葉室 麟

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 橘花抄 [ 葉室麟 ] へ。


両親を亡くした卯乃は、筑前黒田藩で権勢を振るう立花重根に引き取られたが、父の自害に重根が関与したと聞き、懊悩のあまり失明してしまう。前藩主の没後、粛清が始まった。減封、閉門、配流。立花一族は従容として苦境を受け入れるが追及は苛烈を極め、重根と弟・峯均に隻腕の剣士・津田天馬の凶刃が迫る。己の信ずる道を貫く男、そして一途に生きる女。清新清冽な本格時代小説。(「BOOK」データベースより)

本書は、第二の黒田騒動と言われた黒田家第三代の光之の跡目を巡る騒動にまつわる物語を描いた長編時代小説です。本書は登場人物も多く、人間関係が複雑なため読んでいて幾度となくその関係性の確認をしなければなりませんでした。

この黒田騒動については、葉室麟は『鬼神の如く―黒田叛臣伝―』という作品も表していますが、本書では黒田騒動そのものは直接には関係しないのですが、時代背景として知っておけば更に本書の面白さは深まることと思われます。

本書の背景を簡単に記しておくと、前藩主は黒田光之、現藩主は三男綱政、光之の嫡男は綱之です。綱之は現在では出家して泰雲と名乗っています。前藩主光之は何故か綱之を廃嫡し三男綱政を跡目としますが、ここにおいて争いが生じでいるのです。

本書の中心となるのは立花重根(しげもと)、その弟峯均(みねひら)、そして重根の家に預けられることになった卯乃という娘です。

重根は藩の重鎮として、現藩主である綱政と前藩主光之ととの不仲を、また綱政と嫡男綱之との不仲を元に戻そうとします。しかし、現藩主綱政やその取り巻きは重根自らの利益のためとしか考えません。

峯均は、宮本武蔵の二天一流を会得した使い手で、兄重根の護衛として共に藩のために尽力しています。

卯乃は、嫡男綱之の廃嫡のときの騒動により、父村上庄兵衛を亡くしています。誰も後難を恐れて手を差し伸べない中、重根が幼い卯乃を引き取ったのでした。しかし、父庄兵衛の自害に重根が関与したと聞き、懊悩のために失明して重根の元を離れ、重根の継母りくの元に行きます。そこに峯均も共に住んでいたのです。

この三人それぞれの生き方を追いかけているのです。そして、侍の侍としての生き方を追いながら、そこに卯乃の女としての想いが重なります。その上に、少なくない場面で心象表現のために引用される古歌や、りくを中心として為されている香道による香りなど、本書で語られている内容はかなり複雑なうえに、贅沢な内容をも持っています。ほんの少しではありますが、 朝井まかての『恋歌』を思い出してしまいました。

時間をかけてゆっくりと読むべき作品だと思われます。

[投稿日]2016年11月01日  [最終更新日]2016年11月1日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの時代小説

じっくりと書きこまれた、読み応えのある作品の一部です。
白樫の樹の下で ( 青山 文平 )
硬質な文章でありながら、濃密な空気感を持った文章で描く、江戸時代も中期、侍が侍たり得ることが困難の時代、なおも侍であろうとした三人の若者の物語です。個人的には今一番好きな作家さんの一人です。
海坂藩大全 ( 藤沢 周平 )
藤沢周平作品によく登場する海坂藩を舞台にした物語を集めた作品集です。藤沢周平という作家も多くの名作を世に出されており、絞りにくいのですが、本書はいろいろな作品を収めており、紹介作品として挙げるのはおかしいかもしれません。
武家用心集 ( 乙川 優三郎 )
武家社会でのしがらみに捉われている侍の、生きることの意味を問うている短編集で、第10回中山義秀文学賞を受賞しています。非常に丁寧な文章で、登場人物の内面を静かに説き起こすような、心に直接語りかけてくるような作品を書かれる作家さんです。
樅ノ木は残った ( 山本 周五郎 )
NHKで大河ドラマの原作として取り上げられたこともあります。それまで悪役としての評価しか無かった伊達騒動の原田甲斐の生きざまは、夫々の心の奥底に個々の生き方を問いかけます。
月凍てる: 人情江戸彩時記 ( 藤原 緋沙子 )
結界としての川であり、坂であって、結界を越えることにより変化が生じ、ドラマが生まれるという藤原緋沙子氏の言葉の通りの物語が綴られた短編集です。
本

関連リンク

著者との60分 『橘花抄』の葉室麟さん - e-hon
『橘花抄』は、江戸時代中期、筑前黒田藩のお家騒動を背景に、両親を亡くした孤独な女性と、自らの信じる道を歩む男たちの姿を描く長編時代小説です。
『鬼神の如く―黒田叛臣伝―』著者 葉室麟さん bestseller's interview
第72回の今回は、新刊『鬼神の如く―黒田叛臣伝―』(新潮社/刊)を刊行した葉室麟さんが登場してくださいました。
その人の素顔|葉室麟(作家)×池上冬樹(文芸評論家)
第54回は葉室麟さん。少年時代の読書体験や、青年時代に薫陶を受けた作家、同世代の作家たちとの交流などについて、語っていただきました。
「黒田騒動」が舞台の歴史長編を上梓 葉室麟氏に聞く | 日刊ゲンダイDIGITAL
これまで主に九州を舞台にした数々の歴史小説を描いてきた葉室麟氏の最新作、「鬼神の如く」(新潮社 1600円+税)が刊行された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です