原作者 :: 浅田次郎

イラスト1
Pocket

DVD

堤真一/岡本綾

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [ 堤真一 ] へ。


直木賞作家・浅田次郎の同名小説を、堤真一主演で映画化。時空を超える旅の中で絆を再生する父子と、ある秘密を知ってしまう女の運命を描く感動作。会社の帰り道、突然昭和39年にタイムスリップした真次は、恋人・みち子と共に若き日の父と出会う。(「キネマ旬報社」データベースより)

 

原作よりも先にこの映画を見ていました。原作を読んで後この映画を振り返ってみると、原作の筋立てを可能な限り再現していたように思います。

 

映画を見ているときは戦後の闇市の場面が如何にもきれいで、古い雰囲気を出そうとしているセット然としているのが気になっていましたが、原作を読んだ今ではそういう演出だったのかとさえ思えてしまいます。原作を読んで惹かれた後の贔屓目なのでしょうか。

最後の問題の場面も違和感なく見ることが出来ており、主人公の堤真一が好きな役者さんだと言うこともあるのかもしれませんが、個人的にはかなり面白く、入り込んで見れたと思います。

[投稿日]2015年03月22日  [最終更新日]2018年12月14日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です