今野 敏

イラスト1
Pocket

文庫

実業之日本社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは デビュー (実業之日本社文庫) [ 今野敏 ] へ。


19歳、童顔のアイドル・高梨美和子はデビューすぐさまトップの座へのぼりつめた。
その実彼女は、カリフォルニア大バークレー校を卒業、理論物理学と哲学の修士号をもつ才女だった。
昼はかわいいだけのアイドルを演じ、夜は天才少女と、二つの顔をもっているのだ。
彼女の真実の姿を知るのは、マネージャーの岡田二郎、情報通の作曲家・井上鏡四郎、
凄腕スタントマン・長谷部修の三人だけである。

虚栄にまみれた芸能界では、クスリや秘密売春、大手芸能プロの
暴力沙汰など、華やかな世界からおおい隠された事件でいっぱいだ。
六本木の夜、行きつけのジャズ・バー「ゼータ」でその事件を知った美和子は、持ち前の頭脳と
正義感で自らおとりになり、岡田、井上、長谷部の協力を得て、芸能界のワルどもを一掃する。
1992年初版刊行以来21年ぶり、ファン待望のアクションサスペンスを初文庫化。
連作短編全七編を収録。(「内容紹介」より)

 

天才少女でありながらアイドルを演じる十九歳の少女が、仲間の力を借りながら芸能界の闇をつぶす姿を描く連作の短編集です。

 

第一話 嘘は罪? | 第二話 ラヴ・フォー・セール | 第三話 悪い遊びは高くつくわよ! | 第四話 虚栄がお好き | 第五話 危険なおみやげをどうぞ | 第六話 その一言にご用心 | 第七話 25時のシンデレラ

 

本書は、最初は1992年6月に実業之日本社のジョイ・ノベルスから『25時のシンデレラ』というタイトルで出版されていたのですが、2013年8月に同じ出版社から『デビュー』と改題されて文庫化された作品です。

今野敏の初期作品を見ると『聖拳伝説』のような格闘技小説のほかに、『奏者水滸伝シリーズ』のような超能力者ものとがあります。

 

 

一方、現在の今野敏の小説は、警察小説を主軸としながら、読者の心情と寄り添いやすいストーリーを有したエンターテイメント小説の醍醐味を持った作品を多く書かれています。

しかしながら、初期の作品群を読む限りにおいては、ストーリーはエンターテインメント小説としてのツボを押さえていても、登場人物の描写はどこかに置き忘れていた作品が多かった気がします。

本書はそうした人間がいないエンターテイメント小説の典型とも言える作品です。軽い娯楽小説として面白くないとは言いませんが、読後感は残りません。

 

カリフォルニア大バークレー校を卒業して、理論物理学と哲学の修士号をもつ主人公が、その天才的な頭脳を隠したままなぜかアイドルとなり、汚濁にまみれた芸能界の闇を掃除します。

とはいっても女の子一人では何もできず、マネージャーの岡田二郎や、作曲家の井上鏡四郎、スタントマンの長谷部修といった大人たちがボディガードを兼ねつつも彼女の手足となって動き回ります。

そして、それだけの話であってそれ以上のものではなく、初期の今野敏の作品を読みたい人が読むだけの作品でしょう。

 

ただ、本書『デビュー』の出版よりも前の1988年10月には今の人気シリーズの『安積警部補シリーズ』の第一作である『東京ベイエリア分署』が出版されています。

この『東京ベイエリア分署』はその後『二重標的』と改題されて角川春樹事務所から出版されていますが、この作品は本書とは異なり、すでに十分な読みごたえがあったと思うのです。

 

 

かなり昔のことであり、はっきりと覚えているわけではありませんが、今の人気シリーズに連なるだけの内容を備えていたと思います。

ということは、もしかしたら、今野敏という作家は、作品の種類によってその書き方を変えていたのかもしれません。いつの日か読み返してみたいと思います。

[投稿日]2019年06月04日  [最終更新日]2019年6月4日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です