大沢 在昌

アルバイト探偵シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは アルバイト・アイ 命で払え (角川文庫) [ 大沢 在昌 ] へ。


本書『アルバイト・アイ 命で払え』は『アルバイト探偵シリーズ』の第一巻目であるハードボイルド連作短編作品集です。

探偵と言えば、チャンドラーが生み出したフィリップ・マーロウでしょうが、彼のような渋さを漂わせた男ではなく、ユーモア満載の、「適度な不良高校生」とその軽い父親を主人公とした物語です。

 

冴木隆は広尾に住む適度な不良高校生。父親の涼介はずぼらで女好きの私立探偵。噂によると元諜報員で凄腕らしいのだが…。そんな父に頼まれて隆はアルバイト・アイ(探偵)として街を駆け巡る。若い未亡人からの依頼は死んだ夫・康吉が遺していた娘の捜索。遺産を分け与えたいと言う。だが康吉は戦後最大の強請屋で、あらゆる有力者の弱点を握り、その情報=遺産は日本を揺るがす力を秘めていた!(『相続税は命で払え』)。(「BOOK」データベースより)

 

簡単なあらすじは以下のとおりです。

アルバイト・アイは高くつく
隆の家庭教師である麻里さんの友人で、半導体の会社を営む宗田の世話になっている桜内舞が行方不明だという。隆の調査で神という男が浮かんできたが、宗田のもとには、宗田の会社がM重工に納めている特殊電子部品を持って来いと言ってきた。

相続税は命で払え
戦後最大の強請屋と呼ばれた鶴見康吉の未亡人の鶴見英子という女が、相続人である娘の向井康子を探してほしいといってきた。ところが、調査を始めるとすぐに何者かに康子を探すなと脅されるのだった。

海から来た行商人
島津と名乗る男が、父親の涼介の仕事のあいだ自分たちとともにいるようにと言ってきた。涼介と会った隆は、涼介の過去の仕事にからんだことでとある男が自分を殺しに来ると聞かされる。

セーラー服と設計図
優等生の鴨居一郎が、名門女子高校生の富樫江美を妊娠させてしまい、江美の父親から、鴨井一郎の父親が書いているアメリカの重要施設の設計図を盗むように脅されたからと、探偵である涼介に依頼したいといってきた。

 

本書『命で払え』の主人公び冴木隆は、ボクシングをかじっている「適度な不良」の高校二年生です。

この高校生が大人顔負けの腕っぷしと度胸で、犯罪者や国家機関を相手に奮闘する姿が描かれます。

とにかく、ある意味では茶化し過ぎではないかと思えるるほどにこの主人公の高校生は大人です。それも、単に年齢の設定が高校二年生というだけで、その行動は完全なプレイボーイです。

同時に、度胸の坐り方も尋常ではなく、そのことは、もと女暴走族のアタマであった隆の家庭教師でもある麻里さんや、女番長である康子にしても同様です。

犯罪者のふところに飛び込むのは普通で、逆に犯罪者をやっつけてしまったりもします。

こうした高校生を主人公にしたハードボイルド小説と言えば、東直己の『ススキノ・ハーフボイルド』という作品があります。

本書『アルバイト・アイ 命で払え』と同じく、高校生を主人公にしたハードボイルド小説で、『ススキノ探偵シリーズ』のスピンオフ作品ともいえる小説です。

ただ、本『アルバイト探偵シリーズ』ほど荒唐無稽でもなければ、アクション性もありません。どちらかというと青春小説に近い作品です。

 

 

それに比べれば本書『命で払え』は全くの痛快小説です。同じように高校生を主人公とし、ユーモアに満ちた物語であっても、処理の仕方でこうも変わるかと思われます。

ともあれ、本書『アルバイト・アイ 命で払え』は全く気楽に、物語の流れに乗って楽しむ作品です。シリーズの第一巻目が連作短編小説集であることはさらに読みやすいといえます。

今後どのように展開していくかは分かりませんが、2020年8月の段階では六巻が出ており、それで終わりの印象はあります。

アルバイト探偵シリーズ』の幸で書いたように、Amazon の Kindle版 で『アルバイト・アイ シリーズコンプリート版【全6冊合本】 (角川文庫) 』も出ているので間違いないでしょう。

 

[投稿日]2020年08月31日  [最終更新日]2020年8月31日
Pocket

おすすめの小説

探偵を主人公とするおすすめの小説

私立探偵沢崎シリーズ ( 原 尞 )
シリーズ第二作目の『私が殺した少女』では1989年の直木賞を受賞しています。かなり人気の高い、正統派のハードボイルド作品です。
ススキノ探偵シリーズ ( 東 直己 )
札幌はススキノを舞台に探偵である饒舌な「俺」が活躍するハードボイルド作品です。大泉洋主演で映画化されました。
探偵・畝原シリーズ ( 東 直己 )
札幌を舞台にしたハードボイルド小説です。探偵の畝原の地道な活躍を描き出しています。映画化もされた、ユーモラスなススキノ探偵シリーズの方が有名かもしれませんが、このシリーズも実に味わい深いものがあります。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。
水の中の犬 ( 木内 一裕 )
他では誰も引き受けないような面倒な依頼を断らず引き受ける、そんな私立探偵が主人公です。依頼を調査していくうちに、いつも徹底的に叩きのめされ、結果、誰にとっても救いのない結末が待つのです。シリーズ続編とは趣きを異にする第一作目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です