野口 卓

イラスト1
Pocket

文庫

祥伝社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


野口卓という作家で検索すると、いずれをみても藤沢周平を思わせる、との文言があります。確かに、物語の設定や、抒情感あふれる情景描写など、藤沢周平作品との共通点が随所に見られます。ただ、これもどの文章でも触れられていることなのですが、藤沢作品の二番煎じではなく、全く独自の小説世界を構築されているのです。

何といっても、まずは本書の特色として「軍鶏」を取り上げるべきでしょうか。もとはタイから伝わった品種らしく、シャモという読みはタイの旧国名シャムに由来するそうです。爾後、闘鶏、食肉、鑑賞目的に品種改良が行われてきたとありました。(出典:ウィキペディア

藤沢作品には有名な海坂藩の物語がありますが、『軍鶏侍』シリーズでは園瀬藩が舞台となっています。この園瀬藩の描写は自分が幼い頃に夏の間だけ住んだ祖父の居た田舎の風景を思い出させる、素晴らしいものがあります。そして海坂藩は北国の庄内地方がモデルであるのに対し、園瀬藩は南国の徳島県をモデルにしていると思われます。

というのも、「阿波踊り」を思わせる「盆踊り」を以降の物語展開で重要なモチーフとして使っているのです。それが明らかなのは本シリーズ第六弾でシリーズ初の長編である『危機』であり、本シリーズの外伝である『遊び奉行』です。この二冊での「盆踊り」に対する力の入れようはかなりのもので、徳島市生まれである著者の郷土への愛情がうかがえます。

本シリーズの主人公の岩倉源太夫は、『軍鶏』の戦いを見ていて思いついたという「蹴殺し」という秘剣を持っています。この秘剣も、藤沢作品にも見られるところですが、本書の場合、この秘剣をもって戦いに臨み勝ち抜いていく、という剣の使い手としての源太夫の他に、「秘剣」という技をつかうことの意味を自分の弟子たちに教えていく、という側面があります。

佐伯 泰英の『居眠り磐音江戸双紙シリーズ』でも道場の弟子たちの成長が語られていますが、本シリーズでも第一巻の「夏の終わり」や第三巻の「巣立ち」に出てくる大村圭二郎や、第二巻の「青田風」、第五巻の「ふたたびの園瀬」に出てくる東野才二郎と園の物語など、幾人もの弟子たちの成長譚が語られています。

更なるサイドストーリーとして自分が殺した男の子を我が子として育てたり、園瀬藩の政争への関与など、時代小説の面白さが凝縮していると言っていいのではないでしょうか。もちろん、それはそれだけの面白さを醸し出す文章の力があってのことです。

忘れてならないのは、岩倉源太夫に使える下僕の権助の存在です。源太夫に「何者だ」と思わせるほどの物知りであり、何かにつけて源太夫を助けます。また、後添えとして途中から登場するみつも、源太夫をそっと支える夫人として存在感があります。他にも池田盤晴を始めとする源太夫の友人たちなど、この小説に登場するさまざまな人物たちの造形は素晴らしく、物語の世界で生き生きと動きまわっているのを感じます。

このように、本書は剣の使い手としての岩倉源太夫の面白さの他に、源太夫の家族や、岩倉源太夫が剣を教える道場の弟子たちの成長の物語、そして源太夫が仕える藩の政争に絡む物語と、多彩な側面を持っているのです。

情感豊かに描かれる園瀬の自然にひたりながら、源太夫の弟子たちの成長を見守りつつ、源太夫自身の立ち回りに血を沸かせ、夏には「盆踊り」を堪能する。そうした心豊かに小説を楽しむことができる、もってこいの一冊だと思います。

軍鶏侍シリーズ(2016年02月03日現在)

  1. 軍鶏侍
  2. 獺祭
  3. 飛翔
  1. 水を出る
  2. ふたたびの園瀬
  3. 危機
  1. 遊び奉行 番外編
[投稿日]2016年02月05日  [最終更新日]2016年11月12日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの時代小説

痛快時代小説から詩情を漂わせる時代小説まで、さまざまな顔を持つ『軍鶏侍』シリーズに合わせて挙げてみました。
居眠り磐音江戸双紙シリーズ ( 佐伯 泰英 )
佐伯泰英作品の中でも一番の人気シリーズで、平成の大ベストセラーだそうです。途中から物語の雰囲気が変わり、当初ほどの面白さはなくなりましたが、それでもなお面白い小説です。
酔いどれ小籐次留書シリーズ ( 佐伯 泰英 )
主人公とそれを取り巻く人情味あふれる人達、それに主人公を支える実力を備えた商人、加えて幕府の中枢につながる実力者といったお定まりの人々が主人公を中心として様々な問題を解決していく。
三屋清左衛門残日録 ( 藤沢 周平 )
引退したとある藩の元用人が藩の紛争に巻き込まれていく物語。藤沢周平の代表作の一つなのですが、定評のある情景描写と共に主人公の生き方が心を打ちます。
武家用心集 ( 乙川 優三郎 )
武家社会でのしがらみに捉われている侍の、生きることの意味を問うている短編集で、第10回中山義秀文学賞を受賞しています。非常に丁寧な文章で、登場人物の内面を静かに説き起こすような、心に直接語りかけてくるような作品を書かれる作家さんです。
蜩の記 ( 葉室 麟 )
10年後の切腹を受け入れ、そのことを前提に藩譜を記す日々を送る戸田秋谷と若き侍檀野庄三郎の物語で、清冽な文章が、潔い武士の生き様を描き出しています。第146回直木賞を受賞しました。
月凍てる: 人情江戸彩時記 ( 藤原 緋沙子 )
結界としての川であり、坂であって、結界を越えることにより変化が生じ、ドラマが生まれるという藤原緋沙子氏の言葉の通りの物語が綴られた短編集です。
本

関連リンク

トークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」
今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です