浅田次郎

イラスト1
Pocket

新刊書

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 獅子吼 [ 浅田次郎 ] へ。


時代と過酷な運命に翻弄されながらも立ち向かい、受け入れる、名もなき人々の美しい魂を描く短篇集。(「BOOK」データベースより)

「獅子吼」 「飢えたくなければ瞋(いか)るな。」という父の訓(おし)えを胸に、檻の中で生きている獅子。視点は移り、獅子の世話をしている草野二等兵に動物園の動物たちの殺害命令が下りる。
「帰り道」 高度成長期の時代を背景に、ハイミスの清水妙子という女性の、二つ年下のインテリ工員の光岡に対する想いを描いた作品。
「九泉閣へようこそ」 ひなびた温泉宿での恋愛模様ですが、結局は九泉閣という「宿」目線になったりと、よく理解できない小説でした。
「うきよご」 東大を目指す浪人生の物語です。松井和夫は、京都の実家でも尚友寮でも自分の場所が見つかりません。腹違いの姉との微妙な雰囲気を漂わせながらも、一人の浪人の一時期が切りとられています。
「流離人(さすりびと)」 冬の日本海岸を走る列車で知り合った「さすりびと」と自称する老人の回想で、終戦近い中国大陸をいつまでも赴任先へと旅をしている軍人の話が語られます。
「ブルー・ブルー・スカイ」 戸倉幸一はカジノで大負けし、帰り道でポーカー・マシンで大当たりを出すが、そこに現れたのは、ギャングを思い立ちコルト・ガバメントを握りしめたサミュエルだった。

「獅子吼」は戦争の無意味さを忍ばせた作品。誰もが知っている『かわいそうなぞう』という童話のもとにもなった、上野動物園での象の花子の殺処分の話をもとに練られてであろう作品です。声高に反戦をうたいあげるのではなく、この作品のように非日常の世界を作り上げながら、人間ドラマと絡めた上での動物目線の話は浅田次郎ならではの物語です。

「帰り道」は最後の一行に至るまでの話の運び方のうまさにつきます。ただ、物語の意図はよく分かりませんでした。当時の時代を描いた、というだけのことでしょうか。それとも最後の一行のための物語でしょうか。

「九泉閣へようこそ」は、先にも書いたように男女の物語のようで、そうではないような、よく分かりません。

「うきよご」は、昭和という時代でも、またかつての渋谷の匂いでもない、作者と同じ世代の私にも感じられない独特の雰囲気を持った、不思議な小説です。かつて読んだ浅田次郎の『霧笛荘夜話』の雰囲気を思い出していました。この作品も時代や場所を感じさせない物語であり、ファンタジックな雰囲気を持っていました。

「流離人(さすりびと)」は、戦争に対する作者の思いがわりとはっきりと表れているファンタジックな物語で、かなり好きな物語でした。

最後の物語である「ブルー・ブルー・スカイ」も、意図が分かりにくいお話でした。

どの物語もまぎれもなく浅田次郎の語り口です。しかしながら、若干理解しにくい作品もありました。ただ、表題作の「獅子吼」や「流離人(さすりびと)」などはまさに私の好きな浅田次郎の作品でした。

[投稿日]2016年12月15日  [最終更新日]2016年12月15日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの人情小説

数多くの小説があるこの分野です。人情ものとは言わないものもあるかとは思いますが、心に響く物語であることには間違いありません。
雨やどり ( 半村 良 )
SFの巨匠としての顔のみならず、人情小説の大家でもある半村良の直木賞受賞作品です。
橋ものがたり ( 藤沢 周平 )
江戸の町の様々な「橋」をモチーフにし人情時代短編小説集。
人情裏長屋 ( 山本 周五郎 )
この作家の短編作品集は武家もの、滑稽ものなどどれか一つの分野ということはありません。本作品集にしても武家ものが多いようですが、市井ものもあり、私が最初に読んだ作品集ということで取り上げました。
海の見える理髪店 ( 荻原 浩 )
通常言う人情小説とは異なるかもしれませんが、心に染み入る様々な家族の物語が語られる、直木賞を受賞した作品集です。
阪急電車 ( 有川 浩 )
この物語集も人情小説とは言わないかもしれません。阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を、各駅ごとの章立てで描き出した、ほんわかとした心温まる物語で出来ている連作短編集です。
本

関連リンク

6篇の舞台の中で“人間”を描く。 『獅子吼』 (浅田次郎 著)|インタビュー
この度、『夕映え天使』以来となる短篇集『獅子吼(ししく)』が刊行されます。これには人情もの、ユーモアもの、戦争ものなど様々なジャンルの短篇が6篇収録されています。
古処誠二「頭より心で読む、物語を体感する短編集」-今週の必読
時代も設定もテイストもスタイルも異なる六つの物語がまとめられていながら、なぜかケンカをしていない。良い本を読んだと素直に満足させてくれる。不思議というほかない。
獅子吼(ししく) [著]浅田次郎 - ブック - 朝日新聞デジタル
人情味豊かな著者の最新短編集。高度成長期の若者、戦時の兵士が、それぞれの時代の中で生きる姿には、ほのかな光を帯びた、確かな存在感がある。
【BOOKセレクト】浅田次郎著「獅子吼(ししく)」 : スポーツ報知
戦時下の猛獣殺処分を描いた表題作について、動物好きだという浅田さんは「動物ものをほとんど書いたことがないが、禁じ手を破った」と明かした。
【聞きたい。】浅田次郎さん『獅子吼』 短編で“読まない人”振り向かせたい
短編を書き続ける理由のひとつは、昨今、めっきり増えてしまった“本を読まない人”を振り向かせたいからだ。
【BOOK】“平成の泣かせ屋”浅田次郎さん“人情のツボ”をつく珠玉の6篇 「獅子吼」
当代きってのストーリーテラーが贈る珠玉の短編集。「平成の泣かせ屋」が、これでもかと“人情のツボ”をついてくる。しみじみと、ほんわかと…人生に寄り添ってくれる物語だ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です