柚月 裕子

孤狼の血シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 凶犬の眼 (角川文庫) [ 柚月裕子 ] へ。


本書『狂犬の眼』は、『孤狼の血シリーズ』の第二巻目であり、文庫本で384頁の長編の警察小説です。

大上に育てられた日岡のその後の様子を描いてありますが、第一巻『孤狼の血』に比して若干迫力に欠けますが、それなりの面白さを持った小説です。

 

狂犬の眼』の簡単なあらすじ

 

広島県呉原東署刑事の大上章吾が奔走した、暴力団抗争から2年。日本最大の暴力団、神戸の明石組のトップが暗殺され、日本全土を巻き込む凄絶な抗争が勃発した。首謀者は対抗組織である心和会の国光寛郎。彼は最後の任侠と恐れられていた。一方、大上の薫陶を受けた日岡秀一巡査は県北の駐在所で無聊を託っていたが、突如目の前に潜伏していたはずの国光が現れた。国光の狙いとは?不滅の警察小説『孤狼の血』続編!(「BOOK」データベースより)

 

狂犬の眼』の感想

 

日本推理作家協会賞を受賞し、直木賞の候補作ともなった『孤狼の血』の続編です。

前作『孤狼の血』の終わりで、駐在所に飛ばされたあと復帰した日岡は、マル暴担当の刑事として、まるで大上がそこにいるかのような姿で後輩を導いている場面で終わっていたと覚えています。

二年も前に読んだ作品なのでもしかしたら間違っているかもしれませんが、でもあまりは外れてはいない筈です。

 

県北部の町の駐在所に飛ばされている日岡秀一は、久しぶりに訪れた「小料理や 志の」で、対立する組の組長を殺し、指名手配を受けている国光寛郎と出会い、その人生が変わってしまいます。

「暴力団は所詮、社会の糞だ。しかし、同じ糞でも、社会の汚物でしかない糞もあれば、堆肥になる糞もある。」という日岡は、国光寛郎が「堆肥になる」ものかどうか見極めようとし、国光を見かけたことを上司にも報告しないのです。

 

日岡の眼を通した大上章吾という強烈なキャラクターとその周りの極道の男同志の付き合いの姿を描いた前作と比べると、本書『狂犬の眼』は、は全くと言っていいほどに異なります。

本書で描かれているのは日岡と国光の二人だけと言ってもいいかもしれません。

孤狼の血』で描かれていたのが菅原文太の映画『仁義なき戦い』であるとするならば、本作は高倉健の映画『日本侠客伝』と言えるかもしれません。

バイタリティーに満ち溢れた前者と、様式美の後者と言うと言い過ぎでしょうか。

ただ、疑問点もあります。例えば、冒頭の場面で、国光が初対面の日岡に心を許す理由は不明です。

日岡との間にかつて大上と懇意にしていた瀧井や一之瀬といった男たちがいたにしても、やるべきことをやったら日岡に手錠をかけさせる、と言うまでに日岡を認めた理由はよく分かりません。

それ以前に、「志の」の晶子が日岡を引きとめる理由もよく分かりません。日岡に会わせたくない客がいるのなら、日岡を追い返さないまでも、早めに帰ると言う日岡を引きとめるべきではないでしょう。

他にも細かな疑問点はありますが、そうした点は覆い隠すほどの迫力を持っている作品です。本作『狂犬の眼』で、警察という組織よりは個人と個人との繋がりを選んだ日岡は、大上章吾の跡継ぎとして成長していると言うべきかもしれません。

いずれにしろ、日岡というキャラクターの成長、そして国光という極道との交流は、読み手の「漢」または「侠(おとこ)」に対するある種の憧れを体現するものであり、心をつかんで離さないのです。

 

極道ものの走りといえば、尾崎士郎が自分自身をモデルとした青成瓢吉を主人公とした『人生劇場』という長編小説の中の「残侠篇」から作られた映画「人生劇場 飛車角」があります。任侠、ヤクザ映画の大本になった作品とも言えるでしょうか。

また、火野葦平の『花と竜』も繰り返し映画化された作品です。北九州を舞台にした玉井金五郎という港で荷物の積み下ろし作業を行う沖仲士の物語であり、作者火野葦平の父親をモデルとした作品だそうです。

ついでに言えば、筑豊の炭坑を舞台にした五木寛之の『青春の門』の「筑豊篇」でも、主人公の父親伊吹重蔵と塙竜五郎というヤクザを描いた作品もありました。

話はそれましたが、何よりも『仁義なき闘い』こそが前作のイメージです。

本書『狂犬の眼』もその流れに乗ってはいますが、どちらかと言うと前述のように高倉健の演じた日本任侠伝に出てくる男たちの印象の方が近いと思います。

バイタリティに満ち溢れた前作から、男の美学を中心に描いた本作へと変化しているように思えるのです。

いずれにしろ、本作後の日岡という大上とは異なる出来上がった日岡の物語を読んでみたいものです。

それにしても、改めて柚月裕子という作者の極道の描き方のうまさには関心させられました。

 

また、映画も続編が作られており、その内容は全くのオリジナルだそうです。

配役を見ると鈴木亮平が敵役を演じていて評判も悪くはないのですが、どうも印象が「悪役」ではないのが気にかかります。

 

ちなみに、本書『狂犬の眼』の続編として『暴虎の牙』が出版されています。そこでは本書以後の日岡の姿が描かれています。

 

[投稿日]2018年05月15日  [最終更新日]2021年8月18日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルドタッチの警察小説(国内)

刑事・鳴沢了シリーズ ( 堂場 瞬一 )
祖父も父親も警察官という血を引く新潟県警捜査一課の刑事鳴沢了を主人公の、ハードボイルド色が濃厚な骨太の警察小説。
百舌の叫ぶ夜 ( 逢坂 剛 )
警視庁公安部所属の倉木尚武警部を主人公とする「百舌シリーズ」の第一作です。ほかに公安第二課捜査官の明星美希、それに警視庁査一課の大杉良太といった魅力的な人物が、物語に色を添えている、ハードボイルドタッチのアクションエンターテインメント小説です。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
この作品はシリーズ化され、4作目「無間人形」では直木賞を受賞していますし、9作目「狼花」、10作目「絆回廊」では日本冒険小説協会大賞を受賞しています。
マークスの山 ( 高村 薫 )
直木賞受賞作品。この本を含む「合田雄一郎刑事シリーズ」は骨太の警察小説です。
廃墟に乞う ( 佐々木 譲 )
著者によると、矢作俊彦の小説にある「二村永爾シリーズ」にならって「プライベート・アイ(私立探偵)」小説を書こうと思い執筆した作品で、第142回直木賞を受賞しています。休職中の警官が、個人として様々な事件の裏を探ります。

関連リンク

柚月裕子『孤狼の血』シリーズ続編、待望の文庫化! 警察とヤクザ、それぞれが貫く「仁義」とは?『凶犬の眼』
今や出す本はみなベストセラーランキング入りし安心確実のブランド力を誇る柚月裕子が、二〇〇九年のデビューから始まる助走期間を経て、本格的ブレイクを果たしたのは二〇一五年八月に単行本刊行された『孤狼の血』だった。
柚月裕子『孤狼の血』シリーズ続編、待望の文庫化! 警察とヤクザ、それぞれが貫く「仁義」とは?『凶犬の眼』
それまでは、「人間ドラマを重視したミステリー作家」という印象が強かった。しかし、『孤狼の血』により「同性も惚れる男のかっこよさを書かせたら天下一」という二つ名を獲得することとなる。
映画『孤狼の血』 続編製作決定!! | 東映[映画]
「今年観た映画で一番!続編を観たい」と続編熱望の声に推され早くも、映画『孤狼の血』続編製作決定!シリーズ化へ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です