東野 圭吾

イラスト1
Pocket

文庫

実業之日本社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 疾風ロンド (実業之日本社文庫) [ 東野圭吾 ] へ。


強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。(「BOOK」データベースより)

ベストセラー作家東野圭吾のユーモラスな側面を垣間見せる、雪山でのアクション場面が盛り込まれたミステリー小説です。

とある研究所から生物兵器を盗み出して三億円を要求した犯人は、そのまま交通事故で死んでしまいます。一方、上司から盗まれた生物兵器の探索を命じられた栗林和幸は息子の秀人を手伝いとして、生物兵器が埋められていると思われるスキー場に向かうのです。

生物兵器を盗み出した犯人が、すぐに交通事故に遭い死んでしまうという設定自体普通ではありませんが、更に盗み出した生物兵器をスキー場近くの林の中に隠す行為自体、シリアスなミステリーとは異なるオープニングです。

勿論、主人公たちがスキー場を舞台に縦横無尽に駆け回るということのために設けられた設定であり、その設定が十分生かされた娯楽エンターテインメントと言えると思います。

主人公の設定も、上司から探索を命じられた栗林和幸という人物は、何年もスキーをしたことの無い中年のサラリーマンであり、必然的にスキーのうまい人物として息子秀人が登場することになり、スキー場のある地元の女子中学生との淡い青春物語が展開させられます。




また、冒険小説的な側面担当としてこのスキー場のパトロール隊員である根津昇平という男と、その幼馴染の瀬利千晶都が配置されていて、サスペンス色を盛り上げています。

こうして、隠された生物兵器の探索というコミカルな宝探し的な一面と、生物兵器の発動を事前に防止するというサスペンス的な一面とが描かれることになります。

東野圭吾の重厚な人間ドラマを期待することなく、痛快冒険小説として単に娯楽を期待する人には十分な面白さを持った作品だと言えると思います。

共に私は未見ですが、2006年には阿部寛主演で、関ジャニの大倉忠義、大島優子も出演して映画化もされました。また、菊地昭夫によりコミック化もされているようです。

東野圭吾にはもう一点、スキー場を舞台にした推理小説があります。『白銀ジャック』がそれで、こちらは本作に比してよりシリアスな、それでいてアクションは十分なサスペンス小説と言えると思います。この作品には、本書同様に根津昇平と瀬利千晶というコンビが登場しますが、微妙にその設定が異なっています。

また、スキーをメインに描いた推理小説としては、私は未読ですが 雫井脩介の『白銀を踏み荒らせ』という作品があります。ワールドカップを転戦する日本スキーチームのメンタルコーチである望月篠子を主人公にしたサスペンス小説で、単純にエンタメ小説と割り切って読めば面白そうな小説のようです。

[投稿日]2017年08月06日  [最終更新日]2017年8月6日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

エンターテインメント性の強い、疾走感に満ちたアクション性が強い小説です。ジェットコースターと言われる小説を中心に集めて見ました。
槐(エンジュ) ( 月村 了衛 )
弓原公一が部長を務める水楢中学校野外活動部は、夏休み恒例のキャンプに出かけた。しかしその夜、キャンプ場は、場内のどこかに隠された四十億円を探す武装した半グレ集団・関帝連合に占拠されてしまう。
グレイヴディッガー ( 高野 和明 )
主人公八神俊彦というワルのある一夜の逃避行を描いた作品で、その疾走感は久しぶりに読みました。「」ジェノサイドは、2012年版の「このミステリーがすごい!」第一位を獲得した作品で、若干アクション性は控えめですが、スケール感は増大しています。ただ、若干の問題が・・・。
機龍警察 ( 月村 了衛 )
コミックやアニメでかなり人気を博した「機動警察パトレイバー」の小説版、と言ってもいいかもしれません。それほどに世界観が似た小説です。とはいえ、本書のアクション小説としての面白さはアニメ類似の作品として捉えていては大きな間違いを犯すことになるほどに重厚な世界観を持っています。
ボディーガード工藤兵悟 ( 今野 敏 )
その優れた格闘術と世界の戦場で戦ってきた傭兵経験を活かしてボディーガードを生業としている工藤兵悟の活躍を描いたアクション小説。
ジェノサイド ( 高野 和明 )
2012年版の「このミステリーがすごい!」第一位を獲得した作品で、アクション性は控えめですが、スケール感は増大しています。
本

関連リンク

まさかの文庫書き下ろし!! 東野圭吾最新刊『疾風ロンド』大好評発売中!
圧倒的なスピード感で二転三転する事件のゆくえ、 読者の予想を覆す衝撃の結末に酔いしれろ!
東野圭吾『疾風ロンド』が発売後たちまち100万部突破 - 新刊JP
東野圭吾さんの最新作となるミステリー『疾風ロンド』(実業之日本社/刊)が、発売後たちまち100万部を突破する驚異的なヒットとなっている。
映画『疾風ロンド』公式サイト
映画『疾風ロンド』公式サイト
疾風ロンド|東映[映画]
本作の原作は、多くのベストセラー小説を世に送り出すとともに第134回直木賞を始めとする数多くの賞を受賞するなど、日本を代表する人気作家の1人である東野圭吾の大人気小説「疾風ロンド」。
映画『疾風ロンド』吉田照幸監督インタビュー
このほど映画化。緊張感のあるサスペンスストーリーの中に、どこかクスっと笑わせるコメディ的な要素が散りばめられた娯楽作品になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です