柚月 裕子

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 最後の証人(1) (角川文庫) [ 柚月裕子 ] へ。


佐方貞人シリーズ』とは

 

第一巻『最後の証人』こそ、ヤメ検である弁護士佐方貞人が活躍しますが、現時点(2021年8月29日)では第一巻以外は過去に戻り、未だ検事時代の佐方貞人を主人公とするミステリーです。

 

佐方貞人シリーズ』の作品

 

佐方貞人シリーズ(2021年08月29日現在)

  1. 最後の証人
  2. 検事の本懐
  3. 検事の死命
  1. 検事の信義

 

佐方貞人シリーズ』について

 

本『佐方貞人シリーズ』は、作者の柚月裕子の作品でもそうであるように、「正義」という言葉の持つ意味の多様性を前提としつつ、法曹界での「正義」を考察しているようです。

法曹界での「正義」とは言ってもそれはまた立場により異なるもので、本シリーズでは弁護士、そして検事それぞれの立場に立つ主人公がいます。

貞人は常に「罪はまっとうに裁かれなければいけない」という信念のもと行動しているのです。

 

それとは別に、主人公の佐方貞人は弁護士であった父親の佐方陽世が預かり金を横領したとして懲役二年の実刑判決を受け収監され、獄死するという過去を持っています。

この父親の存在が貞人の成長に大きな影響を与えているようです。

この父親のことについては『検事の本懐』と『検事の死命』という短編集の中で語られています。

 

また『佐方貞人シリーズ』の別の楽しみ方として、主人公が勤務する東京都内から北へ新幹線で2時間程のところにあるとされる米崎市はまた、『森口泉シリーズ』の舞台でもあるということが挙げられます。

いつの日にか佐方貞人と森口泉が、検事もしくは弁護士と刑事として同じ事件を担当することになるかもしれません。

その物語を待ちたいと思います。

[投稿日]2021年03月29日  [最終更新日]2021年8月29日
Pocket

関連リンク

柚月裕子が挑んだ"佐方貞人"を書く難しさとその喜びとは 『検事の信義』発売
累計40万部を突破した、柚月裕子さんの「佐方貞人」シリーズ。その6年ぶりの新刊『検事の信義』が、4月20日(土)に発売されました。
<『孤狼の血』映画化で話題の柚月裕子さんの代表作「佐方貞人」シリーズが、角川文庫から新装版として発売! /dt>
原作『孤狼の血』の映画公開で注目を集めている柚月裕子さん。その柚月さんの初期代表的作品「佐方貞人」シリーズが、新装版として角川文庫から刊行されることになりました。
柚月裕子さん『検事の信義』
『孤狼の血』や『盤上の向日葵』などで己の信じる道を進む男たちの命運を書き継いできた柚月裕子が作家デビュー10周年記念作品として、〈佐方貞人シリーズ〉の第四作『検事の信義』を発表した。
いよいよ“その時”は近づいている……!? 佐方貞人シリーズ最新作『検事の信義』は、正義とはなにかの根幹を問いかける!
正義感をふりかざすのと、正義を遂行するのは違う。前者はやや主観的で、後者はより客観的だ。柚月裕子さんの小説で、検事・佐方貞人(さかたさだと)は常に「罪はまっとうに裁かれるべきだ」と主張し続けてきた。
【刊行記念インタビュー】柚月裕子 孤高の検事・佐方貞人の男気と執念を描くリーガル・ミステリー。シリーズ最新作!
このほど六年ぶりに「佐方貞人」シリーズを刊行した柚月裕子さん。いま、柚月さんが興味を覚えているテーマをどのように作品化したのか。
ドラマスペシャル「検事・佐方~恨みを刻む~」 - テレビ
ドラマスペシャル「検事・佐方~恨みを刻む~」
ドラマスペシャル『検事・佐方~恨みを刻む~』2020年9月6日(日)よる9時放送!
“犯した罪は真っ当に裁かれなければならない!!”上川隆也が演じる“ブレない男”『検事・佐方』シリーズの第5弾!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です