電車賃数十円が無かった学生時代でした。

[投稿日]2015年03月22日  [最終更新日]2018年12月9日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です