高田 郁

イラスト1
Pocket

文庫

角川春樹事務所

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


上総の貧しい農村に生まれたあいは、糸紡ぎの上手な愛らしい少女だった。十八歳になったあいは、運命の糸に導かれるようにして、ひとりの男と結ばれる。男の名は、関寛斎。苦労の末に医師となった寛斎は、戊辰戦争で多くの命を救い、栄達を約束される。しかし、彼は立身出世には目もくれず、患者の為に医療の堤となって生きたいと願う。あいはそんな夫を誰よりもよく理解し、寄り添い、支え抜く。やがて二人は一大決心のもと北海道開拓の道へと踏み出すが…。幕末から明治へと激動の時代を生きた夫婦の生涯を通じて、愛すること、生きることの意味を問う感動の物語。(「BOOK」データベースより)

本書の主人公あいは、73歳にして北海道開拓に身を捧げた関寛斎という医師の妻で、自らも夫と共に68歳のときに北海道へ渡ったそうです。

あいに関しては記録が殆ど無く、「手織りの木綿の布地が少し、着物一枚、帯締め、家族写真数葉。現存するものはそれだけです。あとは「婆はわしより偉かった。」等の寛斎の言葉がのこるのみ。その言葉に着目して、あいの物語を構築しました。」と、あとがきにありました。

資料が少ないとはいえ、実在の人物を描くのです。作家はその実像とのギャップをどう折り合いをつけるのか、疑問に思っていました。しかし、作者はあいの実際の遺言を読んで胸を打たれたそうで、その遺言も本書の中に紹介してあります。夫への愛情にあふれたその遺言からは、本書で描かれたあいは実像そのものと思えました。

「みをつくし料理帖」シリーズ等の作品より一歩踏み込んだ感じのする、これまでの高田郁作品とは異なった作品です。「逢」「藍」「哀」「愛」という4つの章建ても見事なこの本は、あいと、真っ直ぐにしか生きられず何事にも不器用な寛斎との愛に満ちた物語でした。

蛇足ですが、関寛斎の後援者として描いてある濱口梧陵のことは、安政南海地震津波の時のある庄屋の人助けの話「稲むらの火」という小泉八雲の作品の翻訳・再話の中でも語られています。この濱口梧陵という人がまた素晴らしい人だったらしく、一編の物語が出来そうです。

[投稿日]2015年04月13日  [最終更新日]2015年4月13日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です