池井戸 潤

イラスト1
Pocket


俺たちの箱根駅伝』とは

 

本書『俺たちの箱根駅伝』は、2024年4月に上下二巻合わせて712頁のソフトカバーで文藝春秋から刊行された長編のスポーツ小説です。

箱根駅伝に「関東学生連合チーム」としてオープン参加をする選手たちと、彼らを中継するテレビマンたちの奮闘を描いた感動の作品です。

 

俺たちの箱根駅伝』の簡単なあらすじ

 

それは、ただのレースではない。2年連続で本選出場を逃した崖っぷちチーム、古豪・明誠学院。4年生の主将・隼斗にとって、10月の予選会が最後の挑戦だ。故障を克服し、渾身の走りを見せる彼らに襲い掛かる、のは「箱根の魔物」。隼斗は、明誠学院は箱根路を走ることが出米るのか?絶対に負けられない戦い、始まる。( 上巻:「BOOK」データベースより )

217.1km。伝説のレース、開幕。明誠学院駅伝チームを率いることになった、商社マンで伝説のOB・甲斐。彼が掲げた“規格外”の目標は、“寄せ集め”チームのメンバーだけではなく、ライバルやマスコミをも巻き込んでゆく。煌めくようなスター選手たちを前に、彼らが選んだ戦い方とは。青春とプライドを賭け、走り出す。( 下巻:「BOOK」データベースより )

 

俺たちの箱根駅伝』の感想

 

本書『俺たちの箱根駅伝』は、箱根駅伝に出場する「関東学生連合チーム」のメンバーと、その箱根駅伝を中継するテレビマンたちの姿を描いた感動のスポーツ小説です。

箱根駅伝を走るまでの主役たちの様子を描いた上巻と、本選が始まってからを描いた下巻とで全部で七百頁を越える作品ではありましたが一気に読み終えてしまいました。

本書で描かれている駅伝チームは、箱根駅伝予選敗退組による「関東学生連合チーム」という混成チームであり、オープン参加としてチームも個人としても記録は残りません。

箱根駅伝とは、正式名称を「東京箱根間往復大学駅伝競走」といいます。そして「関東学生連合チーム」とは、毎年十月に行われる箱根駅伝予選会で出場権を得られなかった大学の中から予選会で個人成績が優秀な選手が選抜されて構成されるチームです。( ウィキペディア : 参照 )

そのため、本選出場のチームに比べ彼らが使用するタスキは重さが違うため出場選手たちのモチベーションが違い、上位進出などできる筈がない、と考えられています。

本書中でも、他大学の監督からの批判的な意見が出る中での甲斐新監督の采配などが見どころの一つになっています。

さらには中継チームでも、「関東学生連合チーム」はオープン参加のチームであるがゆえに取材も十分に為されないために、中継に十分な資料が無いなどのトラブルのもとになるのです。

 

具体的には、本書『俺たちの箱根駅伝』では、明誠学院大学陸上競技部の四年生である青葉隼斗を中心に、勇退した諸矢久繁同競技部前監督の指名で就任することになった甲斐真人新監督の姿や箱根駅伝を中継しようとする大日テレビのスタッフの姿が交互に描かれています。

青葉隼斗は、主将である自分のミスから箱根駅伝本選出場を逃したのであり、そういう自分が「関東学生連合チーム」の一員として本選に出場してもいいものか思い悩むことになります。

そうした隼斗の気持ちはありつつも、かつての仲間たちの批判や応援をどう受け止めていくか、作者の筆は冴え渡ります。

また、新監督として皆の信任を得るためにも「関東学生連合チーム」の監督として皆を納得させる結果を残す必要がある甲斐監督はいかなる手を打ってくるのか、先の展開が気になります。

こうした筆の運びは、あの『半沢直樹シリーズ』と同様であり、あちらは企業小説であってミステリー風味も備えた痛快小説としての楽しみがありましたが、本書もまた同様に読者の関心を惹きつけているのです。

 

本書が『半沢直樹シリーズ』と異なる点を挙げるとすれば、こちらはスポーツがメインの小説だという点はもちろんなのですが、それ以上に本書では箱根駅伝本選出場ということと同時に、それを中継するテレビチームの内情をも描き出してあるということでしょう。

この点は、箱根駅伝を描いたスポーツ小説としてまず思い出す三浦しをんの『風が強く吹いている』や堂場瞬一が描いた『チーム』という作品とも異なるところです。

風が強く吹いている』という作品は走ることの素人たちが同じ下宿にいる仲間たちと駅伝を走ることを目指す作品で、私が三浦しをんに惹かれるようになった作品でもあります。

また、堂場瞬一の『チーム』は、本書と同じように本選出場がかなわなかった選手たちを集めて走る「学連選抜」の物語です。

学連選抜とは「関東学連選抜チーム」のことであり、本書の「関東学生連合チーム」と代わる前の名称です。( ウィキペディア : 参照 )

両作品共にかなり読みごたえがある作品ですが、箱根駅伝を走る選手たち自身の物語でした。


本書ではそれに加えて、箱根駅伝を中継するテレビスタッフの奮闘の様子までも描き出してあります。

駅伝本選を走る選手たち自身の物語に加え、そのレースを客観的に見ている中継スタッフをもまた物語に取り込むことで、読者の箱根駅伝への関心は一段と広がりを持ってくるように思えます。

特に本書下巻になると箱根駅伝本選の模様が往路、復路ともに詳しく描写されていきます。

 

そこでは、毎年正月の二日、三日に私たちがテレビの前にくぎ付けとなるテレビ画面で知っているあの景色が再現されていくのです。

そこに実際に箱根路を走るランナーたちの心象が描かれ、それに加えて実況する側の裏側まで見せてくれるのです。

テレビの画面を思い出しながらの読み手の興奮は次第に盛り上がっていき、最終走者がゴールに飛び込むまでその興奮はおさまることはありません。

 

作者の池井戸潤にはこれまでも『陸王』や『ノーサイド・ゲーム』他のスポーツ小説と言える作品もありました。しかし、それらはあくまで企業スポーツの一環として描かれていたのです。


しかし本書はそうではなく、純粋に駅伝というスポーツそのものが描き出されていて読者をスポーツの現場へと連れて行ってくれるのです。

久しぶりにミステリーやアクションではなく、純粋に人間の身体のみを使用するスポーツ分野で興奮する作品を読みました。

[投稿日]2024年06月30日  [最終更新日]2024年6月30日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのスポーツ小説

一瞬の風になれ ( 佐藤 多佳子 )
陸上のスプリンターの道をまい進する少年の物語
武士道シリーズ ( 誉田哲也 )
誉田哲也著の『武士道シリーズ』は、王道の青春小説です。この作家の他の作品にみられるホラーテイストは微塵も無く、空はどこまでも青く澄み渡っている青春世界です。
ひかりの剣 ( 海堂 尊 )
主人公は「ジェネラル・ルージュの凱旋」の速水晃一と「ジーン・ワルツ」の清川吾郎であり、それに高階権太を始めとするチーム・バチスタの面々が絡んでくるのですから海堂ワールドが好きな人にとってはたまらない本ではないでしょうか。
10 -ten- ( 堂場瞬一 )
堂場瞬一著の『10-ten-』は、堂場瞬一がラグビーをテーマに描いた長編小説です。急死した進藤監督のあとを継ぐことになったヘッドコーチの七瀬は、選手自身が自分の頭で考えた試合運びこそが自分の高校時代の恩師だった進藤前監督の意思だと信じていたのです。
サクリファイス ( 近藤 史恵 )
プロの自転車競技(ロードレース)を舞台としているスポーツ小説で、また青春小説でもあり、そしてミステリーでもある贅沢な小説です。自転車競技の実態を知らな一般読者には臨場感に満ちた描写に満足できる作品だと思えます。

関連リンク

『俺たちの箱根駅伝 上』池井戸潤 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS
池井戸潤の最新長編の舞台は、「東京箱根間往復大学駅伝競走」――通称・箱根駅伝。 若人たちの熱き戦いが、いま始まる!古豪・明誠学院大学陸上競技部。箱根駅伝で連覇し...
池井戸潤最新長編『俺たちの箱根駅伝』刊行記念キャンペーン第1弾
池井戸潤さんの最新長編『俺たちの箱根駅伝』が、4月24日(水)にいよいよ発売となります。 池井戸さんが描く最新作の舞台は、「東京箱根間往復大学駅伝競走」(通称・...
池井戸潤の最新長編『俺たちの箱根駅伝』、期待の新人 |今月読みたい本(第12回)
池井戸潤の最新長編の舞台は、「東京箱根間往復大学駅伝競走」――通称・箱根駅伝。若人たちの熱き戦いが、いま始まる! 古豪・明誠学院大学陸上競技部。箱根駅伝で連覇し...
『俺たちの箱根駅伝』池井戸潤さん 選手の汗、中継スタッフの情熱描く
正月の風物詩とも言われ、今年1月の大会で100回目を迎えた箱根駅伝。タスキをつなぐ選手たちは、熱闘を伝えるテレビ局のスタッフは、どんな思いを抱いているのか。伝説...
「俺たちの箱根駅伝」(上・下) 夢やぶれた者たちへ 熱いエール 朝日新聞書評から - 好書好日
うわっ、こう来るか! タイトルの「俺たち」の意味に気がついた時、思わず呟(つぶや)いていた。 「箱根駅伝」といえば、今やお正月の風物詩といった趣(おもむ)きさえ...
ランナーとテレビマンの真剣勝負 池井戸潤『俺たちの箱根駅伝』発売決定
池井戸潤さんの最新長編『俺たちの箱根駅伝』上・下(文藝春秋)が、2024年4月24日に発売されることが決定した。単行本上下巻組での展開は、池井戸潤史上初という。...
「負け組」集団の奮闘 『俺たちの箱根駅伝』池井戸潤著
池井戸潤の企業小説『ルーズヴェルト・ゲーム』『陸王』『ノーサイド・ゲーム』は、スポーツ小説の側面を持っていた。これを読み、作者が本格的にスポーツ小説に取り組んだ...
文芸 俺たちの箱根駅伝 上 最速無料試し読み版
無料試し読み版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です