誉田 哲也

イラスト1
Pocket

文庫

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは ストロベリーナイト (光文社文庫) [ 誉田哲也 ] へ。


本『姫川玲子シリーズ』は、女性刑事姫川玲子を主人公とする、ミステリーというよりはサスペンス色の強い作品が多い長編がメインの警察小説です。

作者誉田哲也の作品の中でも登場人物のキャラクター設定がとてもよく、またテンポ良い文章が物語世界に入り込み易い作品で、ベストセラーとなるのも納得のシリーズです。

 

 

主人公姫川玲子は男勝りの性格で、直観に従い班長として菊田和男巡査部長らを始めとする部下の男たちを引っ張って行きます。

また部下たちも、暴走しがちでどことなく危なっかしい姫川玲子をサポートしながら事件を解決していくのです。

ひたすら感覚で犯人を追い詰める姫川は、天敵ともいうべきガンテツこと勝俣健作警部補から、犯人と同じ思考方法をとる姫川は危なっかしいと指摘されたりもしています。

しかし、レイプという悲惨な過去を持つ主人公の姫川は、その過去をトラウマとして抱えながらも自分を支えてくれ、後に殉職してしまった女性警察官を思いながら職務に邁進していくのです。

 

本『姫川玲子シリーズ』ではポイントポイントで人情もののような心の交流をも描きながら物語が進んでいくので、読者としても気楽な気持ちで読み進めることができます。

ただ、猟奇的と言っても良い場面があるのでグロいシーンが駄目な人は少々注意が必要かもしれません。

時には、誉田哲也の他のシリーズ『ジウサーガ』とシンクロする遊びがあったりするのも楽しみの一つです。

 

 

テレビドラマ、また映画も、竹内結子が主演として姫川玲子を演じ、菊田を西島秀俊、井岡を生瀬勝久という同じキャストで作成されていて、個人的にはなかなか良くできていたという印象のドラマでした。

ただ、ガンテツこと勝俣を武田鉄矢が演じていたのは少々イメージ違いかと思っていましたが、見ているうちに武田鉄矢こそがふさわしいと思えてきたのですから、役者さんは大したものです。

 

 

更に、2019年4月からは新たな姫川玲子の物語として『ストロベリーナイト・サーガ』と題したドラマがフジテレビで放映されました。

しかし、キャストが姫川役を二階堂ふみというのはまあいいのですが、個人的には菊田和男をKAT-TUNの亀梨和也が演じるということでしたので、結局見ることもありませんでした。

 

[投稿日]2015年04月19日  [最終更新日]2021年4月7日
Pocket

おすすめの小説

推理小説の分野は佳品が多く、あくまで個人的な参考意見だと思ってください。
女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ ( 吉川英梨 )
警視庁鑑識課に勤める原麻希は、かつての上司の戸倉加奈子と共にそれぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。そこにはかつて壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 ( 深町 秋生 )
真相究明のためなら手段を選ばず、警視総監賞や方面本部賞を何度も受けている警視庁上野署組織犯罪対策課の美人刑事八神瑛子が躍動する、ジェットコースター警察小説。
刑事・雪平夏見シリーズ ( 秦 建日子 )
大酒飲みで、無駄に美人といわれている女性刑事を主人公とする警察小説です。本書は、篠原涼子主演でテレビドラマ化され人気を博した「アンフェア」の原作でもあります。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です