野口 卓

軍鶏侍シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 獺祭 [ 野口卓 ] へ。


逆恨みから闇討ちを受け、果たし合いまで申し込まれた岩倉源太夫。秘剣・蹴殺しで敵を倒し、その技を弟子たちに見せたのだが…。その教えぶりを碁敵の和尚は、獺祭のようだと評した(「獺祭」より)。緑美しき南国・園瀬を舞台に、軍鶏侍・源太夫が、侍として峻烈に生き、剣の師として弟子たちの成長に悩み、温かく見守る姿を描いた傑作時代小説。待望の第二弾。(「BOOK」データベースより)

『軍鶏侍』シリーズの第二弾です。第一作目の『軍鶏侍』は、そのストーリーでも、また情景や心情の描写力においても、久しぶりに良書に出会えたと感じた小説でした。本書でもその印象は変わらず、更にこの物語に出会えたことがうれしくなった作品でした。前作と同様に四編の作品からなる短編集です。

「獺祭(だっさい)」
獺祭とは、「カワウソが自分のとった魚を並べること。」だそうで、つまりは「手持ちの札をすべて並べて見せる」ことであり、碁仇である正願寺の恵海和尚から言われた言葉です。前作で秘剣「蹴殺し」を使い、武尾福太郎などの武芸者を倒したことが世に広まり、源太夫の道場も盛況になります。反面、他の道場の妬みをうけるようになり、中には源太夫を闇討ちしようとする輩も出てきます。源太夫はその立ち合いに弟子の中から有望な二人に「蹴殺し」を見せ、秘剣ではなくしようとするのです。と同時に、弟子たちの成長をも図ろうとします。

「軍鶏(しゃも)と矮鶏(ちゃぼ)」
軍鶏の卵を孵化させる方途として、軍鶏の卵を矮鶏に温めさせ孵化させるのが一般だそうです。源太夫は、太物問屋の結城屋の隠居である惣兵衛という軍鶏仲間と共に、美しい軍鶏を育てることに熱中します。そこに、源太夫の道場に通う森正造という九歳の少年の画才を見出した源太夫は、何とか正造を画の道に進めようとするのですが。正造の父森伝四郎はそれを許しません。その訳は意外なところにありました。

「岐路」
源太夫は、前作の「沈める鐘」で描かれた、源太夫が討ち果たした、源太夫の今の妻みつの前夫立川彦蔵の月命日には、彦蔵に殺された彦蔵の後妻の弟である狭間銕之丞を墓参に連れて行っていた。その折に銕之丞は古くからの知己らしいひとりの娘と出会い、想いを寄せあっているようであった。また、同じく源太夫の弟子のひとりである田貝忠吾が、どうも女性の絡んだ事柄で屈託を抱えているらしく生彩を欠いているのも気になっていたが、朴念仁の源太夫にはどちらも手に余る事柄だった。

「青田風」
前作の第一話「軍鶏侍」で、源太夫は親友であった秋山精十郎を討ち果たしたが、彼には一人娘がおり、今では娘の母親の面倒を見ていた湯島の勝五郎という顔役のもとで勝五郎を父として元気に育っていた。その娘が勝五郎とともに園瀬に来る。その裏には秋山精十郎を嫌いぬいていた兄で、父の名を継いだ秋山勢右衛門の存在があった。

冒頭にも書いたように、このシリーズは文章も物語の構成も見事に私の好みに合致した物語です。このごろの時代小説の中では青山文平氏の作品をベストだと思っているのですが、その青山氏の作品に負けない面白さを持っていると感じています。他にも読み応えのある時代小説が数多く出てきてはいるのですが、このシリーズに勝るものは無いと思っています。

[投稿日]2016年10月22日  [最終更新日]2016年10月24日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

ちょっと視点を変えて、めっぽう剣の腕が経つ主人公が活躍する活劇小説を集めてみました。
吉原御免状 ( 隆慶一郎 )
色里吉原を舞台に神君徳川家康が書いたといわれる神君御免状を巡り、宮本武蔵に肥後で鍛えられた松永誠一郎が、裏柳生を相手に活躍する波乱万丈の物語です。
夜叉萬同心シリーズ ( 辻堂 魁 )
北町奉行所隠密廻り同心である萬七蔵(よろずななぞう)は、一刀流の免許皆伝という腕前を買われ、奉行直属の隠密御用を命じられている「殺しのライセンス」を持つ同心です。
用心棒日月抄 ( 藤沢周平 )
青江又八郎は藩の政争に巻き込まれ、脱藩せざるを得なくなり、江戸へと逃亡する。用心棒稼業で暮らしながらも追手との戦いも待ち受けるのだった。
はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・・。他にも剣客春秋シリーズ ●●●など、面白い作品がたくさんです。
三田村元八郎シリーズ ( 上田 秀人 )
大岡越前守忠相の密命を受けた、元定町廻り同心の三田村元八郎が将軍継承に関わる陰謀に立ち向かう重厚な筆致のエンターテインメント小説です。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です