辻堂 魁

風の市兵衛シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


主人が「相対死(あいたいじに)という武士にあるまじき不祥事」で死んだ三河以来の旧家の高松家に一人の侍が渡り用人として雇われることになった。名を唐木市兵衛といい、算盤を片手に雇われ先の家計を預かるのが仕事だった。この唐木市兵衛が高松家の借金の現状を調べていく中、様々に不審な事柄が明らかになっていく。

近年の時代小説は主人公の職業が独特なものが設定されていると感じます。数多くの書き手の中から何とか独自性を出していかなければならないのですから、作家さんも大変なのでしょう。このごろ読んだ小説では、田牧大和には「逃し屋」、「女錠前職人」、「中二階女形」などの作品があり、水田勁には「幇間」が主人公の作品があります。また、多数の作品がある同心ものの中でも、梶よう子作品では小石川御薬園の同心や諸式調掛方同心などと、同じ「同心」でも工夫を凝らしてあるのです。

本書の場合、「渡り用人」という珍しい職業の主人公が算盤を使いこなし、高松家の収入を知行地の石高から即座に計算し、支出も諸経費等を積み上げていく様は、当時の生活も垣間見えてトリビア的な面白さもあります。

更には本書の主人公唐木市兵衛は剣の使い手でもあります。関西での放蕩時代に剣を学び、「風の剣」の使い手として名を馳せたらしいのです。という設定である以上は、剣の上での敵役も勿論設けてあり、異国の剣の使い手が配置されていて、剣戟の場面も少しですがあります。

更に、唐木市兵衛の過去が明らかになるにつれ、幕府内で力のある後ろ盾や、いざというときに力になり得る仲間が現れたり、物語の冒頭から登場する少々ひねた性格の腕利き同心渋井鬼三次が絡んだりと、エンターテインメント小説としての、定番と言えるであろう要素は十二分に配してあるのです。

よく練られていて破綻の無い筋立てと、十分に書き込まれている主人公、それを助ける助っ人の設定と、面白い時代劇小説の要素を全部持っていると言えるのではないでしょうか。

[投稿日]2015年04月14日  [最終更新日]2015年4月14日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です