東 直己

イラスト1
Pocket

文庫

双葉文庫

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 札幌方面中央警察署南支署誉れあれ (双葉文庫) [ 東直己 ] へ。


日頃から反目し合う二つの警察署、中央署と南支署。ある日、未解決事件を調べていた南支署の新米巡査が、犯人グループに拉致された。危ういところを助けだされるが、その後、真相に蓋をするような圧力が中央署からかかる。そんな中、中央署の刑事のエスだと噂される男がベレッタを持って南支署に自首してきた。しかし、男は何故か「自首を揉み消さない」という念書を書かない限り、証言はしないと言いだし黙秘する。中央署でいったい何が起こっているのか?身内の犯罪を暴くため、支署の刑事たちは深く静かに捜査を開始する―。(「BOOK」データベースより)

 

東直巳始めての警察小説である南支署シリーズの一作目です。

 

ススキノ探偵シリーズや榊原健三の物語と比べると少々ストーリーが掴みにくい物語でした。

キャラクターが他の作品ほどはっきりとしていないことや、敵役の中央署の位置付けも今一つ分かりにくいことなどがあるのかもしれません。

終わり方には背景説明らしき語りがあるので、最後には全体が見えては来るのだけれど、それまでがどうにももどかしいのです。

 

でも、それなりに面白い小説ではありました。他のシリーズが結構ぴたりと私の好みにはまったので要求が大きすぎたのかもしれません。

[投稿日]2015年03月30日  [最終更新日]2018年11月3日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です