東野 圭吾

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 沈黙のパレード (文春文庫) [ 東野 圭吾 ] へ。


沈黙のパレード』とは

 

本書『沈黙のパレード』は『ガリレオシリーズ』の第九弾で、2018年10月に刊行され、2021年9月に496頁のペーパーバック(文庫)判が出版された長編の推理小説です。

近頃読んだ東野圭吾の作品の中では、ひと昔前の東野圭吾作品のように物語として一番しっくりとし、面白く感じた作品でした。

 

沈黙のパレード』の簡単なあらすじ

 

静岡のゴミ屋敷の焼け跡から、3年前に東京で失踪した若い女性の遺体が見つかった。逮捕されたのは、23年前の少女殺害事件で草薙が逮捕し、無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。町のパレード当日、その男が殺されたー容疑者は、女性を愛した普通の人々。彼らの“沈黙”に、天才物理学者・湯川が挑む!(「BOOK」データベースより)

 

菊野商店街にある食堂「なみきや」を営む並木夫妻の娘佐織が、遠く離れた町の火災現場から遺体で発見された。

火災で焼失した家は、かつて殺人罪の容疑者として逮捕されたが完全黙秘を貫いて無罪となったことがある蓮沼寛一という男の実家だった。

今回も蓮沼は現場で見つかった作業着から佐織の血痕が検出されたために逮捕されるものの、再び完全黙秘により釈放されてしまう。

そして菊野市の名物の仮装パレードが行われたその日、蓮沼は死体となって発見される。

しかし蓮沼は殺害されたものと思われ、またその現場は密室と言っても良さそうな現場だったのだ。

今では係長となっている草薙俊平は部下の内海と共に事件の解決のために「なみきや」の常連客の一人となっている湯川を引っ張り出すのだった。

 

沈黙のパレード』の感想

 

本書『沈黙のパレード』は、人間の復讐心をきっかけに、平凡な人の心の奥に隠された本当の心情を白日の下に暴き出す東野圭吾らしいミステリーです。

皆から可愛がられ、愛されて育った娘が殺され、両親は勿論、恋人も、また幼いころから彼女の成長を見守ってきた店の常連さんも娘を殺した犯人に対し憎悪を抱くしかありませんでした。

その犯人と思われる蓮沼は、かつて幼子を殺した疑いで逮捕されたものの完全黙秘を通し、自らの罪を認めなかったために裁判を勝ち抜き、国家賠償の金をも手に入れた過去があったのです。

今回も同じように完全黙秘を貫く蓮沼を、両親たちはなんとか罪を認めさせようと策を練るのでした。

 

本書『沈黙のパレード』ではあらためて言うまでもなく、主人公の天才物理学者である湯川学と今では係長となっている草薙俊平、草薙の部下の内海薫が登場します。

今回の事件の被害者は並木祐太郎真知子夫婦の娘の並木沙織というデビューを目指していた女子学生です。

並木夫妻の営む食堂「なみきや」の関連の登場人物としては、佐織の妹の夏美、佐織の恋人だった高垣智也、歌手を目指していた沙織の歌唱を指導していた新倉直紀留美夫妻、並木祐太郎の親友の戸島修作、パレードの実行委員長の宮沢摩耶らがいます。

それに被害者が蓮沼寛一で、この蓮沼の元の同僚で現在のねぐらを貸していた増村栄治。それに、二十数年前に蓮沼に殺されたであろう被害者が当時十二歳の本橋優奈です。

 

本書『沈黙のパレード』の見どころとしては、まず、佐織の両親やその仲間たちの復讐心に基づく犯行のトリック、さらには湯川による伏線の回収、どんでん返しの妙があります。

この密室に関してのトリックについては、さすがに理系の作者だと感心するばかりです。

また、それに伴う運搬の仕掛けなどについては、若干分かりにくいこともあってあまり言うことはないと言うしかありません。

ただ、この運搬の点に関しては物語の流れに組み込まれているところや、人間関係のありかたに絡んでくるところもあって、さすがなものとは思います。

 

また、本書『沈黙のパレード』のもう一つのテーマである現代の「裁判」という制度に対する問いかけの点は、黙秘権という権利のありように関するものです。

しかし、この点に関しては本書の主張(?)に同調するものではありませんでした。

黙秘権という権利は犯罪者を擁護するようでありながら、人間の内心を守るという点で日本国民全般に通用する権利だと思うからです。

本書での、黙秘権を行使されたために犯人に罪を課すことができなかった、という事実は、それは黙秘権が行使されたためではなく、警察ないしは検察が被疑者の犯罪行為を立証するだけの証拠を提示することができなかった、ということにほかなりません。

ただ、本書の物語を成立のためには証拠不十分という点を取り上げることはしなくてもいいかとは思います。

 

もちろん、上記に述べたことも本書の面白さを削ぐものではありません。

ガリレオシリーズらしい湯川の謎解きもいつもどおり感動的ですらあり、終盤のどんでん返しはまさに東野圭吾で、そのどんでん返しにも人間ドラマが展開されているのであって、読み応えのある作品でした。

 

ちなみに、本書『沈黙のパレード』はいつもの通り福山雅治が湯川を演じ、北村一輝が草薙俊平を、柴咲コウが内海薫を演じて映画化され、2022年9月16日に公開されるそうです。

 

[投稿日]2022年08月16日  [最終更新日]2022年8月16日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

教場 ( 長岡 弘樹 )
警察小説というには少々語弊があり、警察学校小説というべきなのかもしれませんが、ミステリー小説として、警察学校内部に対するトリビア的興味は勿論、貼られた伏線が回収されていく様も見事です。
真実の10メートル手前 ( 米澤 穂信 )
米澤穂信著の『真実の10メートル手前』は、フリージャーナリストの太刀洗万智という女性を主人公とした六編の物語が収められた短編推理小説集で、第155回直木賞候補になった作品です。
シャイロックの子供たち ( 池井戸 潤 )
池井戸潤著の『シャイロックの子供たち』は、連作のミステリー短編小説集です。舞台は東京第一銀行の長原支店であり、各話の主人公は年齢や職種こそ異なるものの、殆どこの支店に勤務する銀行員であり、全体として一編のミステリーとして仕上がっています。
最後の証人 ( 柚月裕子 )
『孤狼の血』とは全く趣を異にした、「佐方貞人シリーズ」の一巻目であり、ヤメ検を主人公にした柚月裕子の社会派の推理小説です。圧倒的不利な状況にある被告人を救い、かつ、事件の真実の姿を暴き出します。
六人の噓つきな大学生 ( 浅倉 秋成 )
本書『六人の噓つきな大学生』は、文字通り大学生六人の就活の様子を描いた、299頁の長さの長編のミステリー小説です。殆ど本格派の推理小説だとも言えますが、予想を裏切る展開が待ち受ける意外性に富んだ、しかし読みやすい作品です。

関連リンク

『ガリレオシリーズ』公式サイト
『ガリレオシリーズ』公式サイト
東野圭吾ガリレオシリーズ最新作『沈黙のパレード』! 今からでも楽しめる、おさえるべき3冊は?
「シリーズ最高のガリレオ」と東野圭吾みずから断言した『禁断の魔術』から3年。ガリレオシリーズ生誕20周年となる今年、最新作『沈黙のパレード』(文藝春秋)が刊行さ...
湯川が! 内海が! 草薙が! 東野圭吾「ガリレオ」シリーズ6年ぶりの新刊が発売
10月16日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 文芸書第1位は『下町ロケット ヤタガラス』が獲得した。第2位は『沈黙のパレード』。第3位は『コーヒーが...
「沈黙のパレード」東野圭吾著 - 日刊ゲンダイDIGITAL
町の食堂の看板娘だった19歳の女性が、ある日突然姿を消した。人目を引く容貌と群を抜いた歌の才能で地元の人気者だった彼女の失踪に、町中の人が心を痛めていたが、何の...
かつてない復讐劇――中江有里が6年ぶりのガリレオシリーズを読む
殺人事件の容疑者が逮捕されると「動機」に注目が集まるが、昨今見聞きするあまりに身勝手で突発的な犯行動機には戦慄が走る。一方で愛する人を奪われた側はこの手で犯人を
映画『沈黙のパレード』公式サイト
福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学が、不可解な未解決事件を科学的検証と推理で見事に解決していく、大人気・痛快ミステリーシリーズ。
【更新】『沈黙のパレード』公開日決定!! - 福山雅治
福山雅治が“変人でありながら天才的な頭脳を持つ物理学者・湯川学”を演じる、主演作品「ガリレオ」シリーズ映画化第3弾『沈黙のパレード』の公開が、2022年9月16...
映画『沈黙のパレード』福山雅治主演「ガリレオ」シリーズ第3弾、柴咲コウ&北村一輝も続投
ベストセラー作家・東野圭吾の小説を原作とする「ガリレオ」は、2007年、フジテレビ月9枠の連続ドラマからスタートした人気シリーズ。変人でありながら天才的な頭脳を...
「ガリレオ」を彩る超豪華俳優陣集結!映画『沈黙のパレード』キャストコメントが公開
ベストセラー作家・東野圭吾の累計1470万部を超えるガリレオシリーズ第9弾「沈黙のパレード」が原作の映画『沈黙のパレード』。監督は、『容疑者xの献身』(2008...
福山雅治主演『沈黙のパレード』に川床明日香&出口夏希が姉妹役で出演
福山雅治が湯川学を演じる東野圭吾原作「ガリレオ」映画化第3弾『沈黙のパレード』に、フレッシュな新キャスト、川床明日香と出口夏希が出演することが分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。