今野 敏

イラスト1
Pocket

文庫

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 機捜235 (光文社文庫) [ 今野敏 ] へ。


機捜235シリーズ』とは

 

本『機捜235シリーズ』は、第二機動捜査隊に所属のコールサイン「機捜235」の機捜車に乗る隊員を主人公とする警察小説シリーズです。

特捜隊という珍しい部署を舞台としている今野敏らしく読みやすいバディものの作品で、とても面白く読みました。

 

機捜235シリーズ』の作品

 

機捜235シリーズ(2022年07月24日現在)

  1. 機捜235
  2. 石礫 機捜235

 

機捜235シリーズ』について

 

本書『機捜235シリーズ』の舞台となる「機動捜査隊(きどうそうさたい)」とは、都道府県警察本部の刑事部に設置されていて、犯罪発生の初期段階で犯人を検挙することを目的としている組織のことを言い、通称は機捜隊(きそうたい)、または機捜(きそう)と呼ばれています。

普段は捜査用車で警ら活動をしており、重要事件発生の際は犯罪現場に急行し、事件の初動捜査に当たることを任務としています。( 以上 ウィキペディア : 参照 )

本書『機捜235』のタイトル「機捜235」というのは主人公らが乗る機捜車のコールサインのことです。最初の2は第2機動捜査隊を、次の3は第3方面隊を、最後の数字はこの班の5番目の車ということを意味します。

本書『機捜235』の主人公は30代の高丸卓也巡査部長であり、その相棒は縞長省一という50代後半の巡査部長です。

この縞長という相棒が、見当たり捜査の達人という設定であり、縞長が指名手配犯を発見するところから物語が展開するのが基本の形のようです。

2022年7月の時点でシリーズ第二弾の『石礫 機捜235』まで出版されています。

 

ちなみに、2020年4月から、中村梅雀が演じる縞長省一が主役となり、テレビ東京系列でテレビドラマ化されているそうです。

[投稿日]2022年07月25日  [最終更新日]2022年7月25日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

北海道警察シリーズ ( 佐々木譲 )
『北海道警察シリーズ』は、実際に北海道で起きた不祥事である稲葉事件や裏金事件をベースに、組織体個人という構図で書かれた北海道警察を舞台とする警察小説です。ただ、この項を書いた時点での第四作では組織体個人という構図が揺らいできています。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
新宿鮫シリーズ ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
狩人シリーズ ( 大沢 在昌 )
惹句では「新宿鮫」にも匹敵するほどのシリーズだと銘打ってあります。それほどのものか好みによるでしょうが、かなりの面白さを持っていることは事実です。鮫島同様の一匹狼の刑事佐江が渋味を出しつつ、事実上の主人公として語り部になっています。
隠蔽捜査シリーズ ( 今野 敏 )
正論を正論として生き抜くキャリアが主人公です。

関連リンク

『石礫 機捜235』刊行記念 今野敏インタビュー | 本がすき。
前作『機捜235』は発売即増刷し、ドラマのシリーズも好評。4月に刊行された文庫版も即増刷となり、いよいよ待望の新作が初めての長編で刊行される。この絶品エンターテ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。