大沢 在昌

イラスト1
Pocket

新刊書

小学館

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 俺はエージェント [ 大沢 在昌 ] へ。


下町の居酒屋にかかってきた1本の電話―。二十三年ぶりにオメガ・エージェントの極秘ミッション「コベナント」が発動され、スパイ小説好きの俺は、元凄腕エージェントの白川老人と行動を共にするはめになる。オメガの復活を阻止すべく、敵対するアルファ・エージェントの殺し屋たちが次々と俺たちに襲いかかる。だが、何かがおかしい。裏切り者は誰か?誰が味方で誰が敵なのか、誰にもわからない。そして、裏切られた裏切り者とは…!?(「BOOK」データベースより)

 

気楽に読めるコミカルなスパイものの長編小説です。

 

スパイ小説を読み、エージェントにあこがれる村井という男は、行きつけの居酒屋で親しくなった白川という爺さんのスパイ活動に巻き込まれ、現実にあこがれのスパイ活動をすることになります。

しかし、その実態は裏切りに継ぐ裏切りで、誰を信頼していいのか、敵味方が全く分からない世界でした。

 

本書は、この作家の『らんぼう』などと同様の、コメディタッチの物語です。ただ、その対象となる世界がスパイの世界なのです。

行きつけの居酒屋で知り合った老人が凄腕のスパイであり、その居酒屋のおばさんが敵対する組織の監視員であったり、そのおばさんは問答無用で討ち殺されてしまったりと話は冒頭から荒唐無稽に展開していきます。

でありながら、インテリジェンスの世界をそれなりにリアルに描いてあったりと、アクション系やインテリジェンスの世界を舞台にした作品を数多く書かれてきた大沢在昌という作者の作品らしい仕上がりになっている作品です。

 

面白さの一つに、登場してくる人物がどこまでが信用できる相手であるのか、まったく不明なことがあるでしょう。古い付き合いだからと安心していたらすぐに裏切られます。

ついには読者まで裏切られ、この物語は意外な方向へと進むのです。

 

主人公はスパイ小説が好きという設定ですが、本書冒頭で主人公が読んでいる『エージェント・ハリー』シリーズというスパイアクションは知りません。実在する作品なのかも不明です。

でも、すぐそのあとに書いてあるイアン・フレミングの『007シリーズ』や『0011ナポレオン・ソロ』『ジョン・ドレイク』などは現実に存在した作品ですし、ディーン・マーチンの『部隊』シリーズも同様です。

 

 

 

これらの作品はほとんどが映像化されていて、私も『ジョン・ドレイク』以外はすべて子供のころに見ています。007シリーズは今でも続いているのですから凄いものです。

そうした諜報員ものの中でも『それいけスマート』のようなコメディ作品も登場してきたのですが、本作はどちらかというとそのコメディ作品に似ています。

 

 

近年の映画で言えば、ハリウッド映画の『レッド』に近いと言えるかもしれません。往年の凄腕スパイたちが昔とった杵柄でスーパーマン的な活躍を見せる、オールスター登場の作品でした。

 

[投稿日]2018年11月18日  [最終更新日]2018年11月18日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのインテリジェンス関連小説

倉島警部補シリーズ ( 今野 敏 )
公安の倉島達夫警部補を主人公とする、一種の成長物語でもある独特の物語で、今野作品らしく非常に読みやすい物語に仕上がっています。
Op.ローズダスト ( 福井晴敏 )
都心でネット財閥「アクトグループ」を標的とした連続爆弾テロ事件が発生した。公安の並河警部補は、防衛庁から出向した丹原三曹と調査に乗り出すが…。
警視庁情報官シリーズ ( 濱 嘉之 )
警視庁情報室へ舞い込んだ一通の怪文書。エース情報官・黒田は、抜群の情報収集力と分析力で、政・官・財界そして世界的な宗教団体までもが絡む一大犯罪の疑惑を嗅ぎつけるが…。公安出身の著者による迫真の「インテリジェンス」小説。
背乗り ハイノリ ソトニ 警視庁公安部外事二課 ( 竹内 明 )
背乗り【ハイノリ】とは、諜報員や犯罪組織の構成員が、行方不明者などの戸籍を乗っ取って、その人になりすますこと――。知られざる日本の闇、公安捜査の内実に迫る、衝撃作!
ZERO ( 麻生幾 )
公安警察の驚愕の真実が日中にまたがる諜報戦争とともに暴かれていく。逆転に次ぐ逆転、驚異の大どんでん返し。日本スパイ小説の大収穫でありエンターテインメント小説の最高峰

関連リンク

『俺はエージェント』大沢在昌著 - 産経ニュース
会社人生を引き算で考え始めたとき、もう一度仕事をしたい作家の一人が大沢在昌さんでした。お付き合いは「天牙(てんきば)」シリーズ(『天使の牙』『天使の爪』)の週刊誌連載の頃からで、半世紀以上に。
ロートルと素人が巨悪を追い詰める! 『俺はエージェント』大沢在昌
一九六〇年代は東西冷戦を背景にしたスパイ小説が隆盛を極めた。ジョン・ル・カレに代表されるシリアスなものだけでなく、007シリーズの二番煎じを狙ったB級スパイアクション小説が徒花(あだばな)のように咲き誇った。
古き良き時代へのオマージュ 70代、80代の老スパイたちが大暴れする痛快エンターテインメント「俺はエージェント」 大沢在昌さん
60歳定年なんて誰が決めたんだ! イマドキ、仕事もオンナも酒もバリバリ元気なおじいちゃんなんてワンサカいる。
「俺はエージェント」大沢在昌著|日刊ゲンダイDIGITAL
007に憧れているフリーターの村井が行きつけの居酒屋で飲んでいると、常連の老人、白川に電話がかかってきた。居酒屋にまでかけてくるなんて妙だと思ったら、その夜、村井のアパートに白川がやってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です