東 直己

ススキノ探偵シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫) [ 東直己 ] へ。


札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする「俺」は、いつものようにバーの扉をあけたが…今夜待っていたのは大学の後輩。同棲している彼女が戻ってこないという。どうせ大したことあるまいと思いながら引き受けた相談事は、いつのまにか怪しげな殺人事件に発展して…ヤクザに脅されても見栄をはり、女に騙されても愛想は忘れない。真相を求め「俺」は街を走り回る。面白さがクセになる新感覚ハードボイルド登場。(「BOOK」データベースより)

 

「ススキノ探偵」シリーズの第一作です。

最初にこのシリーズの『探偵、暁に走る』を読んだのは良かったのか、悪かったのか。

 

後輩から恋人探しを頼まれた「俺」は気楽な気持ちで依頼を受ける。どうもその恋人は売春行為を行っていたらしい形跡はあるが、なかなかその姿を現さない。そのうちに子供と言って良いグループから襲われたり、不穏な空気が漂い始めるのだった。

 

どうしても常連組の顔合わせ的な感じが残りましたが、これはシリーズ第一作目でもありしかたのないところでしょう。

このシリーズで最初に読んだ作品の『探偵、暁に走る』では、台詞回しも軽妙で無駄を感じさせることはなかったのですが、本作ではその軽口が冗長に感じる場面が少なからずありました。これはやはり、作者の経験の差でしょうか。それとも読み手の問題なのでしょうか。

しかし、最初に本作品を読んでいたのだとしてもやはりこの作者を追いかけて続けて読んだでしょう。それほどに面白い小説です。

[投稿日]2015年03月29日  [最終更新日]2018年10月29日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルド小説(国内)

百舌の叫ぶ夜 ( 逢坂 剛 )
警視庁公安部所属の倉木尚武警部を主人公とする「百舌シリーズ」の第一作です。ほかに公安第二課捜査官の明星美希、それに警視庁査一課の大杉良太といった魅力的な人物が、物語に色を添えている、ハードボイルドタッチのアクションエンターテインメント小説です。
廃墟に乞う ( 佐々木 譲 )
著者によると、矢作俊彦の小説にある「二村永爾シリーズ」にならって「プライベート・アイ(私立探偵)」小説を書こうと思い執筆した作品で、第142回直木賞を受賞しています。休職中の警官が、個人として様々な事件の裏を探ります。
テロリストのパラソル ( 藤原伊織 )
世に潜みつつアルコールに溺れる日々を送る主人公が自らの過去に立ち向かうその筋立てが、多分緻密に計算されたされたであろう伏線とせりふ回しとでテンポよく進みます。適度に緊張感を持って展開する物語は、会話の巧みさとも相まって読み手を飽きさせません。
池袋ウエストゲートパークシリーズ ( 石田 衣良 )
池袋で起きる、その時代のトピカルな出来事をタカシが、そして池袋のキングであるマコトが解決していきます。宮藤官九郎の脚本、TOKIOの長瀬智也主演でテレビドラマ化されて人気を得ました。
私立探偵沢崎シリーズ ( 原 尞 )
シリーズ第二作目の私が殺した少女では1989年の直木賞を受賞しています。かなり人気の高い、正統派のハードボイルド作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です