今村 翔吾

羽州ぼろ鳶組シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 火喰鳥 羽州ぼろ鳶組 [ 今村 翔吾 ] へ。


かつて、江戸随一と呼ばれた武家火消がいた。その名は、松永源吾。別名、「火喰鳥」―。しかし、五年前の火事が原因で、今は妻の深雪と貧乏浪人暮らし。そんな彼の元に出羽新庄藩から突然仕官の誘いが。壊滅した藩の火消組織を再建してほしいという。「ぼろ鳶」と揶揄される火消たちを率い、源吾は昔の輝きを取り戻すことができるのか。興奮必至、迫力の時代小説。(「BOOK」データベースより)

 

本書は『羽州ぼろ鳶組シリーズ』の第一巻目である長編の痛快時代小説です。

 

 

かつて、松平家の定火消として活躍し「火喰鳥」と呼ばれ人気を博した男がいました。その名を松永源吾といい、現在は妻の美雪と共に浪々の身として暮らしています。

そんな源吾を出羽新庄藩の折下左門という侍が訪れ、壊滅状態にある新庄藩の火消しを建て直してほしいと言ってくるのです。

 

本書は、『羽州ぼろ鳶組シリーズ』の第一巻目であり、壊滅状態の新庄藩定火消の立て直しに手を付けるところから始まります。

すなわち、まずは優秀な鳶を集めなければなりません。そこで、なじみの口入屋で越前人を雇う目途をつけます。ここでの美雪をも巻き込んだコミカルなやり取りは、美雪の能力を思い知らされる必見の場面でもあります。

 

その後、新庄藩定火消の柱ともなる、各組の中心となる人材探しに移ります。

そこでは膝に故障がある相撲取りの荒神山寅次郎(第一章)、軽業師の彦弥(第二章)、博覧強記の天才の加持星十郎(第三章)と有力メンバーを集める様子が、それぞれに一つの章を使っていかにも男の物語といった趣で語られます。

何とか定火消としての体裁は整えたものの、火消しとしての装束までは手が回らないため、「ぼろ鳶」と呼ばれ始める新庄藩定火消でした。それに合わせ、源吾の思いもかけない過去、それに源吾と美雪とのなれそめなどが語られます(第四章)。

次に、それなりの活躍を見せる新庄藩定火消として親しみを持たれ始める「ぼろ鳶」の様子、そして、あの鬼平の父親である火盗改長官長谷川平蔵宣雄や、田沼意次との知己を得(第五章)、クライマックスとして江戸三大大火の一つである明和の大火に立ち向かう源吾らの姿が描かれます(第六章)。

 

勿論、江戸時代の消火組織についても述べられており、本書の主人公源吾は町火消とは異なる武家の火消しである「定火消」としての活躍であることも示されています。

この「定火消」を主人公とする小説としては田牧大和の『泣き菩薩』があります。江戸は八代洲河岸の定火消同心であることあった若き日の歌川広重こと安藤重右衛門を主人公とした作品で、かなり面白く読んだ記憶があります。

 

 

ともあれ、物語はまだ始まったばかりです。少なくとも第一巻である本書は非常に面白く読むことができました。この分では今後の展開にも期待ができると思われます。

現時点(2019年2月)で第七巻まで出版されているのですから、それだけの水準を保っていると言えると思います。今後の展開が楽しみです。

[投稿日]2019年03月06日  [最終更新日]2019年3月7日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

剣客商売 ( 池波 正太郎 )
老剣客の秋山小兵衛を中心として、後添いのおはるや息子の大治郎、その妻女剣客の佐々木三冬らが活躍する、池波正太郎の代表作の一つと言われる痛快時代小説です。
用心棒日月抄 ( 藤沢周平 )
藩内の抗争に巻き込まれた青江又八郎という浪人者の用心棒としての日常を描いてあります。一巻目では赤穂浪士に関わり、二巻目以降は藩の実権を握ろうとする一派の企みを阻止ずべく、用心棒稼業のかたわら、放たれた刺客と闘う姿が描かれます。
剣客春秋シリーズ ( 鳥羽 亮 )
剣術道場主の千坂藤兵衛とその娘里美、その恋人彦四郎を中心に、親子、そして若者らの日常を描きながら物語は進んでいきます。
居眠り磐音江戸双紙シリーズ ( 佐伯泰英 )
佐伯泰英作品の中でも一番の人気シリーズで、平成の大ベストセラーだそうです。途中から物語の雰囲気が変わり、当初ほどの面白さはなくなりましたが、それでもなお面白い小説です。
鬼平犯科帳 ( 池波正太郎 )
言わずと知れた名作中の名作です。
泣き菩薩 ( 田牧 大和 )
若き日の歌川広重である定火消し同心の安藤重右衛門を主人公とした痛快時代小説で、同じ定火消し同心である西村信之介と猪瀬五郎太という仲間と共に事件を解決します。

関連リンク

「羽州ぼろ鳶組」シリーズとは | 今村翔吾 羽州ぼろ鳶組 - 祥伝社
かつて江戸随一の火消として、"火喰鳥"の名を馳せた男・松永源吾。しかし、ある一件の火事をきっかけに、定火消を辞し浪人として不遇をかこつ日々を送っていた。 そんな折、羽州新庄藩から召し抱えられ、藩の火消組織の再建を託される。
羽州ぼろ鳶組ファン倶楽部 - ホーム | Facebook
今村翔吾先生のデビュー作品 羽州ぼろ鳶組シリーズと今村先生を応援する個人のサイトです
「書下ろし時代小説」今年のベスト3!――縄田一男 | レビュー | Book Bang
特に〈羽州ぼろ鳶組〉シリーズは、その後も『夜哭烏(よなきがらす)』が刊行され、今回、第三弾の『九紋龍(くもんりゅう)』の登場となった。 このシリーズ、面白いというだけでなく、久々に鳶を扱った小説としても注目される。
火喰鳥――羽州ぼろ鳶組 - 小説・無料試し読み・電子書籍 | BookLive!
かつて、江戸随一と呼ばれた武家火消がいた。その名は、松永源吾。別名、「火喰鳥」――。しかし、五年前の火事が原因で、今は妻の深雪と貧乏浪人暮らし。そんな彼の元に出羽新庄藩から突然仕官の誘いが。壊滅した藩の火消組織を再建してほしいという。
『火喰鳥』 ~痛快!江戸時代お仕事系男気小説~ : |本の泉|有隣堂
時代小説というと少々引き気味になる方にもこちらはおすすめです。一言で表すと「痛快ノンストップお江戸お仕事系消防エンターテイメント(ラブコメ少々・喧嘩たくさん)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です