今野 敏

任侠シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 任侠シネマ (単行本) [ 今野 敏 ] へ。


本書『任侠シネマ』は、『任侠シリーズ』第五巻目となる長編小説です。

古風なヤクザが経営再建に乗り出すこのシリーズは今野敏の多くの作品の中でも楽しみなシリーズの一つで、面白く読み終えることができました。

 

義理人情に厚いヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとには、一風変わった経営再建の話が次々と舞い込んでくる。今度の舞台は、北千住にある古い映画館!TVやネットに押されて客足が落ち、映画館の社長も閉館を覚悟。その上、存続を願う「ファンの会」へ嫌がらせをしている輩の存在まで浮上する…。マル暴に監視されながら、阿岐本組の面々は、存続危機の映画館をどう守る!?笑いあり、涙ありの「任侠」シリーズ第5弾! (「BOOK」データベースより)

 

まず最初に、本稿では本書『任侠シネマ』に対する不満点を強調して書いていますが、それは本書が面白い小説であることを否定するものではありません。面白い作品であることは間違いないのです。

 

ということで、今回も例によって阿岐本組組長阿岐本雄三の兄弟分である永神がある映画館の経営立て直しの話を持ってきたところから始まります。

『出版』『学校』『病院』『浴場』と続いてきたこのシリーズの今回の仕事の分野は『映画』です。

映画好きの私としては期待のテーマです。でも、このシリーズ当初から比べると魅力が薄れてきた印象があります。

というのも、シリーズ第三作の『任侠病院』までは建て直し対象の仕事自体に問題を見出し、ヤクザの筋目を通すことで業務を正常に戻すという流れがはっきりとしていました。

 

しかし、前作の『任侠浴場』はそうではなく、再建すべき対象が家族の問題などであり、なにも再建対象が「浴場」でなくても成立する物語であるように感じたのです。

その点は一歩譲るとしても、阿岐本組長自身が乗り出す場面が多いのはいいのですが、少々都合がよすぎます。組長の言葉のとおりに物語が進みすぎであり、違和感を感じてしまいました。

 

 

それと同様のことが、前作ほどではないのですが本書でも言えます。

本書『任侠シネマ』で書かれていることは映画館でなくても言えることが多いと思われます。

確かに、本書では「千住シネマ・ファンの会」という映画ファンクラブが登場したり、日村や近所に住む高校生の坂本香苗らが健さんの任侠映画などにはまる姿などが描かれてはいます。

しかし、それは物語の本筋ではなく、経営再建すべき今回の問題点は何も映画館でなくても起きうる事態だったのです。

 

以上の個人的文句に対し、本シリーズが面白くなりそうな点もあります。

今回は新しく北綾瀬署のマル暴刑事の甘糟達男の上司として仙川修造という係長が登場します。ヤクザは存在自体が悪であり、ヤクザを根絶するためならば何でもするという男です。

若干、現実の警察を皮肉っている側面も見えるこの男の存在は、かなりデフォルメされているとはいえ本書のようなユーモア小説ではなかなかに面白そうな人物でした。

本シリーズのスピンオフ作品である『マル暴甘糟シリーズ』の第三巻が待たれると同時に、そのシリーズの『マル暴総監』で登場するユニークな警視総監がこのシリーズにもゲスト出演すれば面白いのにと思ってしまいました。

 

 

また、さすがに本書では高倉健の「昭和残侠伝・血染めの唐獅子」や「日本侠客伝」などを見た日村の姿があり、また「ニュー・シネマ・パラダイス」を語る阿岐本組長の姿があります。

そうした姿は映画好きならではのものであり、家庭でのDVDもいいですが、映画館で映画を見ることの面白さ、総合芸術と言われる映画の魅力が存分に語ってあります。

残念ながら映画館で映画を見る機会が少なくなってしまった私ですが、やはり大画面と迫力のある音量での映画を見たいものです。

 

 

映画をテーマにした作品といえば、 原田マハに『キネマの神様』という作品があります。映画に対する愛情があふれている、ファンタジックな長編小説です。

また、 金城一紀の『映画篇』という作品は、誰もが知る映画をモチーフに、人と人との出会い、友情、愛を心豊かに描く短編集でした。

共に映画の楽しさ、面白さ、映画の魅力について存分に語ってある作品で、小説としても読むべき本の一冊だと思っています。

本書『任侠シネマ』でも、同様に映画の魅力を語る阿岐本組長や、その魅力にはまった日村や坂本香苗の姿を通して映画のすばらしさを語りかけているのです。

 

 

話を元に戻すと、本書『任侠シネマ』で描かれている出来事は「映画館」でなくても良さそうだと思え、更に阿岐本組長の言葉のとおりに展開しすぎないか、という点で前巻の『任侠浴場』と似た印象を持ったのです。

今野敏という作家が多作であり、忙しいのは分かりますが、作品全体として何となく荒っぽい構成になってきている感じがあるこの頃です。

できればもう少し丁寧な推敲、構成を願いたいところだと、素人ながらにファンとして思ってしまいました。

[投稿日]2020年08月07日  [最終更新日]2020年8月7日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのユーモア小説

俺はエージェント ( 大沢在昌 )
気楽に読めるコミカルなスパイものの長編小説です。エージェントにあこがれる村井は、行きつけの居酒屋で親しくなった白川という爺さんのスパイ活動に巻き込まれ、あこがれのスパイ活動をすることになります。
恋する組長 ( 笹本稜平 )
名前が示されない探偵を主人公とする全六話からなる連作短編小説です。“おれ”は、東西の指定広域暴力団と地場の組織が鎬を削る街に事務所を開く私立探偵。やくざと警察の間で綱渡りしつつ、泡銭を掠め取る日々だ。
プリズンホテル ( 浅田次郎 )
『プリズンホテル』は、ピカレスク風の長編のコメディ小説です。極道小説の作家・木戸孝之介は、たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵に招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用だった。
生活安全課0係 ファイヤーボール ( 富樫倫太郎 )
富樫倫太郎著の『生活安全課0係 ファイヤーボール』は、空気の読めないキャリアを主人公とした、コミカルな長編の警察小説です。
あすなろ三三七拍子 ( 重松 清 )
四十五歳のおっさんが大学に入り、部員数が足らないために廃部の危機にある応援団を立て直す、というユーモア小説です。

関連リンク

任侠シリーズ 今野敏|特設ページ|中央公論新社
義理人情に厚いヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとには、一風変わった経営再建の話が次々と舞い込んでくる。今度の舞台は、北千住にある古い映画館!
【2020最新刊任侠シネマ発売!】今野敏「任侠シリーズ」の読む順番!
今野敏さんの「任侠シリーズ」と言えば、ヤクザが町おこしをするというストーリーで人気のシリーズです。毎回シノギ(再建対象)が変わっていきつつ、シリーズ化がなされていますね。
今野敏著「任侠シリーズ」 改題当たり、痛快ヒット
昔気質の任侠道を旨とするヤクザが、傾いた会社や学校を立て直す「任侠シリーズ」(中公文庫)がヒットしている。
西島秀俊×西田敏行が昔気質のヤクザに 今野敏の小説『任侠学園』映画化
映画『任侠学園』が今秋に全国公開される。同作は、昔気質のヤクザが義理と人情を武器に倒産寸前の私立高校や出版社、病院などの経営再建を試みる今野敏の小説『任侠』シリーズから『任侠学園』を実写映画化するもの。
西島秀俊「任侠学園」映画化でヤクザに!西田敏行とダブル主演
今野敏の小説「任侠学園」が、西島秀俊と西田敏行のダブル主演により映画化。今秋公開されることが決定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です