今野 敏

イラスト1
Pocket

文庫

徳間書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 逆風の街 (徳間文庫) [ 今野敏 ] へ。


神奈川県警みなとみらい署刑事組対課暴力犯対策係のメンバーの活躍を描く、警察小説シリーズです。

 

横浜みなとみらい署暴力犯係シリーズ(2019年04月12日現在)

  1. 逆風の街
  2. 禁断
  3. 防波堤
  1. 臥龍
  2. スクエア

 

神奈川県警みなとみらい署刑事組対課暴力犯対策係は、暴力団からは「ハマの用心棒」と呼ばれ恐れられている諸橋夏男警部補が係長で、その相棒として陽気でラテン系の城島勇一警部補が係長補佐に就いています。

この二人をメインに、浜崎吾郎部長刑事、倉持忠部長刑事、八雲立夫係員、日下部亮係員といったメンバーを有し、暴力団がらみの事件を担当するいわゆる“マル暴”と呼ばれる係です。

 

作者の今野敏には、いわゆる「マル暴」と呼ばれる暴力団による犯罪対策を目的とする警察組織をテーマにした作品として、本シリーズの他に『マル暴甘粕シリーズ』という作品があります。

こちらは、マル暴担当でありながら、気が弱く、先輩刑事の郡原虎蔵にいいように使われている(ように見える)刑事の姿をユーモラスに描き出しています。

もともと『任侠シリーズ』に登場していたマル暴の甘粕刑事を主人公としたいわばスピンオフ的作品であって、どちらかというとユーモア小説の部類に入るでしょう。

 

 

本シリーズはそれと異なり、主人公らは暴力団相手に実力を行使することも厭いません。そのため、県警内部の監察官から常に目をつけられている問題刑事でもあります。

 

こうした違法捜査をも辞さない刑事のコンビとして、 黒川博行の描く『悪果』などに登場する大阪の今里署勤務の堀内とその相棒の伊達がいます。

 

 

ただこのコンビの場合“ハマの用心棒”どころではない悪徳コンビで、自分たちのシノギのために実際に違法行為にも手を染める、よりノワール性が強い物語です。

ですが、コンビの掛け合いも面白く、かなり強烈なノワール作品として読みごたえがあるシリーズです。

 

ともあれ、本『横浜みなとみらい署暴対係シリーズ』は、横浜の町を舞台に暴力団相手に横浜の街を守ろうとする気概でいっぱいの警察官を描写する、今野敏らしい物語です。

[投稿日]2019年04月12日  [最終更新日]2019年4月12日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です