鈴木 英治

口入屋用心棒シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 守り刀の声 (双葉文庫 口入屋用心棒 25) [ 鈴木英治 ] へ。


かつて幕政を揺るがした腐米騒動で、湯瀬直之進と探索をともにした盟友和四郎が斬殺された。騒動の黒幕だった老中首座堀田正朝の遺臣による凶行だと知った直之進は、取り潰しとなった堀田家の残党を討つが、またしても新たな刺客が放たれる。さらにその矛先が米田屋にも向けられ…。一連の襲撃の首謀者は一体誰なのか!?命を賭けた直之進の戦いが始まる。人気書き下ろし長編時代小説第二十五弾。(AMAZON内容紹介)

本巻では、物語自体は前巻から続く騒動が、今は米田屋にいる琢ノ介のもとへも更なる刺客が現れたりもしますが、彼らとの闘争を経て、一応の決着を見ます。

相変わらず、小気味よく話が進みます。ただ、この物語も、シリーズの当初からすると全く別の話と言っても良いほどに変わってしまっています。

しかしそれもまた面白いとも感じているのです。何しろ、当初は命のやり取りをしていた敵役であった左之助は、今は頼もしい味方となり長年の親友のようですし、文字通りの親友であった琢ノ介は商人となっているのですから。

相変わらずに独白でのリズムの取り方もテンポよく、軽く、楽しく読むことができました。

このシリーズを読み始めて幾年になるものなのか、全く覚えてはいませんが、本書を読んだのは2013年5月だとメモに残っていました。

本当はシリーズ各巻についてのレビューもこのサイトに載せていてしかるべきだったと思うのですが、このサイトを始めたのが2013年の4月ですから、多分これまでの読書歴が残っていないので、シリーズとしての記載だけにしようと思ったのでしょう。

しかしながら、少しではありますが、読書メモが残っている分だけでも各巻の感想も書いた方が良いだろうと思いなおしました。というわけで、各巻のレビューは途中からになっています。悪しからずご了承ください。

[投稿日]2017年09月28日  [最終更新日]2017年9月28日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

風の市兵衛シリーズ ( 辻堂 魁 )
主人公が「渡り用人」というユニークな設定で、痛快と言うにふさわしい、とても読み易いシリーズです。
はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・・。他にも剣客春秋シリーズ ●●●など、面白い作品がたくさんです。
居眠り磐音江戸双紙シリーズ ( 佐伯泰英 )
佐伯泰英作品の中でも一番の人気シリーズで、平成の大ベストセラーだそうです。途中から物語の雰囲気が変わり、当初ほどの面白さはなくなりましたが、それでもなお面白い小説です。
とんずら屋シリーズ ( 田牧 大和 )
隠された過去を持つ弥生という娘の「夜逃げ屋」としての活躍を描く、連作の短編集です。痛快活劇小説と言えるでしょう。この作家には他にからくりシリーズという娘が主人公のシリーズもあります。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。

関連リンク

株式会社双葉社 | 書誌インデックス 文庫
双葉社サイト 口入屋用心棒シリーズ一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です