今野 敏

イラスト1
Pocket

文庫

講談社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


捜査一課勤務の主人公と公安に配属された蘇我という警察学校同期の物語を描いた前作『同期』の続編です。

警視庁捜査一課刑事の宇田川は、担当している多摩川の河原で起きた殺人事件の捜査もまた行き詰っていた。同じころ、初任科同期の大石陽子が、着任早々の立てこもり事件で被害者の身代わりになる事件も起きていた。そんな折に、やはり同期で懲戒免職になっていた蘇我から大石のことで連絡が入った。

本書『欠落』は、初任科つまりは警察学校の同期という設定のもと、刑事と公安とを仲間にするというめずらしい設定の警察小説です。普通、刑事警察と公安警察とは仲が悪いものとして描かれています。今野敏の小説でも『倉島警部補シリーズ』のような公安捜査官を主人公にした作品はありますが、そこでもこの両者は仲が悪いものとして描かれているのです。

しかし、本書『欠落』では、刑事の宇田川と公安捜査員の蘇我を警察学校の同期として設定して、言わば共同作業を行わせ、同期の友情物語として仕上げているのです。「友情物語」とは言っても感傷過多な物語ではなく、公安との確執も描きつつ、刑事ものの定番をふまえています。また、『倉島警部補シリーズ』が倉島警部補の成長物語でもあったように、本シリーズは宇田川の成長譚としての側面も持っています。

本書については「リアリティーがない」という感想も見られました。でもそれは個人の好みの問題だと、勝手に思っていて、個人的には十分に面白い物語だという印象です。確かに、主人公の「勘」を頼りに物語が進行する点など、無理な進行、展開を感じないこともないのですが、本書なりの世界観はそれなりに出来上がっていて、決してリアリティーが無いとまでは言えないと思えます。

公安警察の物語と言うと、前述した今野敏の『倉島警部補シリーズ』がありますが、他にはテレビドラマ化、更には映画化もされた、逢坂剛の『MOZU』シリーズが著名な作品として挙げられるでしょう。

[投稿日]2015年12月13日  [最終更新日]2015年12月13日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

警察小説は佳品が多い分野です。社会性の強いものを選んでみました。
砂の器 ( 松本 清張 )
本書は社会派推理小説の名作中の名作です。先年、ビートたけし主演でテレビドラマ化されました。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
警官の血 ( 佐々木 譲 )
親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説です。2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞し、直木賞のノミネート作でもあります。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
新参者 ( 東野 圭吾 )
卒業―雪月花殺人ゲームを最初とする「加賀恭一郎シリーズ」は、この作家の「ガリレオシリーズ」と並ぶ超人気シリーズです。
本

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です