佐伯 泰英

酔いどれ小籐次留書シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 姉と弟 新・酔いどれ小籐次 4 (文春文庫) [ 佐伯泰英 ] へ。


小籐次一家との身延山久遠寺への代参旅から戻ったお夕は、父のもとで錺職修業を始めた。だが父を師匠とする関係に、お夕は思い悩む。一方、駿太郎は実父・須藤平八郎の埋葬場所が判明し、小籐次から墓を建てるよう提案される。姉と弟のような二人を小籐次は見守るが、当の本人もまた騒ぎに巻き込まれ…。シリーズ第4弾!(「BOOK」データベースより)

新・酔いどれ小籐次シリーズの第四巻となる長編の痛快時代小説です。

前巻では、小藤次が長年住んでいた長屋の元差配である新兵衛さんの代参として身延山久遠寺へ参ったお夕でしたが、今回は、父のもとで錺職修業を始めます。

駿太郎が小藤次が実の父親ではないと知らされた時には、駿太郎の心の内の苦悩を、駿太郎の姉ともなって聞いていたお夕ですが、今回は自身の葛藤を駿太郎に助けられるのです。

その駿太郎には実の両親の埋葬場所が見つかるのでした。そして、駿太郎の実母のお英と、実父である須藤平八郎の墓を建てることになります。

一方、小藤次のもとにはかつての奉公先である豊後森藩から指南役としての復帰の話が起こり、二人の若者と駿太郎とが立ち合うことになります。

今回は話の進み方としては沢山の事柄が盛り込まれていました。小藤次自身の親の話も少しずつ語られてはいたのですが、今回は駿太郎の実の両親の話、そして、駿太郎と姉弟のようにして育ってきたお夕との話を中心に、小藤次自身の身の回りにも少しの変化があるのです。

今の小藤次の生活の状況をきちんと整理しつつ、駿太郎やお夕説いた登場人物たちの環境も整備されていくようです。

[投稿日]2017年09月06日  [最終更新日]2017年9月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの人情小説

髪結い伊三次捕物余話シリーズ ( 宇江佐 真理 )
髪結いの伊三次とその妻とお文、そして伊三次が世話になっている同心の不破友之進の家族の物語です。
立場茶屋おりきシリーズ ( 今井 絵美子 )
品川宿門前町にある「立場茶屋おりき」の二代目女将のおりきの、茶屋に訪れる様々な人との間で織りなす人間模様が、美しい条件描写と共に語られます。
みをつくし料理帖シリーズ ( 高田 郁 )
天涯孤独の身である澪は、かつての雇い主であった大阪の「天満一兆庵」の再興を夢に、江戸は「つる家」で様々な事件を乗り越えて生きていく。
信太郎人情始末帖シリーズ ( 杉本 章子 )
呉服太物店美濃屋の跡継ぎの信太郎と引手茶屋千歳屋の内儀おぬいの二人を中心とした人間模様を描く人情物語です。
とんずら屋シリーズ ( 田牧 大和 )
隠された過去を持つ弥生という娘の「夜逃げ屋」としての活躍を描く、連作の短編集です。痛快活劇小説と言えるでしょう。この作家には他にからくりシリーズという娘が主人公のシリーズもあります。
本

関連リンク

佐伯泰英 ウェブサイト
佐伯泰英の新刊予告、著者エッセイ、編集担当者コラムを載せたミニ新聞などのコンテンツを抱えるサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です