佐々木 譲

イラスト1
Pocket

文庫

角川春樹事務所

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 笑う警官 (ハルキ文庫) [ 佐々木譲 ] へ。


北海道警察シリーズ』とは

 

実際に北海道で起きた不祥事である稲葉事件や裏金事件をベースに組織体個人という構図で書かれた、北海道警察を舞台とする警察小説です。

ただ、この項を書いた時点で読んだ第四作では組織体個人という構図が揺らいできているので、その後の展開がどのようになるか、あらためて書き直したいと思います。

 

北海道警察シリーズ』の作品

 

 

北海道警察シリーズ』について

 

本『北海道警察シリーズ』第一作の『笑う警官(「うたう警官」改題)』がまずあり、それが好評だったのでシリーズ化されたのではないかと思われます。

それほどに第一作の衝撃は強く、登場人物たちに魅力があります。

まだシリーズ全部を読み終えていないので明言できませんが、最新刊の『雪に撃つ』の内容紹介を読む限り、登場人物には変化がないように思えます。

つまり本『北海道警察シリーズ』の主人公は、シリーズ第一弾の『笑う警官』で北海道警察の不祥事について道議会の百条委員会で証言した津久井卓巡査部長や、その津久井の無実を信じて救出に動いた佐伯宏一警部補と言えるでしょう。

その他の登場人物としては佐伯の部下である新宮昌樹巡査部長、そしてコンピューター操作に長け、剣道の有段者でもある小島百合巡査を挙げるべきだと思われます。

 

 

ここで北海道警察の不祥事とは、現実に起きた北海道警察での「稲葉事件」や裏金事件で、本シリーズ内では「郡司事件」と呼ばれている事件や道警の裏金事件などの不祥事のことです( 北海道警裏金事件 / 稲葉事件: 参照 )。

現実の「稲葉事件」に関してはこの事件を参考に「日本で一番悪い奴ら」というタイトルで映画化もされています。

 

 

さらには、第一作の『笑う警官』を原作としてタイトルも「笑う警官」そのままに、佐伯を大森南朋、津久井を宮迫博之が演じて映画化されています。

 

 

この『北海道警察シリーズ』第一作『笑う警官』が『うたう警官』というタイトルで 2004年12月に刊行され、2020年12月には最新刊の『雪に撃つ』が刊行されている超人気シリーズとなっています。

[投稿日]2022年01月28日  [最終更新日]2022年9月11日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

隠蔽捜査シリーズ ( 今野 敏 )
正論を正論として生き抜くキャリアが主人公です。
新宿鮫シリーズ ( 大沢 在昌 )
「新宿鮫」シリーズは、キャリアでありながら第一線で捜査活動を行う新宿署の鮫島警部の活躍が描かれます。シリーズ三作目の『無間人形』で直木賞を受賞しています。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
安積班シリーズ ( 今野 敏 )
東京湾臨海署の刑事課強行犯係安積班の活躍を描く小説で、班長の安積警部補を中心に個性豊かなメンバーそれぞれの活動を描き出す、人気シリーズ。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。

関連リンク

佐々木譲/北海道警察シリーズ
著者の出身地である北海道という特色ある地域社会の現在を魅力的に描く社会派警察小説
佐々木譲「密売人」書評 四つの事件がつなぐ警察の暗部
10月の北海道で、ほぼ同時期に3つの死体が発見された。また、女子児童が連れ去られる事件も起きる。次に自分の協力者が狙われると直感した佐伯警部補は、ひとり裏捜査を始めるが……
ネットと文芸・インタビュー編
作家・佐々木譲さんが語る国際情報サイトと冒険小説の親和性
昭和から平成へ――クロニクルとしての警察小説
記憶の中には、もはや時や場所も判然としないほどにぼやけてしまった景色がある。ある日の午後、だらだらと続く坂を歩いているときに見た、眼下の屋根の連なり。
佐々木譲サスペンス「北海道警察3 人質」 - TBSテレビ
財前直見主演。直木賞作家・佐々木譲の人気小説「道警シリーズ」をドラマ化した「北海道警察」の第3弾。北海道警察大通署を舞台に、財前演じる生活安全課の小島百合巡査部長が奔走する。
佐々木譲サスペンス「北海道警察2 笑う警官」 - TBSテレビ
財前直見主演。直木賞作家・佐々木譲の人気小説「道警シリーズ」をドラマ化した「北海道警察」の第2弾。警察組織の暗部と戦うため、財前演じる北海道警察大通署生活安全課の小島百合巡査部長が奔走する。
笑う警官 作品情報 - 映画の時間
札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見された。まもなく被害者の元交際相手の巡査部長・津久井に容疑が掛けられ、さらに異例の射殺命令までも下される。
大森南朋「監督と一緒に、人間ドラマをしっかり作った」 『笑う警官』舞台挨拶
累計販売部数100万部を超える、警察小説の金字塔「道警シリーズ」の第1作「笑う警官」を原作に、映画界のカリスマ・角川春樹が12年ぶりにメガホンを取った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。