深町 秋生

組織犯罪対策課 八神瑛子シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは アウトバーン 組織犯罪対策課八神瑛子 (幻冬舎文庫) [ 深町秋生 ] へ。


暴力を躊躇わず、金で同僚を飼い、悪党と手を結ぶ。上野署組織犯罪対策課の八神瑛子は誰もが認める美貌を持つが、容姿から想像できない苛烈な捜査で数々の犯人を挙げてきた。そんな瑛子が世間を震撼させる女子大生刺殺事件を調べ始める…。真相究明のためなら手段を選ばない、危険な女刑事が躍動する、ジェットコースター警察小説シリーズ誕生。(「BOOK」データベースより)

 

女性版の悪徳刑事ものである長編の警察小説です。

 

暴力団千波組の組長の娘が殺されたが、八神瑛子は捜査本部には入れてもらえないでいた。

瑛子は裏社会のボス劉英麗の頼みで馬岳という人さらいを探していたが、そこに新たな殺人事件が起きる。被害者は林娜という中国人の若い娘だった。劉英麗によると、貴州省の山奥から出てきた娘で、馬岳によって新橋のエステに売り飛ばされたらしい。

瑛子が調べだした情報をもとに、馬岳が現れたところを里美の応援で何とか捕まえることができた。

上野署署長の富永は、瑛子の行動に対し、合同捜査本部へ加わり、川上と組むことを命じる。

劉英麗から聞いた郭在輝を訪ね、林娜が映った裏ビデオの詳細を聞き出し、犯人と思しき長尾進が「エルスポーツ東新宿」というフィットネスクラブにいることを突き止める。しかし、事件はこれで終わったわけではなかった。

 

ミステリーとしてはよくできているとは言い難いかもしれません。

犯人逮捕に結びつく肝心な情報は劉英麗のような瑛子独自の裏社会を通じた情報網からわりと簡単にもたらされ、他の警察小説であるような捜査や推理の結果ではありません。

しかし、そうした裏社会からもたらされる情報も、八神瑛子自身が普段から情報網を丁寧に作り上げていたからこその話であり、そういう意味では八神瑛子の努力により情報が集まってくると言えるのでしょう。

その点で、通常の謎解きミステリーではなく、裏社会と八神瑛子とのつながりこそ重要であり、そのつながりを重点的に描く作品という意味で普通のミステリーとは異なると思うのです。

 

本シリーズの面白さは、何といっても八神瑛子というキャラクターにあります。

誰しもが認める美人でありながら汚れ仕事に手を染めることを厭わず、それどころか警察官を相手に金貸しをやっており、その引き換えにその警察官の弱点を抑え、いざという時は自分の言うことを聞かます。

勿論、やくざらから情報と引き換えに金を受け取ることも当たり前であり、剣道三段の腕っぷしで、度胸も満点の女性です。

 

また、瑛子が勤務する上野署の署長である富永昌弘をはじめとする登場人物たちが個性的です。ほかに、元女子プロレスラーの落合里美や瑛子を裏社会から支える劉英麗という蛇頭のボスや、千波組若手幹部の甲斐道明など魅力的です。

特に富永は警察官として一途であり、その内心の変化の描写には面白いものがあります。また、仙波組の甲斐も面白い存在ですが、もう少し書き込みが欲しいところではありました。

本書は今回再読したものですが、初回に比べより面白さを感じたように思います。それは再読したことで八神瑛子というキャラクターをより知ったということなのかもしれません。

ともあれ、初回読了時に思ったよりも魅力的なキャラクターであったようです。

[投稿日]2015年04月18日  [最終更新日]2019年5月28日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

新宿鮫シリーズ ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
安積班シリーズ ( 今野 敏 )
東京湾臨海署の刑事課強行犯係安積班の活躍を描く小説で、班長の安積警部補を中心に個性豊かなメンバーそれぞれの活動を描き出す、人気シリーズ。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ ( 吉川 英梨 )
警視庁鑑識課に勤める原麻希は、かつての上司の戸倉加奈子と共にそれぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。そこにはかつて壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。

関連リンク

今月のプラチナ本 2011年10月号『アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子』 深町秋生
冷酷で暴力的、誰もが認める美貌を持つ女・八神瑛子。警視庁上野署組織犯罪対策課に勤める彼女は、3年前に最愛の夫を亡くし、身籠った娘を流産した過去をもつ。
正義って何だ。叫びながら深町は槌(つち)を振り下ろす | レビュー | Book Bang
深町秋生がついに自分の書くべき正義を発見した。新作長篇『地獄の犬たち』はそういう小説だ。社会の各階層で起きるさまざまな歪みに犯罪という切り口から光を当てることが犯罪小説の本質だが、その中では二つの大切な主題が扱われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です