柚月 裕子

佐方貞人シリーズ

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 最後の証人(1) (角川文庫) [ 柚月裕子 ] へ。


最後の証人』とは

 

本書『最後の証人』は『佐方貞人シリーズ』の第一巻目で、文庫本で320頁の長編の推理小説です。

ヤメ検である弁護士佐方貞人が活躍するミステリーですが、上質なヒューマンドラマとして心地よい読後感を得ることができました。

 

最後の証人』の簡単なあらすじ

 

検事を辞して弁護士に転身した佐方貞人のもとに殺人事件の弁護依頼が舞い込む。ホテルの密室で男女の痴情のもつれが引き起こした刺殺事件。現場の状況証拠などから被告人は有罪が濃厚とされていた。それにもかかわらず、佐方は弁護を引き受けた。「面白くなりそう」だから。佐方は法廷で若手敏腕検事・真生と対峙しながら事件の裏に隠された真相を手繰り寄せていく。やがて7年前に起きたある交通事故との関連が明らかになり…。(「BOOK」データベースより)

 

 

最後の証人』の感想

 

本書『最後の証人』では、主人公の佐方貞人は弁護士として圧倒的不利な状況にある被告人を救い、かつ、事件の真実の姿を暴き出します。

ただ、被告人の無実を立証する、という点では弁護士として当然の職務行為だと思うのですが、そこからさらに事件の真実を暴き出す行為は如何なものでしょう。

「罪はまっとうに裁かれなければいけない」という主人公の思いと弁護活動とは別物ですから若干の疑問はあるところで、正しい弁護活動のあり方なのかどうか、少々考えさせられました。

 

本書『最後の証人』は実にベタな社会派の推理小説です。しかし、そのベタさが実に小気味いいのです。

ただ、推理小説としては決してうまい出来ではないと思います。それどころか、随所に気になる個所があり、私の感覚からすると現実的ではないと感じられる個所が少なからず見受けられます。

でも物語としてはそのストーリー展開には強く惹きつけられ、早く先を読みたいという思いに駆られました。細かな瑕疵はありながらも、それを上回るこの作者の筆の力だったというところでしょうか。

 

本書『最後の証人』の作者柚月裕子は、横山秀夫が好きで、彼のような物語を書きたいと語っておられました。確かに、本書のありようは『半落ち』で示されている人間の業とでも言うべきものを、また別な形で示そうとしているようでもあります。

そしてその試みはそれなりに成功している、と個人的には感じました。

 

 

ちなみに、本シリーズは上川隆也主演で五作品がテレビドラマ化されています。

少々イメージは異なる印象ですが、ドラマ化されるということはそれなりに人気を得た作品だとの評価だということでしょう。

[投稿日]2017年04月02日  [最終更新日]2021年8月29日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの社会派推理小説

64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
砂の器 ( 松本 清張 )
本書は社会派推理小説の名作中の名作です。先年、ビートたけし主演でテレビドラマ化されました。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
新参者 ( 東野 圭吾 )
卒業―雪月花殺人ゲームを最初とする「加賀恭一郎シリーズ」は、この作家の「ガリレオシリーズ」と並ぶ超人気シリーズです。
水上 勉
飢餓海峡」は今も十分に読書に耐えうるだけの普遍性を持った重厚な作品だと思います。

関連リンク

第166回:柚月裕子さんその4「子育てと読書、そして作家に」 - WEB本の雑誌
新人離れした作品『臨床真理』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞してデビュー、『最後の証人』にはじまるヤメ検・佐方貞人シリーズも人気の柚月裕子さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です