大沢 在昌

新宿鮫シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 暗約領域 新宿鮫? [ 大沢在昌 ] へ。


信頼する上司・桃井が死に、恋人・晶と別れた新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、孤独の中、捜査に没入していた。北新宿のヤミ民泊で男の銃殺死体を発見した鮫島に新上司・阿坂景子は、単独捜査をやめ、新人刑事・矢崎と組むことを命じる。一方、国際的犯罪者・陸永昌は、友人の死を知って来日する。友人とは、ヤミ民泊で殺された男だった―。冒頭から一気に読者を引き込む展開、脇役まで魅力的なキャラクター造形、痺れるセリフ、感動的なエピソードを注ぎ込んだ、八年ぶりのシリーズ最新作は、著者のミステリー&エンターテインメント作家としての最高到達点となった!(「BOOK」データベースより)

 

新宿鮫シリーズの第十一巻目となる長編のハードボイルドチックな警察小説であって、新刊書で七百頁を超えるという大作です。

 

前巻『絆回廊』で大切な二人を失った鮫島の、新しい立場での活躍が描かれています。

前巻での意外過ぎる展開を受けての続巻であり、前巻を読み逃したまま本書を読んだ私としては、少なくとも前巻を読んでからのほうがよかったか、とも思っています。勿論、未読でも十分に面白い物語です。

また、シリーズを読むのが久しぶりだったためなのか、シリーズの初めに感じていた、鮫島という孤高の刑事を描いたハードボイルドという印象が薄くなっているとも感じました。

 

今回の物語は、外国人相手の違法薬物の取引が行われているというタレコミにより鮫島が設置したヤミ民泊の取引現場の録画映像に、殺人の現場が映っていたことから捜査が始まります。

発見された死体は身元の手掛かりすらなく、捜査は壁に突き当たりますが、そこに田島組というヤクザが絡んでいることを知ります。

さらには、前巻『絆回廊』で鮫島の命を狙い失敗した陸永昌、別名樫原等や公安の香田もまた鮫島の前に現れるのでした。

 

 

前巻では鮫島のよき理解者であった桃井課長を亡くし、とも別れるという大きな変動がありました。

その鮫島が本書では、基本こそ大事だという新任の課長の阿坂景子に戸惑いつつ、この阿坂課長から刑事は二人組での行動が原則だからと、新任の相棒の矢崎と組まされてもいます。

単独での行動の中にこそ魅力があった鮫島が、自分の行動が相棒にとって不利益になるかもしれないと考えるなど、行動を自制せざるを得ない状況にあります。

そうしたことがこれまでの鮫島と異なる印象を持った理由だとすれば、作者の意図の通りであり、その点を疑問に思った私こそが読み込みが足りないことになりそうです。

 

しかしながら、そうした事情を汲んだうえでもなお組織に対する、もしくは仲間という存在に対する鮫島の考えがこれまでとは異なる感じはあります。

本書のストーリーが、例えば 今野敏の描く『隠蔽捜査シリーズ』や、 誉田哲也の描く『姫川玲子シリーズ』のように、チームとしての捜査の過程自体を描き出す警察小説と似た印象をうけたのです。

 

 

チームとしての捜査陣が活躍する物語とは異なるはずなのにそう感じるということは、孤高を保ってきた鮫島の、“仲間”を守るというこれまでにはない感情が前面に出ていることから来るのではないかと思われます。

“仲間”という観点からすると、数少ない鮫島の理解者である鑑識の藪との共同での張り込みというこれまでにない状況もあります。

と同時に、本来は敵対するはずの田島組の浜川との情報の交換、香田との奇妙な連携などが織り込まれているところからも来ているのかもしれません。

本来は晶という最大の理解者との別れを経た鮫島は、より孤独に、先鋭的になると思われるのですが、少なくとも本書ではその逆を行っているとも言えるのです。

 

ともあれ、前作『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』の出版から八年が経っています。個人的にはその前の『狼花(おおかみばな) 新宿鮫Ⅸ』以来の十三年ぶりの新宿鮫になります。

七百頁を超えるという長さの物語のため少々長すぎないかという思いはあり、また鮫島の印象の変貌もあるものの、やはり面白い作品であることは間違いありませんでした。

鮫島の今後の活躍をなお期待したいと思います。

[投稿日]2020年01月07日  [最終更新日]2020年1月7日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

隠蔽捜査シリーズ ( 今野 敏 )
正論を正論として生き抜くキャリアが主人公です。
制服捜査 ( 佐々木 譲 )
札幌で刑事として長年勤務していた川久保篤巡査部長が、十勝の田舎の駐在さんになり、さまざまな事件を解決する、かなり読み応えのある小説です。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
安積班シリーズ ( 今野 敏 )
東京湾臨海署の刑事課強行犯係安積班の活躍を描く小説で、班長の安積警部補を中心に個性豊かなメンバーそれぞれの活動を描き出す、人気シリーズ。
孤狼の血 ( 柚月 裕子 )
菅原文太主演の映画『仁義なき戦い』を思い出させる、ヤクザの交わす小気味いい広島弁が飛び交う小説です。それでいてヤクザものではない、警察小説なのです。この手の暴力団ものが嫌いな人には最も嫌われるタイプの本かもしれません。

関連リンク

『暗約領域 新宿鮫Ⅺ』特設サイト|「新宿鮫」最新作|大沢在昌
八年前『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』をだしたときに、続篇を書くことは決めていた。が、どう書くかに迷っていた。失ったものを取り戻すことはできない。 だからといって前に進まなければ、鮫島ではない。本作で答えは見つかった、そう思っている。
大沢在昌 | 『大極宮』公式ホームページ
大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき公式ホームページ<『大極宮』/dd>
「新宿鮫」8年ぶり新刊 大沢在昌さん、現代社会の闇に焦点 - 産経
人気警察小説「新宿鮫」シリーズの最新刊「新宿鮫XI 暗約領域」(光文社)が20日に刊行されるのを記念し、作者の大沢在昌さん(63)が19日、同シリーズの主な舞台でもある東京・新宿で報道陣の取材に応じた。
大沢在昌「本作で答えは見つかった」 「新宿鮫」シリーズ8年ぶりの新刊で新展開へ
11月26日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 文芸書第1位は『暗約領域 新宿鮫XI』が獲得した。第2位は『人間』。第3位は『とあるおっさんのVRMMO活動記(20)』となった。
「新宿鮫」あす8年ぶり新刊 大沢在昌さん、現代社会の闇に焦点
人気警察小説「新宿鮫」シリーズの最新刊「新宿鮫XI 暗約領域」(光文社)が20日に刊行されるのを記念し、作者の大沢在昌さん(63)が19日、同シリーズの主な舞台でもある東京・新宿で報道陣の取材に応じた。
新宿鮫が帰ってきた! 深い喪失感を湛えたハードボイルド
8年ぶりとなる、人気のハードボイルド・ミステリー「新宿鮫」シリーズの第11作。一度喰らいついたら離れない、ヤクザも恐れる「新宿鮫」こと、鮫島刑事が帰ってきた。
大沢在昌ロングインタビュー 警察小説で組織の中の『個』や『孤』を描く
今の警察小説というものは、組織小説であることが多いんですね。例えば、今野さん(大沢注:今野敏さん昨日も一緒に飲んでいました)の小説で言うと、犯罪捜査小説であると同時に、ある種のサラリーマン小説であると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です