柚月 裕子

イラスト1
Pocket

新刊書

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 検事の信義 [ 柚月裕子 ] へ。


任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった…。(「信義を守る」)(「BOOK」データベースより)

 

柚月裕子著の『検事の信義』は、『佐方貞人シリーズ』の第四作目となる短編集です。

 

裁きを望む
窃盗で訴えられた男が途中から証言を翻し貰ったものだと言い始めた。調べると、被告人の証言は正当であり、担当検事の佐方は無罪求刑をするしかないのだった。

途中までは、この作家の描くミステリーとしては普通だと、“一事不再理”はドラマなどではよく耳にする法律用語でありこの点だけでも目新しさは感じない、などと思っていました。

しかし、作者の意図はその一歩先にあったようです。読み終えたときはさすがの柚月裕子だと感心することしきりの自分でした。

恨みを刻む
スナックのママからの情報で一人のヤクザ者が覚せい剤取締法違反で捕まり、佐方の担当となった。しかしその証言には疑義があり、調べるほどに被告人の罪があいまいになってくると同時に、地検には一件の告発状が届いていた。

普通の事件の情報の陰に隠された様々な思惑が交錯する物語です。

単純な覚醒剤事案だったはずが、最終的には思いもかけないところへと影響が広がり、佐方自身の、検察という職務に対する思いにまで至ります。

正義を質す
佐方貞人は、司法修習生時代の同期であり、現在広島地検勤務の木浦亨からの誘いを受けて宮島へとやってきていた。そこに広島高検の上杉義徳次席検事が訪ねてくる。木浦は婚約者に振られたため佐方を誘い、上杉には仲人を頼んでいたのだというのだ。しかし、・・・。

佐方貞人という検察官が職務上知った事実をきっかけに事件の謎を解くミステリー、という基本的な流れとは異なり、社会的存在としての検察という組織が抱える問題まで取り込んだ、社会性の強い物語になっています。

それは、検察の裏金問題であり、暴力団抗争にからむ広島県警の思惑でもあります。この物語には『孤狼の血』や『狂犬の眼』に登場する日岡秀一が少しだけ顔を出します。ファンにとって、こうした仕掛けにはたまらないものがあります。

当たり前のことだけれど、佐方はプライベートで動いていて増田事務官は登場しないので、この物語は普通の第三者の視点で語られています。

 

 

信義を守る
米崎市の西にある大里町で老女の死体が発見された。二時間後に老女の息子である道塚昌平が現場から五キロ離れた江南町で発見され、自分が殺したと自白した。しかし、佐方は昌平が発見されるまでの二時間が気になり、再捜査を願い出るのだった。ただ、この案件は米崎地検の矢口史郎という気難しいと評判のシニア検事が担当しており、必ずひと悶着が起きると思われる事案だった。

この物語は重い。介護の問題が主なテーマである以上は仕方のないところだとは思うのだけれど、それにしても辛い話でした。

作者としては介護の問題だけでは弱いと思い、検察内部の力学を持ち出してきたのでしょう。

個人的にはそちらをもう少し手厚く描いてほしい気もしましたが、そうすれば今度は物語の焦点がぼけるのではないかとも思われ、やはり素人の感想は素人でしかありませんでした。

 

本書の全体を貫いているのは、「罪はまっとうに裁かれなければならない。」という主人公の佐方貞人の信念です。その信念は検察庁としては納得しがたい問題判決という結果になろうとも貫かれます。

そしてその姿は、以前も書いたように、正論でありながらも現実の社会では通らない、“青い”と言われて終わりそうな主張を貫く痛快小説で描かれる姿と同様であり、爽快さを感じるのです。

個人的には『半沢直樹シリーズ』の勧善懲悪の物語と同じ構造だと感じ、更には著者の持つ登場人物の魅力を引き出す力量と合わせて、物語の魅力となっていると思います。

 

 

特に本書の場合、ミステリーとしての構成にうまくあてはまり、さらなる魅力となっています。

それにしてもこのシリーズは、いやこの作者の作品は私の波長と合う作品が多いと言えます。

[投稿日]2019年06月02日  [最終更新日]2019年6月2日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。
ジョーカー・ゲーム ( 柳 広司 )
五感と頭脳を極限まで駆使した、 命を賭けた「ゲーム」に生き残れ――。異能の精鋭たちによる、究極の"騙し合い"! 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門) 受賞作品。
真実の10メートル手前 ( 米澤 穂信 )
米澤穂信著の『真実の10メートル手前』は、フリージャーナリストの太刀洗万智という女性を主人公とした六編の物語が収められた短編推理小説集で、第155回直木賞候補になった作品です。
さよならドビュッシー ( 中山 七里 )
ドビュッシーの調べにのせて贈る音楽ミステリーです。十六歳の女の子香月遥は、祖父と従姉妹と共に火災に遭います。奇蹟的に一人助かった遙は、整形手術により顔も、声も取り戻し、再度ピアニストになるという夢に向かって進み始めるのです。
教場 ( 長岡 弘樹 )
警察小説というには少々語弊があり、警察学校小説というべきなのかもしれませんが、ミステリー小説として、警察学校内部に対するトリビア的興味は勿論、貼られた伏線が回収されていく様も見事です。

関連リンク

柚月裕子が挑んだ"佐方貞人"を書く難しさとその喜びとは 『検事の信義』発売
孤高の検事の男気と正義への執念を描く本シリーズは、『孤狼の血』とともに多くのファンが新作を待ちわびる人気作ですが、今回、刊行までに時間を要したのには、ある「2つの理由」があったのだそう。
『検事の信義』柚月裕子著 | レビュー | Book Bang -ブックバン-
「自分はまっとうに罪を裁かせる」。佐方が考える検事の責務に満ちた一冊だ。「正義を質(ただ)す」では映画化もされた著者の長編「孤狼の血」の日岡秀一巡査も登場し、ファン心をくすぐる。
「信念」それは組織の論理なんかでは揺るがないもの 多くの読者を魅了する検事を描く柚月裕子『検察の信義』
自分には「信念」がないな。さまざまな場面でそう思う。誰かに何かを強く主張されたとき、たいてい「そうだよね」と同意した後、自分の信念のなさに思い至って、軽く落ち込む。
いよいよ“その時”は近づいている……!? 佐方貞人シリーズ最新作『検事の信義』は、正義とはなにかの根幹を問いかける!
正義感をふりかざすのと、正義を遂行するのは違う。前者はやや主観的で、後者はより客観的だ。柚月裕子さんの小説で、検事・佐方貞人(さかたさだと)は常に「罪はまっとうに裁かれるべきだ」と主張し続けてきた。
まっとうに罪と向き合う男・佐方貞人が6年ぶりにカムバック! 検事の信義』柚月裕子インタビュー
上川隆也さん主演のドラマでも知られる「佐方貞人」シリーズ。その6年ぶりとなる待望の新作『検事の信義』がついに発売された。著者である柚月裕子さんにとっても、特別な意味をもつシリーズだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です