今野 敏

継続捜査ゼミシリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 継続捜査ゼミ [ 今野 敏 ] へ。


元刑事、警察学校校長を最後に退官した小早川の再就職先は三宿女子大学。「刑事政策演習ゼミ」、別名「継続捜査ゼミ」を担当し、5人の女子大生と挑む課題は、公訴時効廃止後の未解決の殺人等重要事案。逃走経路すらわからない15年前の老夫婦殺人事件だった。警察小説の名手が贈る、新たなる捜査が始まる!(「BOOK」データベースより)

 

継続捜査ゼミシリーズの第一巻の長編推理小説です。

 

今回、継続捜査ゼミで取り上げられるのは十五年前に目黒署管内で起きた、老夫婦が居直り強盗に殺されたとみられている強盗殺人事件です。

学生たちは、ゼミのオブザーバとして加わっている目黒警察署の安斎幸助巡査部長が提供してくれた捜査資料を基に事案を検討していきます。

 

つまり、当時考えられた居直り強盗であるのならば、何故に犯人は夫妻を殺害する時間があるのならば逃亡しなかったのか、何故に昼間の時間帯であるにもかかわらず逃亡する犯人の目撃者がいないのか、などを学生たち自身の疑問をもとに綿密に検討していくのです。

学生たちはそれぞれに法律や薬学、歴史などの得意分野を有していて、その専門家はだしの知識をもとに推論を裏付けていきます。

 

そうした学生たちのゼミのテーマに対する討論とは別に、サブストーリーともいうべき別な事件も検討対象になります。

それは一つには小早川の同僚の竹芝教授の相談であり、全く身に覚えのない自分と学生とのホテルから出てくる写真についてのものでした。

さらに、学内で起きている運動靴の片方だけが盗まれる事件です。

これらの事件を小早川が中心となって学生らとともに解決していきます。

 

改めて考えるまでもなく、今野敏の小説は事案を単純化してある上に、登場人物の思考過程をさらりとした文章で表現してあるためか、非常に読みやすいものになっています。

例えば人気シリーズの一つである『安積班シリーズ』を見てもすぐにわかることですが、起きた事件の犯人を絞り込む安積の思考過程を簡潔に記してあり、その論理が分かりやすく素直に頭に入ってきます。それはすなわち王道の思考方法をとっているからでしょう。

正論を正論としてストレートに発言するのはこれまた人気シリーズの『隠蔽捜査シリーズの主人公竜崎ですが、この竜崎の思考方法の、論理を素直に考察する方法はほかの作品でもみられるところだと思います。本書もまた同様なのです。

 

そうしたわかりやすいロジックを素直な文章で描き出す今野敏の手法がはっきりと出ている作品だともいえると思います。

[投稿日]2019年01月14日  [最終更新日]2019年1月14日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

傍聞き ( 長岡 弘樹 )
長岡弘樹著の『傍聞き』は、四編の短編を収めた推理小説集です。どの物語もトリックのアイディアがユニークで、人物の心理をうまくついた仕掛けは、新鮮な驚きをもたらしてくれました。第61回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した作品でもあります。
新参者 ( 東野 圭吾 )
卒業―雪月花殺人ゲームを最初とする「加賀恭一郎シリーズ」は、この作家の「ガリレオシリーズ」と並ぶ超人気シリーズです。
半落ち ( 横山 秀夫 )
妻を殺害した警察官である主人公の梶は、自首はしてきましたが、妻を殺害後自首までの二日間の行動については語ろうとしません。彼は何故に全てを語ろうとはしないのか。一大ベストセラーとなった作品です。
尾根を渡る風 ( 笹本 稜平 )
『「山岳+警察」小説』というのが惹句にあった文句ですが、どちらかというと『春を背負って』に近い、ミステリーというよりは、人間ドラマメインの連作短編集です。自らの失態により、青梅警察署水根駐在所へと降格された元刑事の江波敦史の人情豊かな警察小説です。
女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ ( 吉川 英梨 )
警視庁鑑識課に勤める原麻希は、かつての上司の戸倉加奈子と共にそれぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。そこにはかつて壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。

関連リンク

今野敏「継続捜査ゼミ」特設サイト|講談社文庫
今野敏「継続捜査ゼミ」特設サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です