池井戸 潤

下町ロケットシリーズ

イラスト1
Pocket

文庫

小学館

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 下町ロケット ヤタガラス [ 池井戸 潤 ] へ。


下町ロケット ヤタガラス』とは

 

本書『下町ロケット ヤタガラス』は『下町ロケットシリーズ』の第四弾で、2018年9月に刊行されて2021年9月に464頁で文庫化された、長編の痛快経済小説です。

 

下町ロケット ヤタガラス』の簡単なあらすじ

 

宇宙から大地へ。大人気シリーズ第4弾!

宇宙(そら)から大地へーー。
大型ロケット打ち上げの現場を離れた帝国重工の財前道生は、準天頂衛星「ヤタガラス」を利用した壮大な事業計画を立案。折しも新技術を獲得した佃製作所とタッグを組むが、思いがけないライバルが現れる。
帝国重工社内での熾烈な権力争い、かつて袂を分かったエンジニアたちの相剋。二転三転するプロジェクトに翻弄されながらも、技術力を信じ、仲間を信じて闘う佃航平と社員たち。信じる者の裏切り、一方で手を差し伸べてくれる者の温かさに胸打たれる開発のストーリーは怒濤のクライマックスへ。
大人気シリーズ第4弾! この技術が日本の農業を変えるーー。(内容紹介(出版社より))

 

下町ロケット ヤタガラス』の感想

 

本書『下町ロケット ヤタガラス』は、『下町ロケットシリーズ』の第一作『下町ロケット』ではロケットバルブ、第二作『下町ロケット ガウディ計画』では人工心臓弁、第三作『下町ロケット ゴースト』ではトランスミッションと、佃製作所がもともと有していたロケットバルブの技術を応用し、弱小企業でありながらその高い技術力で大企業と互して闘う姿が描かれていました。

そして本書では『下町ロケット ゴースト』で描かれていた人工衛星ヤタガラスを利用した無人農業ロボット分野へのトランスミッションを抱えて参入する佃製作所が描かれます。

 

前作『下町ロケット ゴースト』で共に戦っていたギアゴースト伊丹社長はあのダイダロスと資本提携をすることとなり、そうした経営方針の違いから天才エンジニアと言われた島津裕もギアゴーストを去り、また佃のもとからも去りゆこうとしています。

そんな折、帝国重工財前道生の無人農業ロボットの分野に参入に力を貸すことにした佃製作所でしたが、自分の実績としたい帝国重工の的場が取り仕切ると言いだし、佃製作所はこのプロジェクトからはずされてしまいます。

一方、父の農業の跡を継ぐことにした殿村も、結局は個々の思惑に巻き込まれようとしていました。

そんなとき、突然、無人トラクターの映像と共に「ダーウィン・プロジェクト」という名前が報じられます。佃は、このプロジェクトにはダイダロスがいて、社長の重田登志行、ギアゴーストの伊丹らが中心となっていることを知るのでした。

 

今回、佃製作所は、一旦は財前の手伝いをすることになりますが、そこに乗り出した的場によりその事業から外されてしまいます。

そこにダイダロスの重田、ギアゴーストの伊丹らの「ダーウィン・プロジェクト」が立ちはだかりますが、佃製作所は直接には関係していません。

そう言う意味では、途中まで本書は重田や伊丹の的場に対する恨みを根底に、帝国重工とギアゴーストとの勝負の側面が第一義になっていて、あとでは別として、佃製作所は前面には出ません。

 

本書『下町ロケット ヤタガラス』が、読み始めたらなかなか途中でやめることができないほどの面白さを持っているという点では異論はありません。

ただ、前巻あたりから少々感じていたことではありますが、登場人物の人物造形が少々類型的になっているように感じます。

帝国重工の的場や、その部下の奥村などは自分の出世が第一義であり、ダイダロスの重田も復讐ありきです。

伊丹も前巻では人情味のあるやり手経営者として描いてあったのですが、本書では人から受けた恩も簡単に無視できるような人物となっており、まるで別人です。

このような人物設定は例えばこの作者、池井戸潤の『空飛ぶタイヤ』などでは見られなかった造形であり、そこでは多面的な人間性を前提とした描き方がしてあったと思います。

 

 

また、佃航平が殿村の父親を説き伏せる場面や、終盤でのダーウィンプロジェクト参加の下町企業経営者の集会の場面での演説は、農業の今に対する佃の真情を吐露する感情的な場面でもありますが、他方現実には通用しないであろう経営者の理想の演説でもあります。

池井戸潤の作品はそうした一種の理想論を貫く物語でもあると思うのですが、様々な経営上の障害をその理想論を貫くことで乗り越えていく、その爽快感が心地いのだと思います。

 

阿部寛演じる佃航平の熱血ぶりも板についてきたTBSドラマ版の『下町ロケットシリーズ』も、イモトアヤコを始めとするお笑いの分野からの登用が話題になったりと好調なようです。

そうしたテレビドラマとリンクした本作品ですが、同じくドラマとリンクした、ラグビーをテーマにした新作『ノーサイド・ゲーム』が発表されるています。私の好きなラグビーがテーマということもあり、作品はもちろんテレビドラマも実に面白く鑑賞しました。

 

[投稿日]2018年11月12日  [最終更新日]2022年8月24日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快小説

三匹のおっさん ( 有川 浩 )
還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!
政と源 ( 三浦 しをん )
東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子がおかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを知った源二郎は、幼なじみの国政とともにひと肌脱ぐことにするが―。
プリズンホテル ( 浅田次郎 )
『プリズンホテル』は、ピカレスク風の長編のコメディ小説です。極道小説の作家・木戸孝之介は、たった一人の身内で、ヤクザの大親分でもある叔父の仲蔵に招待されたそのホテルはなんと任侠団体専用だった。
あすなろ三三七拍子 ( 重松 清 )
四十五歳のおっさんが大学に入り、部員数が足らないために廃部の危機にある応援団を立て直す、というユーモア小説です。
まほろ駅前多田便利軒 ( 三浦しをん )
東京都の南西部に位置する町田市をモデルとした、「まほろ市」という架空の街を舞台にした人間ドラマを描いた、第135回直木賞を受賞した長編小説です。

関連リンク

「下町ロケット」シリーズ 池井戸潤|小学館 「下町ロケット」シリーズ 公式サイト
シリーズ最新刊・第4弾 『下町ロケット ヤタガラス』ついに発売! シリーズ累計300万部突破!! TBS日曜劇場にて、10月14日よりドラマスタート!!!
「宇宙から大地」編がクライマックスへ―『下町ロケット ヤタガラス』本日発売!TVドラマは10月14日(日)スタート
10月14日(日)からスタートする日曜劇場「下町ロケット」(TBS系)の放送に先立ち、シリーズ第4弾となる最新作『下町ロケット ヤタガラス』が9月28日(金)に発売されました。
【話題の1冊】 著者インタビュー 池井戸潤 下町ロケット ヤタガラス』
本作は10月から放送されるドラマとのメディアミックス展開になっています。小説を書く上で、ドラマの出演者を意識する部分はありますか?
下町ロケット:池井戸潤×日曜劇場、初の続編 高まる期待
俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)が14日スタートする。
日曜劇場『下町ロケット』|TBSテレビ
TBSでは10月期の日曜劇場枠(毎週日曜よる9時〜9時54分)で、2015年の10月期に放送し好評を博したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズを放送する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。