東 直己

イラスト1
Pocket

文庫

早川書房

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫) [ 東直己 ] へ。


 

この作家のメインのシリーズと言っても良いのではないでしょうか。それほどに、主人公の設定がいい。決してタフではなく、スタイリッシュでもない。携帯電話は使わなかったり、シャワートイレで無ければ用を足せなかったり、妙なこだわりを持った男です。

主人公が能天気だけど愛すべき男であり、その主人公を取り巻く登場人物がまた魅力的です。空手の達人で後に主人公の腕力担当とも言えそうな高田、主人公の喧嘩相手であったやくざの組長桐原、その右腕の相田等々きりがありません。

主人公の饒舌さも魅力の一つでしょう。 ロバート・B・パーカーのスペンサーのように軽口ばかり叩いています。そういえば、スペンサーにはホークというこわもての相棒がいますが、「俺」にも高田という空手の達人がいます。

主人公の名前は明かされていません。他のシリーズに出てくるときは「便利屋」と呼ばれています

 

蛇足ですが、名前を明かしていない探偵といえば、ビル・プロンジーニ「名無しの探偵」がおり、日本では三好徹の「天使」シリーズ(下掲イメージはKindle版)の主人公がいます。

 

 

また、本『ススキノ探偵シリーズ』は映画化されており、現時点(2018年10月)で「探偵はBARにいる3」まで三作品が作成されています。映画版もそれだけ人気があるということでしょう。

 

[投稿日]2015年03月29日  [最終更新日]2018年10月30日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルド小説(国内)

私立探偵沢崎シリーズ ( 原 尞 )
シリーズ第二作目の私が殺した少女では1989年の直木賞を受賞しています。かなり人気の高い、正統派のハードボイルド作品です。
テロリストのパラソル ( 藤原伊織 )
世に潜みつつアルコールに溺れる日々を送る主人公が自らの過去に立ち向かうその筋立てが、多分緻密に計算されたされたであろう伏線とせりふ回しとでテンポよく進みます。適度に緊張感を持って展開する物語は、会話の巧みさとも相まって読み手を飽きさせません。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
この作品はシリーズ化され、4作目「無間人形」では直木賞を受賞していますし、9作目「狼花」、10作目「絆回廊」では日本冒険小説協会大賞を受賞しています。
廃墟に乞う ( 佐々木 譲 )
著者によると、矢作俊彦の小説にある「二村永爾シリーズ」にならって「プライベート・アイ(私立探偵)」小説を書こうと思い執筆した作品で、第142回直木賞を受賞しています。休職中の警官が、個人として様々な事件の裏を探ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です