野口 卓

軍鶏侍シリーズ

イラスト1
Pocket

文庫

祥伝社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは ふたたびの園瀬 [ 野口卓 ] へ。


軍鶏侍・岩倉源太夫の道場の若き師範代・東野才二郎は、藩命で赴いた江戸で、ならず者に絡まれる女性を救う。名を、園。源太夫に実父を斬られ、今は侠客の娘として育てられていた。園の気風の良さ、才二郎の誠実さに、やがて二人は惹かれあっていくが、園に忍び寄る不穏な影が…。美しき日本の風景を背景に静謐な文体で贈る本格時代小説。

「軍鶏侍」シリーズの第五弾です。「新しい風」「ふたたびの園瀬」「黄金丸」の三編が収められています。

「新しい風」
源太夫の息子市蔵が実の親のことで家を飛び出した折に、出先で市蔵と共にいたのが亀吉だった。その亀吉が軍鶏に魅せられ、岩倉道場に下働きとして加わることになる。

「ふたたびの園瀬」
岩倉道場師範代の東野才二郎は、芦原讃岐の命で出た江戸で、源太夫の親友である秋山精十郎の子の園がチンピラに絡まれているところを助ける。かつて園瀬藩に行き、いつも園瀬藩のことを思っていた園であったが、その偶然は二人の仲を急速に近づけるのだった。

「黄金丸」
ある日岩倉道場に、軍鶏を入れた小さめの駕籠を下げた鳥飼唐輔という浪人がやってきた。その浪人は源太夫との立ち合いを望むが、問題はその連れている軍鶏の素晴らしさだった。

(「とにかく読書録」参照)

「新しい風」「黄金丸」は共に軍鶏に絡んだ短編です。それに対し、「ふたたびの園瀬」は岩倉道場師範代の東野才二郎と源太夫の親友である秋山精十郎の子である園との恋物語です。この物語に関しては若干不自然さ、都合のよさを感じないでもないのですが、それ以上に物語としての瑞々しさ、園瀬の美しさの描写が勝ります。

シリーズを通して抒情豊かに紡がれていくこの物語で繰り広げられる世界に、ただひたすらに浸っていたいと強く思うばかりです。

[投稿日]2016年11月12日  [最終更新日]2016年11月12日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

口入屋用心棒シリーズ ( 鈴木 英治 )
浪々の身で妻を探す主人公の湯瀬直之進の生活を追いながら、シリーズの設定がどんどん変化していく、少々変わった物語です。ですが、鈴木節は健在で、この作家の種々のシリーズの中で一番面白いかもしれません。
付添い屋・六平太シリーズ ( 金子 成人 )
さすがに日本を代表する脚本家のひとりらしく、デビュー作である本シリーズも楽に読み進むことができる作品です。
風の市兵衛シリーズ ( 辻堂 魁 )
主人公が「渡り用人」というユニークな設定で、痛快と言うにふさわしい、とても読み易いシリーズです。
とんずら屋シリーズ ( 田牧 大和 )
隠された過去を持つ弥生という娘の「夜逃げ屋」としての活躍を描く、連作の短編集です。痛快活劇小説と言えるでしょう。この作家には他にからくりシリーズという娘が主人公のシリーズもあります。
はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・・。他にも剣客春秋シリーズ など、面白い作品がたくさんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です