今野 敏

姫川玲子シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは ノーマンズランド [ 誉田哲也 ] へ。


またしても同僚の殉職を経験し、心身に疲弊の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起こった若い女性の殺人事件捜査本部。心機一転、捜査に集中する玲子だったが、すぐに行き詰まってしまう。有力な被疑者がすでに別の所轄に逮捕されており、情報が流れてこないのだ。玲子は、あらゆる伝手をたどり、事件の全体像を探りはじめるが…。(「内容紹介」より)

姫川玲子シリーズ第九弾の長編推理小説です。

 

葛飾署管内で起きた長井祐子殺しの現場から取れた指紋の主である大村敏彦は、サクマケンジ(佐久間健司)殺害の容疑で本所署に留置されていた。しかし、知能犯担当が取り調べを行うなど、何か不審なものがあった。

そこで、本所署の事件の裏を探る姫川は、本所署の事件に隠された、北の工作員による拉致事件まで絡んだ事実を探り出すのだった。

 

今、最も面白いエンターテインメント小説を書かれる作家のひとりである誉田哲也の大ヒットシリーズです。

本作では特に姫川玲子の魅力が満載でした。前作の『硝子の太陽R』という作品も非常に面白く読んだのですが、本作品も同じように読み始めたら手放すことを困難に感じるほどにのめり込みました

特に、会話文の最後に一言付けくわえられている地の文の心の声が、人物描写に実に効果的なのです。何かとおちゃらける相手との会話の最後の“黙って聞け”などの一言が、小気味よく響きます。

 

本書では登場人物の性格付けが少しずつ変化してきています。というか、より明確になってきているというほうがいいのかもしれません。

その一つとして、前の統括主任で殉職した林に変わり登場した日下警部補が、姫川にとっては自分とは相容れない男として反感すら感じていたものが、あたかも林のような庇護者的な立ち位置へと変わってきていることがあります。

また、姫川を常に想い、守ってきた菊田和男警部補が、結婚してから自分の妻の扱いに困る男になっていることや、もと姫川班でいまは勝俣警部補のもとにいる葉山則之巡査部長が、それなりに逞しく育ってきていることなどもそうでしょう。

 

また特徴的な事柄としては、これまで語られることのなかった勝俣刑事の来歴が明確にされています。

そのすべてでは無いにしても、日本の権力の中枢部分につながるその背景は、このシリーズ全体の構成にも関わってくるのではないかと思われ、非常に興味深い設定になっています。

もともと勝俣というキャラクターは、その強烈なアクの強さと共に、時折見せるなかすかな人情味が魅力的だったのですが、そのキャラクターにより一層の深みを持たせているのです。

 

本書ではまた、魅力的に育ちそうなキャラクターが新たに登場します。それが東京地方検察庁公判部所属の武見諒太検事です。

「大きいけれど多少はかわいげのある上品な部類に入るシェパードのようなタイプ。それが、あるスイッチが入ると筋肉質で、獰猛で容赦がなく、俊敏で直線的という印象の軍用犬ドーベルマンに近い。」と描かれているそのキャラクターは、姫川の新たな恋の対象となるな可能性を秘めた人物像として描かれていて、目が離せません。

 

本書には時系列の異なる三つの流れがあります。一つは本筋である姫川玲子の事件捜査の流れです。もう一つは、三十年前から始まるある高校生の純愛の物語です。そして最後は、あのガンテツこと勝俣健作警部補の裏の顔につながる流れです。

これらの三本の流れが伏線となり、最終的に一本の物語となる過程で回収されていき、それぞれの話の本当の意味が判明するのです。

決して目新しい構造ではなく、それどころかこの作者ではわりとよく見られる構造ではあるのですが、それでもなおうまいとしか言えない物語の運びになっています。

 

今のりに乗っている誉田哲也という作家の作品です。これからはもう少し間隔を狭めた出版が期待できそうなことも発言しています。楽しみに待ちたいものです。

[投稿日]2018年05月04日  [最終更新日]2018年5月4日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
安積班シリーズ ( 今野 敏 )
東京湾臨海署の刑事課強行犯係安積班の活躍を描く小説で、班長の安積警部補を中心に個性豊かなメンバーそれぞれの活動を描き出す、人気シリーズ。
半落ち ( 横山 秀夫 )
妻を殺害した警察官である主人公の梶は、自首はしてきましたが、妻を殺害後自首までの二日間の行動については語ろうとしません。彼は何故に全てを語ろうとはしないのか。一大ベストセラーとなった作品です。
孤狼の血 ( 柚月 裕子 )
菅原文太主演の映画『仁義なき戦い』を思い出させる、ヤクザの交わす小気味いい広島弁が飛び交う小説です。それでいてヤクザものではない、警察小説なのです。この手の暴力団ものが嫌いな人には最も嫌われるタイプの本かもしれません。
制服捜査 ( 佐々木 譲 )
札幌で刑事として長年勤務していた川久保篤巡査部長が、十勝の田舎の駐在さんになり、さまざまな事件を解決する、かなり読み応えのある小説です。

関連リンク

誉田哲也 姫川玲子シリーズ最新作『ノーマンズランド』 特設サイト
またしても同僚の殉職を経験し、心身に疲弊の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起こった若い女性の殺人事件捜査本部。心機一転、捜査に集中する玲子だったが、すぐに行き詰まってしまう。
『ノーマンズランド』刊行記念インタビュー 誉田哲也 | インタビュー
姫川玲子(ひめかわれいこ)シリーズ九作目となる『ノーマンズランド』は、〈ジウ〉サーガとのコラボで大きな話題となった前作『硝子の太陽R』に続いて、複雑な背景を持った難事件に玲子が挑む、重厚な一作となった。
「ノーマンズランド」誉田哲也著|日刊ゲンダイDIGITAL
主人公は、親しくなった人が次々と亡くなることから「捜査一課の死神」という異名をつけられている姫川玲子。7カ月前の「祖師谷二丁目母子三人強盗殺人事件」の捜査中に殉職した前統括主任・林のことがいまだ頭から離れず、立ち直れないでいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です