大沢 在昌

イラスト1
Pocket

文庫

角川書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 天使の牙(上) (角川文庫) [ 大沢在昌 ] へ。


明日香シリーズ(2018年10月21日現在)

  1. 天使の牙
  2. 天使の爪

覚醒剤に替わり、日本全土を脅かす新型麻薬アフター・バーナー。その元締「クライン」を牛耳る独裁者・君国辰郎の愛人神崎はつみが逃亡した。はつみは組織内部のことを知りつくしていた。そのはつみが警察に保護を求めてきたのだ。連絡を受けた保安二課長・芦田は、「クライン」壊滅の切り札として護衛・移送することを決める。この極秘指令を受けた男まさりの女刑事明日香は、はつみとホテルで接触するが、ヘリからの銃撃を受け二人は瀕死の重体に。だが、奇跡は起こったー!!冒険小説の新しい可能性に挑戦したノンストップ・アクション。(上巻 : 「BOOK」データベースより)

犯罪組織「クライン」の独裁者君国の愛人はつみの身体と、女刑事明日香の精神を持つアスカは、己だけを信じて決死の囮を演じていた。組織は警察内部の通報者を使い、次々と殺戮の罠を仕掛けてくる。アスカを守るのは、明日香の元恋人・仁王こと古芳ひとり。だが、古芳はアスカの精神が明日香であることを知らない。一方、アスカは古芳が組織の内通者である疑いを捨てきれない。不協和音が生じた二人にさらなる刺客が…!!息もつかせぬアクション、巧みな構成、想像を絶する展開。感動と興奮を呼ぶエンターテインメントの真髄。(上巻 : 「BOOK」データベースより)

 

まず設定がすごい。なにせ、女主人公明日香が一旦殺されかけたところを、脳移植を受けてよみがえるのですから。

ただ、前提としてこの脳移植という荒唐無稽な話を受け入れないとこの物語は成立しません。ですから、その点が気になる人にはお勧めできません。その点を問題なく受け止められる人にはお勧めです。

そうした荒唐無稽な設定の主人公が内面の葛藤を抱えたまま、アクションが始まります。

 

ハードボイルドと言って良のでしょうか。それよりもアクション小説と言い切った方が良いでしょう。

ハードボイルドの定義は良く分かりませんが、タフな主人公の行動を客観的に描写する文章作法を言うのだとすれば、本書は明日香に肩入れしているようでちょっとニュアンスが違うような気がします。

 

でも、そんなことはどうでもいいことで、問題は小説として面白いかどうかです。そして、その点では何も問題はありません。

面白いです。お勧めです。

[投稿日]2015年04月23日  [最終更新日]2018年10月21日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

土漠の花 ( 月村 了衛 )
ソマリアの国境付近で、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。その野営地に、氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んだとき、壮絶な撤退戦の幕があがった。
ガンルージュ ( 月村 了衛 )
韓国の大物工作員キル・ホグンが日本で韓国要人の拉致作戦を実行した際に、祐太朗は巻き込まれて人質となってしまう。祐太朗の母親で元公安の秋来律子は、ワケあり担任教師の渋矢美晴とバディを組み、息子の救出に挑む。
グレイヴディッガー ( 高野 和明 )
主人公八神俊彦というワルのある一夜の逃避行を描いた作品で、その疾走感は久しぶりに読みました。「」ジェノサイドは、2012年版の「このミステリーがすごい!」第一位を獲得した作品で、若干アクション性は控えめですが、スケール感は増大しています。ただ、若干の問題が・・・。
猫に知られるなかれ ( 深町 秋生 )
敗戦後の占領下での僅かな自由と尽きぬ貧困の中、日本の再独立と復興のため、国際謀略戦に対抗するべく、極秘裏に設立された組織があった。通称「CAT」…。ベストセラー作家が描く戦後占領下のスパイアクション。
鯱シリーズ ( 西村 寿行 )
仙石文蔵をリーダーとする天星、十樹、関根という四人の荒唐無稽なスーパーヒーローの活躍が爽快です。エロス満開ではありますが、アクション小説としても超一流だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です