逢坂 剛

イラスト1
Pocket

文庫

集英社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


テレビドラマ化もされ、一躍名前が知れ渡った逢坂剛氏「百舌シリーズ」の第一弾です。本書の出版年度が1986年なので、30年経ってからのドラマ化、映画化ということになります。それだけ読み継がれてきたということですね。

能登半島の突端にある孤狼岬で発見された記憶喪失の男は、妹と名乗る女によって兄の新谷和彦であると確認された。東京新宿では過激派集団による爆弾事件が発生、倉木尚武警部の妻が巻きぞえとなり死亡。そして豊明興業のテロリストと思われる新谷を尾行していた明星美希部長刑事は…。錯綜した人間関係の中で巻き起こる男たちの宿命の対決。その背後に隠された恐るべき陰謀。迫真のサスペンス長編。(「BOOK」データベースより)

私はテレビドラマで見た「MOZU」の面白さにはまり、原作である本書『百舌の叫ぶ夜』を読んだのですが、ドラマで感じた物語の重く、暗いトーンは原作からのものでした。というより原作は地を這うような低い音色であり、無彩色に近い色調と言ったほうが正確かもしれません。実を言うと、このイメージもテレビドラマの影響が強いのかもしれないと危惧しながら書いています。というのも、登場人物もドラマ版の西島秀俊、香川照之、真木よう子という役者さん達のイメージに引きずられていると思いながら読んでいたからです。とはいえ、遠く隔たった印象でないのは間違いないでしょう。

テロリストの爆弾により死亡した妻の死にまつわる謎を解明しようとする公安刑事の物語があり、また別な時間軸では新谷和彦という男について語られ、そして終盤へとミステリアスに収斂していきます。この物語に、警視庁公安部の倉木尚武や公安第二課捜査官の明星美希、それに警視庁査一課の大杉良太という魅力的な人物が絡んで重厚でサスペンスフルな物語として読者の心を深く掴むのです。

当初、この時制の変化に気づかず若干混乱しました。すぐに慣れはしたのですが、実は著者の後記に「各章の数字見出しの位置が、上下している」のが「時制の変化を示したつもりである。」とありました。こうした仕掛けに気づかない読者である私の注意不足、読み込み不足でした。

本書では、逢坂剛の作品である『カディスの赤い星』にあった冗舌とも言える主人公のおしゃべりや、気のきいた会話はありません。それとは全く別の骨太の物語として仕上がっています。この点は、著者本人が、「倉木の心理描写は一切していない」、彼の考えは「彼の仕草や表情、あるいは、大杉や美希といった周囲の人々に語らせることでじわじわと伝わるように書いている。」と言っています。

客観的な描写なのだけれども、登場人物の内面、主観を削り出しているような、技術としてのうまさが現れた小説なのでしょう

[投稿日]2015年10月30日  [最終更新日]2015年10月30日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルド作家(国内)

ハードボイルドという括りの中でも警察官や探偵が主人公の作品を集めてみました。どの作品も第一級の冒険小説です。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
警官の血 ( 佐々木 譲 )
親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説です。2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞し、直木賞のノミネート作でもあります。
刑事・鳴沢了シリーズ ( 堂場 瞬一 )
祖父も父親も警察官という血を引く新潟県警捜査一課の刑事鳴沢了を主人公の、ハードボイルド色が濃厚な骨太の警察小説。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
この作品はシリーズ化され、4作目「無間人形」では直木賞を受賞していますし、9作目「狼花」、10作目「絆回廊」では日本冒険小説協会大賞を受賞しています。
私立探偵沢崎シリーズ ( 原 尞 )
シリーズ第二作目の私が殺した少女では1989年の直木賞を受賞しています。かなり人気の高い、正統派のハードボイルド作品です。
ススキノ探偵シリーズ ( 東 直己 )
札幌はススキノを舞台に探偵である饒舌な「俺」が活躍するハードボイルド作品です。大泉洋主演で映画化されました。

おすすめのハードボイルド作家(海外)

他にも多数の作家がいるのですが、とりあえず私が読み、印象の強かった作家だけを挙げています。また、挙げている作品はあくまで参考です。
ダシール・ハメット
サム・スペードが活躍する「マルタの鷹」から始まるシリーズは、ハードボイルドの名作中の名作です。あくまで客観的に、ときには暴力的なその文体は、この後に続く多くの作家に影響を与えました。この人を抜きにしてはハードボイルドは語れません。
レイモンド・チャンドラー
ハメットと同じく客観的描写に勤めるその文体はハードボイルドの古典です。「ロング・グッドバイ」では主人公のフィリップ・マーロウが行動し、事件の裏を探り出します。
ロバート・B・パーカー
饒舌な私立探偵スペンサーとそれを助ける黒人の大男ホークが様々な問題を時には暴力をも使って解決します。男の「誇り」を生き方で示すスペンサー、その矜持を認めつつ自らも自立する恋人のスーザン。この二人の会話もまた魅力的です。このシリーズの中でも「初秋」は少年とスペンサーの心の交流を描き必読です。
ジェイムズ・クラムリー
酔いどれの誇り」や「ダンシング・ベア」など、翻訳の妙なのかもしれませんが、その文章は文学作品のようです。
ローレンス・ブロック
八百万の死にざま」に代表されるマット・スカダー・シリーズでは、酔いどれ探偵が活躍します。2015年には、シリーズ第10作の「獣たちの墓」が、リーアム・ニーソン主演で『誘拐の掟』というタイトルで映画化されました。

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です