辻堂 魁

イラスト1
Pocket

文庫

徳間書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 仕舞屋侍 (徳間文庫) [ 辻堂魁 ] へ。


仕舞屋侍シリーズ(2019年03月31日現在)

  1. 仕舞屋侍
  2. 仕舞屋侍 狼
  3. 仕舞屋侍 青紬の女
  1. 仕舞屋侍 夏の雁

 

風の市兵衛シリーズ』が一躍人気となった辻堂櫂の新たなシリーズです。

 

田沼の世が終わり、松平定信の寛政の改革が始まって世の中が不景気になった頃を時代背景としています。

主人公は元御小人目付の今は仕舞屋稼業を営む初老の浪人で、名を九十九九十郎といいます。

ここで御小人目付とは、御徒目付と共に御目付配下にあって、御徒目付より録の低い一代抱えの下士のことを言います。また、御目付とは、家禄百五十石から三千石までの旗本の、家柄、能力共に選りすぐりの者が就く役目であり、役目を退いても、公儀直参の旗本であることに変わりはないといいます。

 

また、タイトルの「仕舞屋侍」の「仕舞屋」とは「しもたや」という言葉のことだと思っていました。

つまり「仕舞屋」とは、商店でない、普通の家のことを言い、店じまいをした家の意の〈仕舞(しも)うた屋〉から変わった言葉であり(コトバンク : 参照)、タイトルとしてどういう意味だろうと思っていたのです。

しかし本書で言う「仕舞屋稼業」という意味はそうではなく、言葉の意味の通りの「仕舞い屋」であり、要するにもみ消し屋のことでした。

 

剣と隠密探索の達人だった九十九九十郎という元御小人目付が依頼を請け、市井での揉め事にの間に入り、依頼者のために時には綺麗事ばかりではない手も遣ってもみ消しを図ります。

そのために、仕事を請けたり、時には依頼の揉め事の下調べをしたりもする存在として藤五郎という男が役に立っているのです。

この藤五郎は、小柳町とお兼新道をはさんだ平永町の南角にある湯屋《藤ゆ》の主人であり、二階の休憩所を九十郎の事務所のように使っています。

そしてもう一人、九十郎の住まいで家事仕事を行う、十二歳の童女である“お七”という存在がこの物語の花として彩を添えているのですが、この娘の物語もサイドストーリー的に挟まれています。

また、本シリーズの登場人物としては、もう一人北町奉行所年番方与力の橘左近が役人として九十郎らの仕事を側面から支える存在として配置されています。

 

浪人を主人公とするシリーズ物の痛快時代小説は、つまりは主人公が何らかの事件に関与することで物語が展開されるのが通常ですが、そのためには用心棒稼業が一番簡単であり、逆にそれ以外の設定はなかなか難しいものがあります。

そうした中で、 池波正太郎の『剣客商売』(新潮文庫)や、 野口卓の『軍鶏侍シリーズ』(祥伝社文庫)などは道場主を主人公とした読み応え十分なシリーズであり、珍しい設定だと思います。

 

 

ただ 佐伯泰英の『酔いどれ小籐次シリーズ』(文春文庫)は、当初は別として、いわば巻き込まれ型の物語であり、これも珍しい設定だと思います。

 

 

本書『仕舞屋侍シリーズ』もまた事実上の用心棒ものです。ただ、本書の場合、単に依頼者に襲い掛かる危難から依頼者を守るということではなく、積極的に現在陥っている難題から依頼者を救うという点では全く新たな職種、新たな設定だと言えるかもしれません。

ともあれ、辻堂櫂の人情劇を絡めた痛快小説として読みごたえは十分な物語です。今後の展開が楽しみなシリーズです。

[投稿日]2019年03月31日  [最終更新日]2019年4月1日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

居眠り磐音江戸双紙シリーズ ( 佐伯泰英 )
佐伯泰英作品の中でも一番の人気シリーズで、平成の大ベストセラーだそうです。途中から物語の雰囲気が変わり、当初ほどの面白さはなくなりましたが、それでもなお面白い小説です。
口入屋用心棒シリーズ ( 鈴木 英治 )
浪々の身で妻を探す主人公の湯瀬直之進の生活を追いながら、シリーズの設定がどんどん変化していく、少々変わった物語です。ですが、鈴木節は健在で、この作家の種々のシリーズの中で一番面白いかもしれません。
紀之屋玉吉残夢録シリーズ ( 水田 勁 )
門前仲町の芸者置屋「紀之屋」の幇間である玉吉を主人公とした、軽いハードボイルドタッチの読み易いシリーズです。
羽州ぼろ鳶組シリーズ ( 今村 翔吾 )
江戸の火消しを主人公に、「一度輝きを喪った者たちの再起と再生」を描いた長編の痛快時代小説です。かつて江戸随一の火消として、"火喰鳥"の名を馳せた男・松永源吾。しかし、ある一件の火事をきっかけに、定火消を辞し浪人として不遇をかこつ日々を送っていた。
用心棒日月抄 ( 藤沢周平 )
藩内の抗争に巻き込まれた青江又八郎という浪人者の用心棒としての日常を描いてあります。一巻目では赤穂浪士に関わり、二巻目以降は藩の実権を握ろうとする一派の企みを阻止ずべく、用心棒稼業のかたわら、放たれた刺客と闘う姿が描かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です