高田 郁

あきない世傳金と銀 シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは あきない世傳金と銀(四) 貫流篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫) [ 高田郁 ] へ。


江戸時代中期、長く続いた不況を脱し、景気にも明るい兆しが見え始めた。大坂天満の呉服商、五鈴屋でも、五代目店主の惣次とその女房幸が、力を合わせて順調に商いを広げていた。だが、徐々に幸の商才を疎むようになった惣次は、ある事件をきっかけに著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。二度と戻らない、という惣次の決意を知ったお家さんの富久は、意外な決断を下す。果たしてその決断は五鈴屋を、そして幸を、どのような運命へと誘うのか。大人気シリーズ第四弾!(「BOOK」データベースより)

 

「あきない世傳 金と銀」シリーズの第四巻目「貫流編」です。

 

惣次が家を出て、智蔵が惣次の隠居の手紙を持ってきた日に、何かと世話になってきた桔梗屋もやってきて、惣次が相談に来て、「離れて生きる不幸」を選んだというのでした。

お家さん(富久)は三男の智蔵が五代目徳兵衛を継ぐことを望みますが、智蔵は煮え切りません。そこで、幸を養子にと考えるお家さんでしたが、智蔵は幸もろともに五鈴屋を引き受けることを決心します。

智蔵は六代目徳兵衛となり、自分は人形となって幸の思うとおりに五鈴屋を動かしてもらおうと考えるのでした。

 

次から次へと運命に翻弄される幸です。

何かと困難な出来事を設定し、それを乗り越える姿を描くことで、読者に爽快さ、痛快さを感じてもらうのが痛快小説に限らない小説の手法の一つでしょう。

またそれこそが作者の腕の見せ所だと思うのですが、本書のように主人公が三人もの夫に嫁す、それも三兄弟に嫁すというのは意外な設定でした。

 

そんな中でも、よくもまあ兄弟三人それぞれに性格設定を色分けし、最終的(かどうかはわかりませんが)に幸が一番力を発揮できるような環境を整えたものだと感心します。

ですから、今後はそうした環境の中で幸が五鈴屋をさらに発展させていく姿が描かれることになるのでしょう。

 

ただ、この作者のことですからまた意外な設定を準備しているのかもしれません。

今後は、智蔵という良き理解者を得て、商の戦場に乗り出していく幸の姿が十分に描かれていくのでしょう。

しかし、大阪という商売人の町での商売上の障害がまだ少ししか描かれてはいないことを考えると、幸にはより大きな試練が待っているのではないかと思うのです。そしてその試練を乗り越える展開が予想されます。

[投稿日]2019年06月20日  [最終更新日]2019年6月20日
Pocket

おすすめの小説

女性が描くおすすめの人情小説

女性ならではの優しい視点で語られる人情ドラマは、読み終えてからほんのりと暖かな気持ちにさせてくれます。
髪結い伊三次捕物余話シリーズ ( 宇江佐 真理 )
髪結いの伊三次とその妻とお文、そして伊三次が世話になっている同心の不破友之進の家族の物語です。
とんずら屋シリーズ ( 田牧 大和 )
隠された過去を持つ弥生という娘の「夜逃げ屋」としての活躍を描く、連作の短編集です。痛快活劇小説と言えるでしょう。この作家には他にからくりシリーズという娘が主人公のシリーズもあります。
しろとましろ 神田職人町縁はじめ ( 知野 みさき )
縫箔師として身を立てている、もう二十六歳にもなる咲という名の女職人を主人公とした人情小説です。ひょんなことから知り合った修次という簪職人とともに、いずこともなく現れたしろとましろという双子の子らを狂言回しとしながら、心がほんのりと暖かくなる人情話を繰り広げます。
信太郎人情始末帖シリーズ ( 杉本 章子 )
呉服太物店美濃屋の跡継ぎの信太郎と引手茶屋千歳屋の内儀おぬいの二人を中心とした人間模様を描く人情物語です。
御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です