今野 敏

任侠シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 任侠浴場 (単行本) [ 今野敏 ] へ。


東京のとある町に事務所を構えるヤクザの親分・阿岐本雄蔵は、困った人をほっとけない上、文化事業好きな性格が困りもの。そのせいで組員たちは、これまで出版社、高校、病院などの経営再建に携わる羽目になってきた。今度の舞台は赤坂の路地裏にある古びた銭湯!世の中どんどん世知辛くなって、ヤクザ稼業も楽じゃないが、阿岐本、代貸・日村はじめ個性的な面々は、銭湯にお客を取り戻すことができるのか!?(「BOOK」データベースより)

 
今野敏の大人気任侠シリーズ第四弾です。

今回の舞台は銭湯です。

 

いつもの通り、赤坂に事務所を構える永神が、相談があると兄貴分の阿岐本雄蔵をたずねてやってくるところから始まります。永神の来訪は阿岐本組代貸の日村にとって不安しかありません。この叔父貴の持ってくる話では苦労させられるからです。

案の定、今回は赤坂六丁目にある古い銭湯について相談に来た永神だったのですが、当事者に会い、詳しい話を聞いてみると、銭湯の持主はどうにか経営を続けたい、というものでした。

話は日村の心配する方向へと進み、とうとう問題の銭湯の立て直しに乗り出すことになるのです。

 

しかし、これまでのシリーズ作品と比べてのはなしですが、今ひとつのめり込めません。

勿論、本書もこのシリーズの痛快さ、小気味よさは味わうことはできます。ユーモアたっぷりに語る阿岐本組長の弁舌も達者であり、その点では私も思わず引き込まれてしまいました。

特に、「なくしちゃいけねえものを、ずいぶんとなくしちまったんじゃねえか」という阿岐本組長の言葉に私も思わず首肯していました。

また、それが銭湯とどのような関係があるかと問いかける日村に対して「自分でかんがえてみるんだな」と答える阿岐本の言葉は、そのまま読者への問いかけとして何故なのかを考えていたのです。

たしかに「失われた古き良き日本」という言葉は言い古された感はありますが、昭和を生きてきた年代にとって常に心の底にある問いかけでもあり、それを突きつけられれば考えないわけにはいきません。

蛇足ですが、そんな美しい日本を思う心が近年の時代劇人気の一つの理由ではないか、などと思っています。特に『蝉しぐれ』などで代表される 藤沢周平の作品がいつまでも人気があるのは、人情ものの語りのうまさと共に、どこか懐かしさの漂う日本の風景をうまく取り込んだ情景描写のうまさなどにもあると思っているのです。

 

 

同じことは第146回直木三十五賞を受賞した 葉室麟の『蜩の記』などにも言えるのではないでしょうか。ひたすらに、その先に死の待つ自分の生を見つめ、日々を送る侍の美しさを、静謐な文体で綴るこの作品は、思わず現代を生きる自分を見つめてしまう名作でした。

 

 
一方、現代ものでは 浅田次郎の描く世界にも似たものを感じます。特に天切り松 闇がたりシリーズの文章は、語り手である松蔵の台詞が河竹黙阿弥の台詞回しに通じているらしく、日本語の美しさを肌で感じることができます。
 

 
そうした古き良き日本へ思いを馳せつつも、しかしながら、これまでのシリーズ三作に比べると今ひとつわり切れません。

これまでの作品も、ユーモア小説の常として物語は阿岐本組長の思惑に沿って都合よく流れていたのですが、本作品はその印象が特に強く感じられます。他の作品に比べ、阿岐本組長自らが乗り出す場面が多いのですが、いくらなんでも組長の意図に沿いすぎです。

例えば、組長が挙げる銭湯経営がうまくいかない原因の一つとして経営者の家族の問題がありますが、銭湯経営の手伝いをしようとしない経営者の息子、娘にたいする組長の対処法は安易です。今の子がそう簡単にはなびくとは思えません。

特に、より直接的な銭湯経営の改善策として挙げる、心をこめた掃除、他の対処法は、これまでの出版社や病院の経営立て直しの場面に比して簡単に思えます。

本書はユーモア小説であり、経営指南書でもなんでもない以上、綿密な再建方法を示す必要が無いのは分かりますが、本書の場合、少々簡単に過ぎます。

もう少し再建策を具体的に示して欲しい、という思いが強く残りました。

とはいえ、本シリーズのスピンオフ作品である『マル暴甘糟』の主人公であるマル暴刑事の甘粕が顔を見せ、漏らしてはいけない情報を示してくれたりと、遊び心もいつもの通りであり、気楽に面白く読むべき作品として期待にこたえてくれていると思います。

[投稿日]2018年08月25日  [最終更新日]2018年8月25日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのユーモア小説

あすなろ三三七拍子 ( 重松清 )
四十五歳のおっさんが大学に入り、部員数が足らないために廃部の危機にある応援団を立て直す、というユーモア小説です。廃部の瀬戸際にあったあすなろ大学の応援団再建のために、ワンマン社長の命令により、総務課長藤巻大介があすなろ大学に入学し、応援団を存続させることになったのです。
イン・ザ・プール ( 奥田 英朗 )
『精神科医伊良部シリーズ』の第1作で、伊良部総合病院の地下にある神経科を舞台に患者とその医師とを描いた短編小説集です。第127回直木賞候補作品にもなりました。
オイアウエ漂流記 ( 荻原 浩 )
リゾート開発会社の若手社員である塚本賢司は、トンガでの接待出張中に飛行機事故で遭難。塚本とともに無人島に流れ着いた個性的な9人と犬一匹の生活が、ユーモアあふれる筆致で進みます。
三匹のおっさん ( 有川 浩 )
還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!
プリズンホテル ( 浅田 次郎 )
関東桜会木戸組の初代組長木戸仲蔵がリゾートホテルのオーナーになった。その業界では超大物であり、総会屋としても知らぬ者はいない、らしい。任侠道を貫くその男の下にはこのホテルの番頭である若頭黒田旭がいたる。

関連リンク

任侠シリーズ 今野敏|特設ページ|中央公論新社
中央公論新社 任侠シリーズ 特設ページ
今野敏著「任侠シリーズ」 改題当たり、痛快ヒット|エンタメ!
昔気質の任侠道を旨とするヤクザが、傾いた会社や学校を立て直す「任侠シリーズ」(中公文庫)がヒットしている。著者は警察小説で知られる今野敏で、2015年9月にタイトルやカバーを変更してシリーズ化を打ち出すと、急に話題となり3作累計42万4000部になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です