青山 文平

イラスト1
Pocket

文庫

角川春樹事務所

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 励み場 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 青山文平 ] へ。


青山文平著の本書『励み場』は、一人の最下級の農民である男が武家への身上がりを望み、励む姿を描いた、文庫本で270頁弱の長編時代小説です。

そしてまた、妻智恵の夫への想い、智恵の家族の智恵に対する思い、さらに智恵に対する夫信郎の想いをも見事に描き出した秀作でもあります。

 

智恵は、勘定所で普請役を務める夫・信郎と、下谷稲荷裏でつましくも幸せに暮らしていた。信郎は若くして石澤郡の山花陣屋元締め手代まで登りつめたが、真の武家になるため、三年前に夫婦で江戸に出てきたのだ。そんなある日、三度目の離縁をし、十行半の女になった姉の多喜が江戸上がりしてきた。一方、その頃、信郎は旗本の勘定から直々に命を受け、上本条付にひとり出向いていたが…。己の「励み場」とは何か?家族とは何か?―直木賞作家が描き切った渾身の長篇小説。(「BOOK」データベースより)

 

本書『励み場』は読了後は上質なミステリーを読んだようでもあります。それでいながら、青山文平のいつものテーマである「侍」の姿、そしてその妻が自らに正直生きる姿が示されているのです。

本書においては「名子」という存在が大きな位置を占めています。

本文において「江戸幕府開闢(かいびゃく)時に、武家の身分より領地をとって農民になった名主の、昔の家臣が『名子』」であるとの説明があるのですが、こうした存在は今まで全く知りませんでした。

 

そしてまた、徳川の代になって新たに開かれた田畑に入植してできた村か否かで新田村と本田村とに分かれるなどの説明があります。

このような村社会の成り立ち自体が本書では重要な意味を持っており、書名の『励み場』もこの社会構造に深くかかわってきます。

その上で「勘定所は、幕府の御役所の中で数少ない励み場である。」との一文が意味を持ってくるのです。

 

本書『励み場』の主人公としては、豪農の娘智恵とその夫笹森信郎ということになります。

また、智恵の姉である多喜も重要な位置を占めており、中心人物の一人として挙げることができるでしょう。

この姉多喜の妹知恵に対する呼びかけ方の変遷なども伏線としてあるところです。

笹森信郎が自分の人生をかけるに足る「励み場」を求めて呻吟する様は、読み手の心に深く刺さります。

 

それはつまり武士になることであり、そのために勘定奉行所の下役という今の仕事に励む信郎ですが、とある名主のもとに調査に出かけた折の会話など、人生そのものに深くかかわるものであり、信郎の生きかた自体に迫るものでもあります。

そして、その信郎を必死で支えようとする智恵は智恵で、ただひたすらに夫のことを考え続け、ある一歩を踏み出そうとし、その描写の緊張感はたまりません。

また、夫笹森信郎とその妻智恵、そして智恵の姉多喜と家族らの智恵に対する思いなど、夫婦同士の、そして家族の間のひたむきな思いやりは、読む者の心に少しの感動をもたらしてくれます。

 

これまでは青山文平の小説では『白樫の樹の下で』こそが一番の作品だと思ってきたのですが、本書『励み場』を読むに至りその考えも変わらざるを得ないようです。

研ぎ澄まされた雰囲気や文章の持つ美しさなどは、なお『白樫の樹の下で』のほうが勝っている、とは思うのですが、物語自体の奥行き、重みは『励み場』が勝ると思うのです。

 

 

他に侍を描き、心に残る作品としては少なくない数の作品があるのですが、中でも印象的だった作品としては、第146回直木賞を受賞した葉室麟の『蜩の記』があります。

数年後の切腹を控えていながら、静謐に生きる戸田秋谷とその家族の姿を描いたこの作品は、その硬質でありながら情感豊かな文章も含めて衝撃的でした。

 

 

また、既に古典とも言える作品として、山本周五郎の『樅ノ木は残った』があります。

これは、仙台藩伊達家でのお家騒動、いわゆる伊達騒動を描いた作品で、それまで悪人として描かれることの多かった原田甲斐を新たな視点で描きなおした作品です。

平幹次郎主演で、1970年のNHK大河ドラマになったことでも知られています。新潮文庫では全三巻として出版されています。

 

本書『励み場』は、これらの作品にも勝るとも劣らない作品だと思っています。

私は、青山文平という作家は現在の時代小説では一番好きな作家さんの一人だと思っているのですが、本書をよんでさらにその思いは強くなりました。

今後の作品をさらに期待したいものです。

[投稿日]2017年07月01日  [最終更新日]2020年12月9日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの時代小説

じっくりと書きこまれた、読み応えのある作品の一部です。
蜩の記 ( 葉室 麟 )
10年後の切腹を受け入れ、そのことを前提に藩譜を記す日々を送る戸田秋谷と若き侍檀野庄三郎の物語で、清冽な文章が、潔い武士の生き様を描き出しています。第146回直木賞を受賞しました。
海坂藩大全 ( 藤沢 周平 )
藤沢周平作品によく登場する海坂藩を舞台にした物語を集めた作品集です。藤沢周平という作家も多くの名作を世に出されており、絞りにくいのですが、本書はいろいろな作品を収めており、紹介作品として挙げるのはおかしいかもしれません。
柳生兵庫助 ( 津本 陽 )
エンターテインメント性の強い作品です。文庫本で全6巻という長編ではありますが、尾張柳生家の祖である柳生兵庫助の生涯を描いた作品です。剣豪小説の中では忘れてはならない作品だと思います。
真剣 新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱 ( 海道 龍一朗 )
この作品もエンターテインメント性が強い作品で、剣豪を小説描いた小説ではベストにはいる面白さを持った作品です。
武田信玄 ( 新田次郎 )
大河ドラマ『武田信玄』の原作です。山岳小説で有名な新田次郎ですが、信玄の生涯を描いたこの作品は非常に読み応えがありました。ただ、歴史小説としては誤りがあるとの批判もあります。

関連リンク

【編集者のおすすめ】自分とは何か、人生とは何か 『励み場』青山文平
江戸の女性を魅力的に描いた『つまをめとらば』で、本年度上半期の直木賞を受賞された青山文平さんによる、受賞後第一長篇です。
「励み場」青山文平著 | 日刊ゲンダイDIGITAL
青山文平の小説は、いつも刺激的だ。本書は、飢饉からの復興に尽力した功労者の人選に異議を唱える名主が現れ、調査のためにその村まで、勘定所に勤める普請役の伸郎が出掛けていく話である。
「励み場」青山文平著 : J-CASTBOOKウォッチ
本年度上半期、江戸時代にたくましく生きる女性をいきいきと鮮やかに描いた『つまをめとらば』で第154回直木賞を受賞した著者による、受賞後、第一長篇。
『励み場』 (青山文平 著) | 今週の必読 - 週刊文春WEB
著者直木賞受賞後第一作の長編小説である。清々しい読後感を与えてくれた作品であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です