深町 秋生

組織犯罪対策課 八神瑛子シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは アウトサイダー 組織犯罪対策課八神瑛子3 (幻冬舎文庫) [ 深町秋生 ] へ。


自殺とされた夫の死の真相に迫る警視庁上野署の八神。警察による証拠改ざんの疑いが増す中、執念で掴んだ手がかりは、新宿署の五條の存在だった。権威と暴力で闇社会を支配する五條に、八神は命を賭した闘いを仕掛ける。硝煙の彼方に追い求めた真実は見えるのか?美しくも危険すぎる女刑事が疾走する警察小説シリーズ、壮絶なクライマックスへ。(「BOOK」データベースより)

 

「組織犯罪対策課 八神瑛子シリーズ」の第三弾の長編小説です。

 

前巻で八神瑛子は、メキシコマフィアの殺し屋と対決して覚せい剤の販売ルートを潰すことで仙波組組長の有嶋章吾からの依頼を果たし、夫雅也が調べていた高杉会の会長芦尾勝一の死に隠された秘密を聞き出した。

有嶋によれば、高杉会は干上がってなどおらず、芦尾の米櫃はまだまだ豊かだったらしい。そして有嶋は芦尾の「脳みそ」を調べるようにと言うが、芦尾の「脳みそ」として金を運用していた島本もすでに転落死していた。

芦尾の第二夫人の話によると、芦尾のもとに来て密談をしていた設楽という男が、芦尾の死後に日本から逃げ出していたが、この頃日本に帰ってきているらしい。

その設楽の行方を捜しにホストクラブ「プラチナム」を尋ねた帰り、八神は正体不明の男に襲われ、腹に銃撃を受けるのだった。

 

これまでの三作品の中ではある意味一番面白かったかもしれません。

それは、ストーリーが八神の夫の雅也の仇討ちをするという八神の願いが成就する物語であるからかもしれませんし、ストーリーが最も起伏に富んでいたように感じたからかもしれません。

それとも、もしかしたらこの巻で登場する五條という公安警察あがりの男が、敵役として一番魅力的に思えたからでしょうか。

今は新宿署にいる刑事の五條隆文という男は、人に対して発砲することに何のためらいも感じない、少々壊れたところのある男です。

それだけに、八神の強敵としての存在感を感じていたのですが、ただ、それにしては幕切れはあっけないものでした。その点が非常に残念です。もう少し二人の対決を読んでいたい気もしました。

 

また、本書で八神瑛子の夫雅也の死の真相が明らかになるのですが、その過程で上野署署長富永の心象が微妙に変化していくさまがなかなかに興味深いものでした。

富永の心象の変化は前巻でも描写してあったのですが、本書でさらに明確になります。それは、次巻『インジョーカー』ではまた異なった心象風景として登場するのですが、それはまだ先のことです。

とにかく、富永の存在がより重要になってきていると思います。加えて、刑事部長の能代という男の登場がこのシリーズの性質を若干変化させているようです。

つまり警察内部の権力闘争という新たな視点の展開であり、今後のこのシリーズ物語の展開をも暗示しているのかもしれません。

そのことは、クライマックスに至り、富永が八神瑛子に欠けた言葉によって明らかにされていて、シリーズの続行を示しているのでしょう。

 

ただ、本書のあと続刊が出るまでにほとんど五年の歳月が経っていることからすると、八神瑛子が夫の死の真相を暴いたことでシリーズも終わったと考えるのが普通でしょう。

私は続刊の存在を知って本書を読んだので、深読みしているのかもしれませんが、そうとしか思えない展開でした。

[投稿日]2019年05月29日  [最終更新日]2019年5月29日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

警官の血 ( 佐々木 譲 )
親子三代にわたり警察官となった男達の人生を描く大河小説です。2007年の日本冒険小説協会大賞を受賞し、直木賞のノミネート作でもあります。
マル暴甘糟 ( 今野 敏 )
今野敏の人気シリーズの一つである『任侠シリーズ』の登場人物である、気の弱い甘糟達夫刑事を主人公として書きあげた小説で、本書を第一作としてシリーズ化されています。甘糟の相棒である郡原虎蔵は甘粕の先輩であり、マル暴刑事の典型のような男で、甘糟はいつもこの郡原刑事の顔色をうかがっているです。
教場 ( 長岡 弘樹 )
警察小説というには少々語弊があり、警察学校小説というべきなのかもしれませんが、ミステリー小説として、警察学校内部に対するトリビア的興味は勿論、貼られた伏線が回収されていく様も見事です。
尾根を渡る風 ( 笹本 稜平 )
『「山岳+警察」小説』というのが惹句にあった文句ですが、どちらかというと『春を背負って』に近い、ミステリーというよりは、人間ドラマメインの連作短編集です。自らの失態により、青梅警察署水根駐在所へと降格された元刑事の江波敦史の人情豊かな警察小説です。
雪虫―刑事・鳴沢了 ( 堂場 瞬一 )
祖父も父親も警察官という血を引く新潟県警捜査一課の刑事鳴沢了を主人公の、ハードボイルド色が濃厚な骨太の警察小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です