今野 敏

安積班シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 潮流 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫) [ 今野敏 ] へ。


潮流 東京湾臨海署安積班』とは

 

本書『潮流 東京湾臨海署安積班』は『安積班シリーズ』の第十七弾で、2015年8月に刊行されて2017年5月に384頁で文庫化された、長編の警察小説です。

東京湾臨海署管内で発生した毒殺事件に対応する安積班のチームとしての活躍が描かれますが、シリーズの中でもかなり面白い作品でした。

 

潮流 東京湾臨海署安積班』の簡単なあらすじ

 

東京湾臨海署管内で救急搬送の知らせが三件立て続けに入り、同じ毒物で全員が死亡した。彼らにつながりはなく、共通点も見つからない。テロの可能性も考えられるなか、犯人らしい人物から臨海署宛に犯行を重ねることを示唆するメールが届くーー。強行犯第一係長・安積警部補は過去に臨海署で扱った事件を調べることになり、四年半前に起きた宮間事件に注目する。拘留中の宮間は、いまだ無罪を主張しているという。安積は再捜査を始めようとするが…。(「BOOK」データベースより)

 

東京湾臨海署管内の複合商業施設内で毒物による死者が立て続けに三人も発生し、テロとの疑いをも考える安積でした。

しかし、リシンという毒物が検出されたとき、安積班の須田が、小さな鉄球を打ち込むという手口の海外での事件を思い出します。

その後、臨海署に犯人しか知りえない情報が書かれたメールが届き、安積は臨海署での過去の事件との関連を考え、その線で動き始めるのでした。

 

潮流 東京湾臨海署安積班』の感想

 

本書『潮流 東京湾臨海署安積班』はこの『安積班シリーズ』の中でもかなり上位に入る面白さを持った作品だとの印象を持った作品でした。

本『安積班シリーズ』は、そもそもミステリーとしての謎解き自体ではなく、事件の解決に至るまでの安積班を中心にした人間ドラマにその面白さがあると思うのですが、その点でも登場人物の各々がうまく描かれていると感じたのです。

チームとしての活躍、といえば誉田哲也の『姫川玲子シリーズ』でも、主人公の姫川玲子だけでなく、他のメンバーにもかなり光を当ててありました。それでも、本書の安積班ほどにはチーム色を前面に出してはいないと思います。

 

 

須田を始めとする安積班の活躍もさることながら、本書『潮流 東京湾臨海署安積班』では更に、交通機動隊所属の速水がかなりその存在感を出しています。

普段から安積との掛け合いについては定評がある速水という存在ですが、本書では特に二人の会話がテンポがよく、ジャンルは異なるのですが、どことなく、ロバート・B・パーカーの『私立探偵スペンサーシリーズ』におけるスペンサーとホークとの掛け合いを思い出していました。

 

 

単にコンビということでは、黒川博行の『悪果』での堀内とその相棒の伊達とのコンビは、また違った意味でユニークです。大阪弁を駆使したその会話は漫才といっても良いでしょう。

その点では、同じ作者の『疫病神』の建設コンサルタント業の二宮と暴力団幹部の桑原の会話のほうが漫才かもしれません。
 

 

本書『潮流 東京湾臨海署安積班』ではこれに加えて警視庁本部からやってきた池谷管理官がいます。

更には、いつも安積と対立する佐治基彦係長の殺人犯捜査第五係の存在も光っています。

池谷管理官の率いるチームがあって、最終的には安積班の動きに光が当たる仕掛けは、定番とはいえうまいものです。

その流れの中、本庁のチームに負けるわけにはいかないと臨海署署長や総務課長の岩城などが安積を支える姿がまた小気味いいのです。

こうした「意気に感ず」式の人間描写がうまく機能し、本書が万人受けする物語として成立しているように感じます。

この作者のもう一つの魅力シリーズ『隠蔽捜査シリーズ』と並び、本『安積班シリーズ』も楽しみなシリーズです。

 

[投稿日]2017年06月16日  [最終更新日]2022年9月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
新参者 ( 東野 圭吾 )
卒業―雪月花殺人ゲームを最初とする「加賀恭一郎シリーズ」は、この作家の「ガリレオシリーズ」と並ぶ超人気シリーズです。
制服捜査 ( 佐々木 譲 )
札幌で刑事として長年勤務していた川久保篤巡査部長が、十勝の田舎の駐在さんになり、さまざまな事件を解決する、かなり読み応えのある小説です。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
雪虫―刑事・鳴沢了 ( 堂場 瞬一 )
祖父も父親も警察官という血を引く新潟県警捜査一課の刑事鳴沢了を主人公の、ハードボイルド色が濃厚な骨太の警察小説。

関連リンク

「潮流 東京湾臨海署安積班」今野敏著|BOOKS|BOOKS|日刊ゲンダイ
東京湾臨海署の管内3カ所から救急車の出動要請が入る。無線を聞いた刑事の須田が念のため、病院に行くと、搬送された患者は3人とも死亡。係長の安積は、バイオテロを想定...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。