柚月 裕子

イラスト1
Pocket

文庫

徳間書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 朽ちないサクラ (徳間文庫) [ 柚月裕子 ] へ。


森口泉シリーズ』とは

 

本『森口泉シリーズ』は、警察の事務方やデータ分析班といった、通常の警察小説とは異なった職域を舞台とし、単なる犯人探しを越えたテーマを掲げたシリーズです。

つまり、本シリーズの主人公である森口泉は、シリーズ第一弾の『朽ちないサクラ』では県警広報課という事務方にいたのですが、第二弾の『月下のサクラ』では事務職を辞め、あらためて県警を受験し直して女性刑事となっています。

この『森口泉シリーズ』はまだ二巻しか出ておらず、そのうえ物語の舞台が移行しているので明言できませんが、基本的には一人の警察官が思う「正義」と、国家が抱える「正義」との相克を描いた作品だと思っています。

 

森口泉シリーズ』の作品

 

森口泉シリーズ(2021年08月26日現在)

  1. 朽ちないサクラ
  2. 月下のサクラ

 

森口泉シリーズ』について

 

本『森口泉シリーズ』は、各巻のタイトルからも分かるように、公安警察とのからみを軸に据えた警察小説です。

本当はここで「公安」という言葉を出すこと自体、ネタバレになるのではないかという危惧がありました。

しかし、ほとんどの読者は「サクラ」と「公安」との関連は知っているだろうということ、また、あこちのレビューで「公安」のことは既にさらされていることなどから書くことにしました。

 

作者の柚月裕子は、当初は第一弾の『朽ちないサクラ』だけで終わるつもりだったそうです。

そこに徳間書房から新作の声がかかったときに過去に徳間書房から出ていた『朽ちないサクラ』の森口泉を思い出し、森口泉を主人公とする第二弾として『月下のサクラ』を書いたとのことでした。

第一巻での森口泉は県警広報課に所属していたのですが、第二巻からは警察官となり、捜査支援分析センターの機動分析係に勤務する立場になっています。

事務方の無力を味わい「警察官になる」と宣言して終わった第一巻の終わりの言葉通りに、警察官になって戻ってきたことになります。

 

ここで、泉は受験からやり直して警察学校に入り直して警察官として採用されてとありましたが、しかし第一巻  でも警察学校へ行っていたはず、と思い調べてみました。

本シリーズのように事務方から警察官への転身について直接は書いてありませんでしたが、警察学校での期間や内容が異なるとありましたので、警察官用の試験をうけ、学校へ行き直す必要があると思われます。

 

あらためて柚月裕子という作家の作品をみると、その根底に「正義」という観念が常に存在しているように思えます。

特に『佐方貞人シリーズ』ではそれが顕著であり、柚月裕子という作家が思う「正義」を正面に掲げて物語が紡がれているように感じられます。

それはあの『孤狼の血シリーズ』でも同じで、ただ正面から掲げていないだけで主人公の大上章吾の信念に反映されているようです。

 

 

この『森口泉シリーズ』では、個々の警察官が普通に思う正義と、もう一方にある国家としての正義、個々人の生命・財産を犠牲にしても守られるべき国家存立のための正義との衝突を考えざるを得ません。

つまり、作者の柚月裕子は、その「正義」とは何かを常に追い求めていると思われるのです。

このシリーズが今後どのように展開していくものか、期待して待ちたいと思います。

[投稿日]2021年08月26日  [最終更新日]2021年8月26日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公としたおすすめの警察小説

凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。
姫川玲子シリーズ ( 誉田 哲也 )
「姫川玲子シリーズ」の一作目であり、警視庁捜査一課殺人犯捜査係の姫川玲子を中心に、刑事たちの活躍が描かれます。若干猟奇的な描写が入りますが、スピーディーな展開は面白いです。
女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ ( 吉川 英梨 )
警視庁鑑識課に勤める原麻希は、かつての上司の戸倉加奈子と共にそれぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。そこにはかつて壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。
アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 ( 深町 秋生 )
真相究明のためなら手段を選ばず、警視総監賞や方面本部賞を何度も受けている警視庁上野署組織犯罪対策課の美人刑事八神瑛子が躍動する、ジェットコースター警察小説。
刑事・雪平夏見シリーズ ( 秦 建日子 )
大酒飲みで、無駄に美人といわれている女性刑事を主人公とする警察小説です。本書は、篠原涼子主演でテレビドラマ化され人気を博した「アンフェア」の原作でもあります。

関連リンク

柚月裕子が語る、善悪の境の曖昧さ 「“何が正しいのだろう”という問いは延々と紡がれていく」
『朽ちないサクラ』から6年、シリーズ2作目の『月下のサクラ』が5月15日にリリースされた。主人公・森口泉は前作のラストの宣言通りに警察官になり生活を送っていた。
「孤狼の血」シリーズ、『盤上の向日葵』の柚月裕子が贈るノンストップ警察ミステリー!『月下のサクラ』5月15日(土)発売
事件現場で収集した情報を解析・プロファイリングし、解決へと導く機動分析係。森口泉は機動分析係を志望していたが実技試験に失敗。しかし、係長・黒瀬の強い推薦により、無事配属されることになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です