深町 秋生

組織犯罪対策課 八神瑛子シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは インジョーカー [ 深町秋生 ] へ。


躊躇なく被疑者を殴り、同僚にカネを低利で貸し付けて飼いならし、暴力団や中国マフィアと手を結ぶ―。その美貌からは想像もつかない手法で数々の難事件を解決してきた警視庁上野署組織犯罪対策課の八神瑛子が、外国人技能実習生の犯罪に直面する。日本の企業で使い捨ての境遇を受けたベトナム人とネパール人が、暴力団から七千万円を奪ったのだ。だが、瑛子は夫を殺した犯人を突き止めて以来、刑事としての目的を見失っていた。そんな彼女に監察の手が伸びる。刑事生命が絶たれる危機。それでも瑛子は事件の闇を暴くことができるのか。「このまま、お前も堕ちていくのか?」(「BOOK」データベースより)

 

組織犯罪対策課 八神瑛子シリーズの第四弾の長編の警察小説です。

 

これまでの本シリーズ作品とは異なり、本作からは若干の社会性を持った内容となっています。

まず、冒頭から八神瑛子が家宅捜索で乗り込む現場はいわゆる「貧困ビジネス」といわれる集合住宅です。

「貧困ビジネス」とは社会的弱者や生活困窮者を利用して稼ぐビジネスの総称を言うそうですが、このシリーズではそうした社会的な事柄をテーマにしたことはありませんでした。

この作者の作品を全部読んだわけではないのではっきりとは言えませんが、深町秋生という作家は社会性を持った作品はあまり書いていないように思えます。

どちらかというと『探偵は女手ひとつ』のようなハードボイルドミステリーと言われる作品、もしくはそれにバイオレンスが加わった作品が多いのではないでしょうか。

 

 

そもそも、前巻で八神瑛子の夫の死の真相を暴き出すという目的について一応の結果も出ており、シリーズ終了という言葉こそないもののこのシリーズは終了したものと思っていました。

ところが、軽い社会性を持った作品として再開したのです。それも「貧困ビジネス」を物語の入り口として、外国人労働者の問題というトピカルな話題をメインテーマとしての再開です。

そうなると、当然、外国人労働者の問題が強調された社会性の強い物語としての展開を想像していたのですが、結果的にはこれまでのシリーズの各作品と同様のアクション性の強い物語でした。

勿論、それがいけないとかいうことではなく、単に予想と異なったというだけのことですが。

 

それでも、八神瑛子の刑事としての、というよりも八神の人間としての存在理由に疑義を突き付けられている内容自体は関心の持てるものでした。

ただ、その点の苦悩など、八神自身の描写があまりないことは若干残念材料でもありました。

とはいえ、これまで同様のアクション面に重きを置いた物語という意味では安定していて、ぶれていないとは言えるでしょう。あとは好みの問題だと思います。

 

女性刑事のありようにまで配慮してある『姫川玲子シリーズ』や、家庭を持った女刑事である『女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ』を始めとして、女性刑事が主人公の物語はかなりの数に上りますが、中でも本書は一番アクション性が強いと言えるかもしれません。

どれを選ぶかは読者の個人の嗜好によりますが、個人的には女性刑事を主人公にした作品の中では面白い方に属すると思います。

 

 

本書では富永署長の存在感がどんどん増してきています。八神の対立者として登場してきたと思ったら、シリーズが進むにつれその軸足が八神側に移っている印象の富永署長の立ち位置がこれからの関心事になりそうです。

また、警察庁長官官房長となった能代英康など、八神を取り巻く環境が何となくきな臭くなっています。これからのこのシリーズの方向性が何となく見えてきたような気もする本書でした。

[投稿日]2019年06月05日  [最終更新日]2019年6月5日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた推理小説

刑事・雪平夏見シリーズ ( 秦 建日子 )
大酒飲みで、無駄に美人といわれている女性刑事を主人公とする警察小説です。本書は、篠原涼子主演でテレビドラマ化され人気を博した「アンフェア」の原作でもあります。
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 ( 柚月 裕子 )
もと弁護士の上水流涼子と、その助手貴山の、依頼者のために頭脳を絞り出します。知的ゲームを楽しむ六編の短編からなるミステリー小説集です。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。
左手に告げるなかれ ( 渡辺 容子 )
「八木薔子シリーズ」の第一作です。女性万引Gメンの八木薔子を主人公とする長編推理小説で、第42回江戸川乱歩賞を受賞した作品です。かつての不倫相手の妻が殺され、自分の無実を証明するために犯人探しに乗り出す八木薔子の活躍が描かれています。
凍える牙 ( 乃南 アサ )
「女刑事・音道貴子シリーズ」の一冊で、重厚な作品で読み応えがあります。直木賞受賞作です。

関連リンク

「インジョーカー」深町秋生著|日刊ゲンダイDIGITA
闇金の事務所が襲われ、7000万円が強奪された。襲ったのは外国人技能実習生として来日したが、酷使されて逃げ出したネパール人、ベトナム人とムショ帰りの3人。彼らを操っている中国人の呂子健は、1億5000万円はあるという話だったのに話が違うと抗議する3人に、「次は4日後だ」と言い渡す。
【書評】書評家・杉江松恋が読む『インジョーカー』深町秋生著 活劇こそが心を動かす
怒りの炎を燃やし続けよ。そんな叫びが聞こえてくる小説だ。何に対しての怒りか。すべての悪党、すべての偽善者、世にはびこるすべての不正。そうしたものと闘うため、深町秋生は八神瑛子という刑事を創造した。本書は彼女が活躍する連作の第4弾にあたる長編だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です